« 帰り道にて | トップページ | 映画「ドラゴンタトゥーの女」 »

映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」

  Poster1_2

「誰にも言えなかったこと、話してもいい?」

正確ではないかもしれないけれど、

9.11で父親を亡くした、11歳の少年オスカーが映画の中で口にしたセリフです。

1年ものあいだ誰にも言えなかったこと。


父親のクローゼットで偶然みつけた鍵。

そしてまずは1人で始めた鍵穴探し。

たったひとつのヒントは「BLACK」


オスカーはたくさんの「BLACK」さんと出会い、

本当にその鍵を必要とする一人の「BLACK]さんという男性に告白します。

「誰にも言えなかったこと、話してもいい?」と。

9.11。父親が亡くなった日のことを。

その時何が起きていたのかを。

精一杯頑張って話します。


私は優しくされるのは辛いなぁ、と感じてしまいました。

感情をすべて言葉にすることは難しすぎる。

鍵の答えはオスカーが期待したものではなかったかもしれない。

けれど、母親の愛情には驚かされただろうと思う。

この母親の行動力はフィクションにしておくには勿体ない。

不器用に上手く息子を愛してると思いました。

 

« 帰り道にて | トップページ | 映画「ドラゴンタトゥーの女」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/54058766

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」:

« 帰り道にて | トップページ | 映画「ドラゴンタトゥーの女」 »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ