« 映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 | トップページ | ブルボン ショコランデ »

映画「ドラゴンタトゥーの女」

T0010292q

「誰がハリエットを殺した?」

そんなことはどうでもいい映画でした。

ミレニアム3部作の第1部

「ドラゴンタトゥーの女」

それはそれは、長い長いリスベットの自己紹介。


私は原作を読み終えていたので、内容はまぁまぁ把握できたのですが、

いきなりこの映画だけをみて、いろんな細かいことまで全て理解できたとしたなら、

その人は凄いと思います。


映画はすごく欲張りに出来ていて、

いろんなことが詰め込まれています。

ただ、原作を読んでいないどれだけの人が、

それに気付くことが出来るのかはわかりません。


自分がイメージしていたものと違っているところがあったり、

期待値が高かった分ちょっと残念だなぁと感じはしましたが、

でも原作の長さとかも考えると、

本当にすごくよくできた映画だなぁとも思いました。

« 映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 | トップページ | ブルボン ショコランデ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/54100359

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ドラゴンタトゥーの女」:

« 映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 | トップページ | ブルボン ショコランデ »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ