« 映画「春にして君を想う」 | トップページ | 岡田尊司「愛着障害」 »

映画「君への誓い」

K_3 



   
   2012年アメリカで製作された

   マイケル・スーシー監督作品。


      
   
   ある日交通事故に遭い、

   記憶の一部を失ってしまう

   妻のペイジ。

   その記憶の一部というのが、

   夫であるレオの記憶。

   自分自身の人生の選択。


 
   すごくすごく大切な記憶だけを

   失ってしまいます。


   もちろんレオはペイジの記憶を取り戻そうと最初は努力します。

   けれど彼女の記憶は戻る気配もなく…

   そこで作戦変更。

   レオは彼女にもう一度自分に恋をしてもらおうと最初からやり直し始めるのです。


   
   この映画は実話をもとにした作品なのだとか。

   もちろん脚色されてはいるのでしょうが、

   特別に何かが起こるというような奇跡的なことは何もなく、

   ただ、時が流れていきます。

   地味ですが、いい映画です。


   相手を思いやるっていうのは本当に難しい。

   その人が大切な人であればある程、

   たくさんのいろんなことを考えて考えて考えて、そして決断に至るんだろうなぁ、と。


   記憶の一部だけを失くしてしまうなんて、

   脳というのは本当に不思議でいっぱいです。


   普段生活しているだけで、いろんなことを記憶しては閉じ込めてを繰り返す。

   そして脳のどこかに仕舞ってあるはずなのに居場所を見失う。

   だから思いがけない所から思いがけない物が出てきたりしてびっくりする。

   度忘れなんていうのはパスワードがあるのかも?って思える時があります。

   だって誰かの顔をみたり、声を聞いたりした瞬間思い出すことが多すぎるから。

   まぁ、それだけうっかりが多いってことなのですが。

« 映画「春にして君を想う」 | トップページ | 岡田尊司「愛着障害」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/54855725

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「君への誓い」:

» 映画「君への誓い」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「君への誓い」観に行ってきました。実在する1組の夫婦の実話を元にした恋愛ドラマ作品。今作は劇場公開日がちょうど1日のファーストディだったこともあり、金曜日レイトショ... [続きを読む]

» 映画『君への誓い』を観て [kintyres Diary 新館]
12-47.君への誓い■原題:The Vow■製作年・国:2012年、アメリカ■上映時間:104分■字幕:栗原とみ子■観賞日:6月9日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督:マイケル・スーシー◆レイチェル・マクアダムス(ペイジ)◆チャニング・テイタム(レオ)◆ジェシカ・ラング(...... [続きを読む]

« 映画「春にして君を想う」 | トップページ | 岡田尊司「愛着障害」 »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ