« 岡田尊司「愛着障害」 | トップページ | 森永 アイスバーガー »

映画「幸せへのキセキ」

Shi



   2011年アメリカで製作された

   キャメロン・クロウ監督作品。



   邦題のタイトルがなぜ

   「幸せへのキセキ」なのだろう。

   幸せと言う言葉もキセキと言う言葉も、

   とても素敵だとは思うけれど、

   なんか嫌だ(;-ω-)ノ

   キセキという言葉をカタカナにしてるところも

   なんかあざとい感じでやっぱり嫌だtyphoon


   「We Bought a Zoo」という素敵なタイトルがあるのに。

   なぜ使わない?

   もったいないなぁ。

   微妙に間違える人、続出。みたいなこの邦題。

   映画を観たから、余計にこの邦題にはモヤッとを感じるのかしら。


   邦題にケチつけた後にあらすじっていうのもなんだけれど、少しだけ。

   半年前に妻を亡くした二人の子持ちの男ベンジャミン(マット・デイモン)が、

   動物園付きの家を購入し、動物園を再び開園させるというお話。

   もちろんそれだけじゃなく、

   妻を亡くしたベンジャミン、母を亡くした子ども、それぞれが悲しみを抱えていて

   ぶつかり合ったりもするのだけれど。


   家族の問題も資金繰りの問題も深刻なはずなのに、

   深刻になりすぎることなく、物語は進んで行く印象を受けました。

   あんまり深刻すぎるのは、観てる方もしんどくなってしまうので、

   私にはちょうどいい感じで良かったです。

   亡き妻を回想するシーンも素敵でした。


   予告CMなどをみて、興味を持ったなら楽しめると思います。


   観ていて、クスッとするような微笑ましいシーンもたくさんありました。

   私のお気に入りのひとつだけを紹介するとしたら、

   ベンジャミンが樽を蹴り飛ばし倒す。そして一呼吸おいてすぐ元通りに戻す。

   まぁ、それだけなのですが、なんかイイ(*v.v)。

   ちょっとした良いシーンが多い映画だと思いました。

« 岡田尊司「愛着障害」 | トップページ | 森永 アイスバーガー »

映画」カテゴリの記事

コメント

『グッド・ウィル・ハンティング』から、マット・デイモンはよく見ています。『ボーン・・・』
シリーズもみたなぁ。ハードなアクションから、いろいろな演技まで、幅広い役者さん
ですね。最近はこんな映画に出ていたとは。

動物園というと、村上春樹(というよりアーヴィング)の『熊を放つ』が印象的ですが
こんな映画もありなのですね。

紹介、面白かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/54913918

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「幸せへのキセキ」:

» 映画「幸せへのキセキ」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「幸せへのキセキ」観に行ってきました。イギリスの新聞コラムニストであるベンジャミン・ミーの回顧録を元に製作された、マット・デイモン主演の人間ドラマ作品。回顧録という... [続きを読む]

» 幸せへのキセキ [CINEMA見聞録 ]
 最愛の妻を亡くして半年、喪失感の癒えないベンジャミンと子供たち。ベンジャミンは [続きを読む]

» 『幸せへのキセキ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「幸せへのキセキ」 □監督・脚本 キャメロン・クロウ □脚本 アライン・ブロッシュ・マッケンナ□原作 ベンジャミン・ミー「幸せへのキセキ 動物園を買った家族の物語」(興陽館刊)□キャスト マット・デイモン、スカーレット・ヨハンソ...... [続きを読む]

» 幸せへのキセキ [映画的・絵画的・音楽的]
 『幸せへのキセキ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編から、久しぶりでスカーレット・ヨハンソンに会えるとわかり、それならばと映画館に出かけたところ、加えてエル・ファニングまでも登場したのには驚きました(注1)。  物語は、半年前に病気で妻を亡くし...... [続きを読む]

» 「幸せへのキセキ」感想 [流浪の狂人ブログ ~旅路より~]
 2008年に発表されたベンジャミン・ミーによる回顧録を、「あの頃ペニー・レインと」のキャメロン・クロウ監督、「ボーン・シリーズ」のマット・デイモン主演で映画化。  妻を病気で失ったショックから立ち直れずにいる男が、家族と自分自身の再生のために、仕事を辞めて町外れの広大な家を購入する。しかしそこは、47種の動物の有する閉鎖された動物園だった。... [続きを読む]

» 映画『幸せへのキセキ』 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
  先日、軽くですが「魔女の一撃」を受けてしまいました。 じっと横になっていないといけない~って程ではなかったのですが [続きを読む]

» 映画:幸せへのキセキ [よしなしごと]
 おもしろそうだけど、この時期ちょっとアクションとか派手目の映画が見たい症候群になっていたのでスルーしようかと思っていたのですが、ツイッターでみんなにオススメだからぜひ!と言われて観に行くことにしました。そんなわけで今回の映画記事は幸せへのキセキです。... [続きを読む]

» 幸せへのキセキ (We Bought a Zoo) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 キャメロン・クロウ 主演 マット・デイモン 2011年 アメリカ映画 124分 ドラマ 採点★★★ わざわざ動物園まで足を運んで見るスター動物たちも可愛いんですけど、ふと道端で出会う動物たちも滅法可愛いですよねぇ。外で出会う猫なんて、ホント可愛い。懐っこ…... [続きを読む]

« 岡田尊司「愛着障害」 | トップページ | 森永 アイスバーガー »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ