« うちのサボテンはどうなのだろう? | トップページ | 映画「崖っぷちの男」 »

映画「シンドラーのリスト」

5

   1993年アメリカで製作された

   スティーブン・スピルバーグ監督作品。


   ドイツ軍の上層部に取り入るドイツ人実業家

   オスカー・シンドラー(リーアム・ニーソン)。

   彼はかなりの野心家で、軍に取り入る様子は、

   正直なところペテン師にしかみえないtyphoon

   そんな彼が目を付けたのはほうろう容器工場。

   その工場を手に入れるために、ユダヤ人会計士シュターン(ベン・キングスレー)に

   接触を図ります。そして彼はシュターンに工場の経営を任せたいといい、

   シュターンの仲介により、ユダヤ人から工場買収のための大金を調達、

   最も安い賃金のユダヤ人を雇用します。

   ここではまだ、シンドラーにとってユダヤ人は大儲けする道具でしたthunder

   けれどユダヤ人であるシュターンは違います。彼はユダヤ人を助けていましたshine


   シンドラーにとって金儲けの道具でしかなかったユダヤ人。

   しかし少しずつシンドラーの心にも変化が芽生えますdiamond

   それを自覚したのは、ゲットーの解体を高台の馬上から目の当たりにした時かも

   しれません。そこで彼が目にとめたのは赤い服を着た一人で彷徨う幼い少女。

   その少女だけが全てから無視された存在であるかのように私には見えましたthink

   ゲットーというのは、ユダヤ人が強制的に住まわされていた場所であり、

   そこを解体するということは、強制収容所行き、もしくは死を意味しています。

   シンドラーはその光景を高台からじっとみつめていましたspade


   そしてこの映画で無視することの出来ない男がもう一人。

   それは収容所所長であるアーモン・ゲート(レイフ・ファインズ)。

   彼にとって、ユダヤ人は自分の所有物であり、殺すのに理由は必要なかったのです。


   シンドラーはたくさんのユダヤ人を救いました。それは事実です。

   けれどそれを実現できたのは、積極的に軍に関わり、軍に対し十分な賄賂を

   贈ることが出来たからだとも言えます。彼はユダヤ人をお金で買ったのです。

   彼は自分に出来ることを実行に移しました。なかなか出来ることではありません。

   そう考えるとやっぱりすごい、

   でもなんか素直にすごいと言えないし、彼が必ずしも善人とも思えない。

   強いて言うなら、勇気を出してみた人sign02

   いや、やっぱり違うなぁcoldsweats01

   ただ、私は感動できなかったclub

   いい映画だったけれど感動出来なかったweep

   どうしてだろう…

« うちのサボテンはどうなのだろう? | トップページ | 映画「崖っぷちの男」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/55146852

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「シンドラーのリスト」:

« うちのサボテンはどうなのだろう? | トップページ | 映画「崖っぷちの男」 »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ