« 渡辺和子「目に見えないけれど大切なもの」 | トップページ | 京極夏彦「死ねばいいのに」 »

映画「デンジャラス・ラン」

J

2012年アメリカで製作された

ダニエル・エスピノーサ監督作品。


10年間もの間、逃亡を続ける元CIAエージェントの

トビン・フロスト(デンゼル・ワシントン)shadow

彼は南アフリカのケープタウンで、

MI6のエージェントから

マイクロチップを受け取ります。

その中身とは、CIA、MI6など、

世界の諜報機関の不正の数々が詰まったファイルthunder

そしてもちろんそれを公表されては

困る人がいる訳です。typhoon

ということで、そのファイルを手にしたフロストは命のおしりに火が付きました。

とりあえず逃げるsign03 人混みに紛れて逃げるsign03 辺りをチェックして逃げるsign03

けれど逃げ切れそうにないsweat01 そこで目についたアメリカ総領事館へと入って行くのです。

ちなみにフロストは36か国で指名手配を受けています( ̄Д ̄;;


アメリカ総領事館から連絡を受けたCIAは、フロストを”隠れ家”へと移すことに。

隠れ家とは絶対に安全である場所、安全であるべき場所であるはずなのですが…

フロストのいる場所に安全なんてありません。

あっという間に死体の山がヾ(.;.;゚Д゚)ノ

さあ、ここで困ったのがこの隠れ家の管理人であるマット・ウェストン(ライアン・レイノルズ)coldsweats02

M2
CIAの職員ではあるけれど、客の来ない隠れ家の管理人というだけの新米(;´Д`A ```

あるのは野心と正義感だけ(゚ー゚;

百戦錬磨のフロストに揺さぶられグラグラになりながら彼を連れて隠れ家から逃亡しますcar


裏切り者は誰なのかsign02

そんなことは考えなくてもいい映画だと思います。

カーチェイス・銃撃戦・格闘、それらが休む間もなく続くのです。

そして憎々しげに追跡者に何度も銃弾をぶち込むフロストweep

哀しみと怒りが彼をそうさせているのかなぁsign02

ただ私にはわからないことが一つ。

フロストは手に入れたマイクロチップをどうするつもりだったのか、ということthink

正義のために公表sign02

でもそんなのはフロストには似合わない気がするんだなぁconfident

« 渡辺和子「目に見えないけれど大切なもの」 | トップページ | 京極夏彦「死ねばいいのに」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/55606228

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「デンジャラス・ラン」:

» デンジャラス・ラン (試写会) [風に吹かれて]
工作員の悲哀公式サイト http://d-run.jp9月7日公開製作総指揮: デンゼル・ワシントン南アフリカのケープタウン。その地の隠れ家の管理を任されているマット・ウェストン(ライアン・レイノルズ... [続きを読む]

» 『デンジャラス・ラン』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「デンジャラス・ラン」□監督 ダニエル・エスピノーサ □脚本 デヴィッド・グッゲンハイム □キャスト デンゼル・ワシントン、ライアン・レイノルズ、ヴェラ・ファーミガ■鑑賞日 9月9日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足...... [続きを読む]

» 映画「デンジャラス・ラン」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「デンジャラス・ラン」観に行ってきました。デンゼル・ワシントンが主演と製作総指揮を兼ねる、派手なカーアクションあり・格闘ありの典型的なハリウッドアクション作品。今作... [続きを読む]

» デンジャラス・ラン : しびれるほどのかっこよさ その2 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 昨日は、「踊る」とどちらを観るか悩みましたが、こちらを選んで大正解。では、レビュー始めます。 【題名】 デンジャラス・ラン 【製作年】 2012年 【製作国】 アメリカ [続きを読む]

» 映画 :デンジャラス・ラン Safe House 「極悪」南ア ケープタウンで炸裂するお勧めの猛烈アクション! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
まず いい! のが原題。 Safe House セーフ・ハウスというのは、CIAが密かに用意している尋問などの秘密任務のための「秘密基地」。 主人公はその肝腎のセーフ・ハウスの管理人をしている、のだが、事件に巻き込まれ 逃げ回ることに。 そして皮肉なことに、そのセー...... [続きを読む]

» デンジャラス・ラン [映画的・絵画的・音楽的]
 『デンジャラス・ラン』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『アンストッパブル』のデンゼル・ワシントンと『リミット』のライアン・レイノルズが出演するというので、映画館に行ってみました。  物語は、まず、南アフリカのケープタウンに設けられているCIAのSafe H...... [続きを読む]

» デンジャラス・ラン ストーリーに破綻がないのだ! [労組書記長社労士のブログ]
【=37 -5-】 関東への赴任、その準備に追いまくられ、仕事の引き継ぎに余念なく、嬉しいことにいろんな方面で歓送会をして下さり、波乗りもいつも通りしっかり楽しみ、と、むちゃくちゃ充実していて、目が回るほど忙しい日々を過ごしていても、デンゼル・ワシントンが出...... [続きを読む]

» 「デンジャラス・ラン」感想 [流浪の狂人ブログ ~旅路より~]
 「アンストッパブル」のデンゼル・ワシントン主演・製作総指揮。かつてCIAを裏切り、世界36カ国で指名手配されつつも10年間逃亡を続けた元工作員と、収監された彼の監視を命じられた新人工作員との、奇妙な逃亡劇を描くスパイサスペンス。... [続きを読む]

» デンジャラス・ラン / Safe House [勝手に映画評]
36カ国の指名手配犯トビン・フロスト=デンゼル・ワシントン。“悪役”のデンゼル・ワシントンが見られます。 舞台は南アフリカのケープタウン。南アフリカと言う事で思い出すのが『インビクタス/負けざる者たち』や『第9地区』。『インビクタス/負けざる者たち』『第9地...... [続きを読む]

» 映画:デンジャラス・ラン [よしなしごと]
 久々の映画記事です。どうしようか迷っていたのですが映画の日で1,000円だったのでデンジャラス・ランを見てきました。今年70作品めです! [続きを読む]

» 映画『デンジャラス・ラン』を観て [kintyres Diary 新館]
12-75.デンジャラス・ラン■原題:Safe House■製作年・国:2012年、アメリカ■上映時間:115分■字幕:松浦美奈■観賞日:9月17日、新宿バルト9(新宿三丁目) □監督:ダニエル・エスピノーサ◆デンゼル・ワシントン(トビン・フロスト)◆ライアン・レイノルズ(マ...... [続きを読む]

« 渡辺和子「目に見えないけれど大切なもの」 | トップページ | 京極夏彦「死ねばいいのに」 »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ