« 小池真理子「妻の女友達」 | トップページ | 貫井徳郎「夜想」 »

映画「アルゴ」

A

2012年アメリカで製作された

ベン・アフレック監督作品。

そしてこれは実話なのですsign03


1979年11月4日、テヘラン。

イランの過激派によってアメリカ大使館が占拠され

52人もの人質が取られるという事件が起きました。

そんな中、大使館で働いていた6人だけが脱出し、

カナダ大使の私邸に潜伏shadow

万が一みつかりでもしたら6人の命どころか、

カナダ大使夫妻の命もありません。

そこでCIAのトニー・メンデス(ベン・アフレック)が閃いた救出作戦は噓の映画企画flair

イランで撮影することにするというもの。

それに協力してくれたのが、

トニーの知人で特殊メイクの第一人者のジョン・チェンバース(ジョン・グッドマン)。

そして、大物プロデューサーのレスター(アラン・アーキン)。この二人いい感じですnote

A2
この映画、宣伝を見る限りでは笑いも結構あるのかなぁ、なんて思っていたのですが、

いざ始まってみると、ほぼシリアス一辺倒clover

まず、人質6人がとにかく地味。しかし、1979年という時代は十分に体現しています。

先々のことを考えて不安に思う気持ちなどはわかったのですが、

逃げ出してきたアメリカ大使館のことはどう思っていたのでしょうかsign02

そこに捕えられている人質たちに対してどのような気持ちでいたのでしょうsign02

もう一つ言えば、匿ってくれているカナダ大使夫妻に対しても葛藤はなかったのでしょうかsign02

その辺がちょっと見えてきませんでした。

A3
あくまでもどのようにしてイランから脱出したのかがメイン。

作戦はあっても予定は未定typhoon

いくら実話とはいえ、そこはやっぱりドラマです。

絶対に助かることはわかっていても、ドキドキせずにはいられませんcoldsweats01

脱出計画は大胆だけれど、どちらかといえば静かで厳かな緊張感。

正直に言うと、私はベン・アフレックをそんなにカッコイイとは思っていなかったのですが、

この映画ではすごくカッコ良かったですheart04

特にこれはスゴイsign01 なんていう派手な見せ場はなかったんですけどねぇ~

かえってそれが良かったのかもnote

押し付けることなく家族のことを想うのも素敵でしたshine

« 小池真理子「妻の女友達」 | トップページ | 貫井徳郎「夜想」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/55978375

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「アルゴ」:

« 小池真理子「妻の女友達」 | トップページ | 貫井徳郎「夜想」 »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ