« 映画「フランケンウィニー」 | トップページ | ロト6の購入結果2012年12月 »

井上荒野「さようなら、猫」

S

表題作を含む9つの短編集cat

 ・自分の猫
 ・わからない猫
 ・赤ん坊と猫
 ・降りられない猫
 ・名前のない猫
 ・ラッキーじゃなかった猫
 ・他人の猫
 ・二十二年目の猫
 ・さようなら、猫

どの物語でも猫は主役ではありません。

ただそこに在る存在、といった印象です。

そして、そこに猫は存在しないといってもいいお話もあります。

少なくとも幸せな猫の登場を期待するならば、オススメできない物語です。

どちらかといえば、心の空白に躓いた人間の横を素知らぬ顔でスッと通り過ぎるような猫cat

そこには喜びも悲しみもなくて、現実が通り過ぎる。

そんな印象を受けましたclover

« 映画「フランケンウィニー」 | トップページ | ロト6の購入結果2012年12月 »

書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/56425523

この記事へのトラックバック一覧です: 井上荒野「さようなら、猫」:

« 映画「フランケンウィニー」 | トップページ | ロト6の購入結果2012年12月 »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ