« 映画「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」 | トップページ | 映画「ホビット 思いがけない冒険」 »

映画「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」

R3

2003年アメリカで製作された

ピーター・ジャクソン監督作品。


第2部の二つの塔では、

アラゴルンたち、人間・エルフ軍が、

ヘルム峡谷で勝利をおさめ、

アイゼンガルドでは、

森の破壊を目の当たりにしたエントたちの

活躍によって、見事にサルマンの軍勢を

一網打尽にしますshine

そして指輪を葬る旅を続けるフロドとサム。

一度はゴンドール軍の大将・ファラミアに捕えられますが、

そのファラミアの善意によって解放され、旅を続けるのですfoot


第3部では、敗北を喫した闇の冥王サウロンが黙って手を拱いているはずもなく、

報復は速やか且つ強大で、ゴンドール・ローハンの人間たちだけでは、

到底敵いそうにありません。

そこでアラゴルンは、エルフであるエルロンド卿の助言を受け、死者の道を行くことにtyphoon

そこはかつて、アラゴルンの祖先であるイシルドゥアに忠誠を誓いながらも、

その誓いを果たさなかった霊が成仏できずに留まったままの場所。

エルロンド卿は、死者の道を行けという助言と共に、鍛え直したイシルドゥアの剣を、

それを扱うことの出来る唯一の者、王の血筋であるアラゴルンの手に委ねます。

イシルドゥアの剣をみた霊たちは、解放を条件に王であるアラゴルンと共に戦うことを誓うのです。


その頃、ゴンドールのミナス・ティリスでは、サウロンの軍勢が圧倒的な兵力によって、

優位に戦いを進めていました。

加勢に駆け付けたローハンのセオデン王もとうとう力尽きてしまいますweep

そこへ真打登場と言わんばかりに、海賊船を乗っ取ったアラゴルンたちの登場sign03

あっという間にミナス・ティリスを取り戻し、誓いを果たした霊たちは解放されるのです。


一方、指輪を葬る旅を続けるフロド。

ゴラムの企みにより、サムとは仲違いし、サムはフロドの元を去ります(ノ_-。)

しかし、忠誠心の厚いサム。そこは思い直し、フロドの後を追います。

その先もフロドはあんなことやこんなことにsign02 って具合なのですが、

いつの間にそんなに強くなったのsign02 ってくらいのサムの勇者っぷりshine

フロドが指輪の力で弱まっていく中、強さをみせます。

勇者っぷりはサムに限ったことではありません。

アラゴルンたちと行動を共にしているホビットのメリーとピピンも強くなっていましたshine


しかし指輪が現存する限り、世界は滅びてしまう。

ミナス・ティリスで勝利をおさめたアラゴルンたちは、最後の勝負に出ます。

フロドたちの旅を助けようと、自分たちがおとりになり、

黒門にサウロンの目を釘付けにするという作戦です。

そしてその隙にフロドが指輪を滅びの山に捨てることに僅かな望みをかけたのです。

フロドがまだ旅を続けていることを信じてnight


アラゴルンは、黒門の前で戦いを前にビビッている兵士たちに演説をぶっ放しますsign03

それがもうメチャメチャカッコイイheart04

長すぎず、短すぎずで、兵士たちの士気を高めるsign01

そして演説を終えると剣を掲げ、

”フロドのために”と一言いって、一番に敵の中に向かっていくのですsign03

もちろんみんな後に続きます。圧倒的に不利な中typhoon


その頃フロドは滅びの山の火口にいました。

しかし、指輪は捨てないと言い、サムをとても悲しい顔にさせますweep

そこへゴラム登場。フロドはゴラムに指輪を奪われますが、

揉み合っているうちに指輪はゴラムとともに火口へ落下downwardright

指輪は葬られ、人間の時代が訪れるのですclover


辛く長い旅を終え、ようやく再開を果たす旅の仲間たちnote

みてるこっちが恥ずかしくなってしまうようなシーン(/ー\*)

そしてホビットたちはホビット庄へ、アラゴルンは正式に王の座に付き、

長い間咲くことのなかった王の木に花が咲き誇ります。cherryblossom

なにせ、王の帰還ですからcrownshine


そして4年の月日が流れたホビット庄では、別れの時が訪れます。

時間が癒せないこともあると言って、

フロドはビルボと共にエルフの船に乗って旅立ってしまうのでした。


第3部で構成された「ロード・オブ・ザ・リング」

印象に残っているシーンはたくさんたくさんありますsign03

きれいに泣くフロド、刺されるフロド、おもちゃのように倒れるフロド。

途中、影が薄くなったりもしましたが、やっぱりフロドの存在は大きかったです。

指輪を捨てにいくという重大な使命を負っているので当たり前なのだけれど…

それでも、最初にホビット庄でのガンダルフとの再会でみせる邪気のない笑顔、

最後に滅びの山で指輪は捨てないと言った時の指輪に魅入られた顔とか、その他もろもろ。

アラゴルンの戦いの最中の困った時のレゴラス頼みもちょっとツボりましたsweat01

レゴラ~~~スsign03 っていうのがね。

その期待に涼しい顔で見事に応えるレゴラスも素敵でしたheart02

ギムリは顔芸を交えながら笑わせてくれるし、最高ですshine

長い長い物語でしたが、十分にそれだけの価値があると思いますhappy01

« 映画「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」 | トップページ | 映画「ホビット 思いがけない冒険」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/56312571

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」:

« 映画「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」 | トップページ | 映画「ホビット 思いがけない冒険」 »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ