« 桜庭一樹「少女七竈と七人の可愛そうな大人」 | トップページ | ペットの想い出 »

桂木希「ユグドラジルの覇者」

Y

世界がネット経済へと加速していく中で、

その支配権を掴みとるのは誰なのか?

権力にぶら下がっている人は、権力を持ちながらも

より他人から奪うことしか考えられず、

他人もそうであるのだと疑わない。

そして失脚を何よりも恐れている。

でもこの物語には権力者が想像も及ばない

別の答えがあり、それは一人の人間を救済する為に

仕組まれた長い長い時間をかけたゲームthink


すごく正直に言うと長い。

まず、説明が長い。でも説明がないとわからんやろって言われたらそうなんだけど、

説明臭すぎてちょっと面倒くさいんだなぁ。( ̄◆ ̄;)

それと世界を舞台にしているせいもあるのかもしれませんが、

翻訳されたものを読んでいるというか読まされているような感じもしました(@Д@;


殺人の起こらないミステリーclover

なのに…( ̄~ ̄;) ウーン

登場人物の生い立ちに頼りすぎていて、だからなんなのだろう?

と思ってしまったのですよ\(;゚∇゚)/

ネットワークを世界樹に例えるっていうのもどうなんでしょうね( ̄-  ̄ ) ンー

私にはちょっと難しすぎてあんまり理解できていないかもsweat01

でも、ここまで引っ張って結末は…ってことを考えるとやっぱり長いかなぁ。

« 桜庭一樹「少女七竈と七人の可愛そうな大人」 | トップページ | ペットの想い出 »

書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/56458462

この記事へのトラックバック一覧です: 桂木希「ユグドラジルの覇者」:

« 桜庭一樹「少女七竈と七人の可愛そうな大人」 | トップページ | ペットの想い出 »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ