« ロト6の購入結果2013年2月 | トップページ | 映画「遺体 明日への十日間」 »

映画「フライト」

F

彼は英雄か犯罪者かsign02


人間というものは本当に弱い生き物です(;д;)

あまりにも誘惑に弱く、こうやってダメになっていく、

というのが隠されることなく展開されています。


墜落必至の飛行機を全力で不時着させた

機長・ウィトカー(デンゼル・ワシントン)shadow

アルコールに溺れている彼は、

本当にヒーローなんでしょうかsign02

楽な方へと逃げようとする自信家。

でも決して悪人ではない彼の選択libra

全ては神の手の中にあって、委ねられている。

そう考えると確かに楽なのかもしれない。

ただたとえそうだとしても、答えは一つであって二つにはならないんですよねぇ~。


もしも自分がウィトカーだったら、正直運が悪かったって絶対思うと思うsign01

けれどウィトカーには絶対に共感は出来ないsign03

本当にだらしのない男shadow

でも多くの乗客の命を救えたのは彼の存在があったから。

もしも現実にこんなことが起こったら映画とは違う展開が待っているのかなぁsign02

飛行機じゃなくてももっと身近で車の事故とかなら誰にでも起こり得るし、

そう考えると人の感情はどう動くんだろうsign02

飲酒は事実だけれど、車体に問題があって事故になりました、

なんて言われても別々に考えるのはやっぱり無理typhoon

この映画は鑑賞した人によって全然違う感想を抱くのではないかなぁthink

« ロト6の購入結果2013年2月 | トップページ | 映画「遺体 明日への十日間」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

おっしゃる通りです。
私も今日見ました。Rゼメキスだし・・・エエッて感じで、ラストにアメリカの良心なんぞが登場して・・・アランシルベストリの音楽がラストシーンの余韻をもたらすのですけど・・・共感できない主人公・中頃の法廷がらみをサスペンスとかいう人いますが、共感できないとサスペンス感につながりません。アメリカの影を広めているようね印象でした。

キハ58さん こんにちは(^^)

そうですね。私もサスペンス感は感じませんでした。
共感できないのと同時に、機長の心理に対しての興味があまりわきませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/56870720

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「フライト」:

» 映画「フライト」やはり、こんな人に操縦桿を握らせてなならない [soramove]
映画「フライト」★★★☆ デンゼル・ワシントン、ジョン・グッドマン ドン・チードル、ケリー・ライリー ブルース・グリーンウッド、メリッサ・レオ出演 ロバート・ゼメキス監督、 138分、2013年3月1日より全国公開 パラマウント ピクチャーズ ジャパン (原題/原作:FLIGHT) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「数多くの『善人... [続きを読む]

« ロト6の購入結果2013年2月 | トップページ | 映画「遺体 明日への十日間」 »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ