« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

映画「アイアンマン3」

I

2D吹き替えで鑑賞してきましたhappy01


シリーズ3作目となる今作は、

アベンジャーズでの戦いから1年後という設定clover

トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)はというと、

未知との生物との戦いなどによって恐れを感じ、

精神的にも不安定で不眠症にweep

それを払拭するかのように、

新型アイアンマンスーツの開発に没頭しますtyphoon

完全にスーツ依存症(;´Д`A ```


一方アメリカは、マンダリン(ベン・キングズレー)率いるテロ組織によって、

平和が脅かされていましたthunder

そしてバカな記者のバカな質問にまともに答えたバカなトニーは自宅の住所を公表し、

海辺のあの見事な豪邸があんなことに・・・bombbombbomb


死んだと思われたトニーはテネシー州にいましたsnow

そこで出会ったちょっとウザめの少年に助けられますshadow

この少年、カワイイ顔してことごとくちょっとウザいのです。

まぁ、許される範囲の憎めないカワイイウザさですが(*^-^)

そしてトニーに大事なことを思い出させてくれるのです。

それはトニーがメカニックであるということwrench

何もない所から何かを作り出す。やっぱりカッコイイですねshine

スーツに頼らずに生身でも結構頑張ってくれてますよclover


今回の敵は執念深い男key

遺伝子をどうにかしてしまってとんでもないことにsign03

遺伝子いじるなんてやっぱり良くないよ~shock 

この一歩手前が整形なのかなぁ、なんてどうでもいいことまで頭をよぎりました(@Д@;


そしてローズ中佐(ドン·チードル)は、やっぱりちょっとトニーのオモチャのようで、

ペッパー・ポッツ(グウィネス· パルトロウ)はというと、!!(゚ロ゚屮)屮 って感じですhappy01

大集合したアイアンマンは好きに戦ってましたかねぇsign02

それにしても少年へのご褒美はちょっと豪華すぎるんじゃpresentcoldsweats02

映画とはいえ、ちょっとうらやましい(^-^;

それにしてもあの豪邸は惜しかったなぁweep

森永 pino ダークショコラ♡

スーパーで半額でgetしたpinogood

P_2
どうして開封後に写真を撮ったのかというと・・・catface

P1
ちょっとわかりづらいsweat01 なのでもう一枚camera

P2

ハートになってるぅぅぅぅぅheart01heart01heart04

pinoってこんなことしてるんですねhappy01 知らなかったですcoldsweats01

ちなみに星形もあるそうで、星形は願いのpino、ハート形は幸せのpinoだそうですshine

普段はチョコモナカジャンボばっかり買うのですが、これからはpinoも買ってしまいそうcoldsweats01

肝心のお味はというと・・・

P3_2
ということで、とっても美味しかったですshine

1粒 33kcal 1箱食べても200kcal以下ですね( ̄ー ̄)ニヤリ

そのへんも踏まえてオススメですheart04

映画「リンカーン」

L

1865年1月、大統領に再選された、

エイブラハム・リンカーン(ダニエル・デイ=ルイス)が、

合衆国憲法修正第十三条を下院議会で

批准させるまでを描いた作品movie


この法案を通すためには、20票が足りないsweat01

そしてこの法案を通すまでは、

南北戦争を終結させる訳にはいかないweep

なんとしても20票が欲しい大統領は、国務長官の

ウィリアム・スワード(デヴィッド・ストラザーン)に、

あらゆる手段を用いてでも足りない20票を、

かき集めるように命じますlibra

簡単な議員と難しい議員shadow 票集めは中々上手くいきません。

その上、リンカーンには更なる問題が・・・sweat02

長男ロバート(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)が反対を押し切って北軍に入隊してしまうのです。

息子を戦場へ行かせたくない妻のメアリー(サリー・フィールズ)からは、

必ず法案を通してと激しく責められ、

息子を死なせたくはない大統領は、自ら票集めのために動きます。

そんな状況の中で唯一大統領の心を癒してくれるのは末息子のタッドclover

L1
観ているこっちも少しホッとするような少年でした。

丸くて白くて頬っぺたをプニプニしたくなるような感じです(^-^;

そして迎えた投票日libra

リンカーンが望んだ通りの結果となりましたshine

しかし、その後に待っているのは暗殺shock

わかってはいるんだけれども、出かけようとするリンカーンをみると、

行ってはいけないと思ってしまう。

映画の中では「この1年で10歳は老けたようにみえる」と、リンカーンは言われるのですが、

暗殺されるような人物というのは、本当に命を削っているのかもしれないと思いました。

150分の長い映画ですが、騒がしさは殆どなく大統領を包むものは静です。

一番騒がしかったのは妻のメアリーかもしれませんsweat01

映画「パラノーマン ブライス・ホローの謎」

P

3Dのストップアニメーションと

ブライス・ホローの謎という言葉に負けて

鑑賞してきました(*^-^)


死者と話が出来る少年ノーマン(^-^;

でもそのせいでまわりからは変人扱い(-ε-)

そしてもっと変人扱いされているのが、

ノーマンの親戚のブレンダーガストおじさん。

ノーマンは彼から衝撃的な事実を聞かされる。

それは300年前に封印された魔女の魂が、

悪霊を呼び覚まし町を滅ぼすというもの。

そしてその災厄を代々阻止してきたのが、死者と話が出来る者たち。

そして現在、死者と話ができるのはノーマンだけ。

これまではおじさんが阻止してきたのだけれど、

残念ながら故人となってしまったのでノーマンにその役目を引き継がせるためにでてきたのです。

しかし、7人の死者は甦り墓から出てきてしまいます。

町を彷徨う7人のゾンビ(@Д@;

彼らの目的は本当に町を滅ぼすことなのでしょうか?

P2
そして魔女の正体とは?


人と違うことで攻撃の対象となってしまうなんて本当にくだらないと思います。

昔よりは今の方が生きやすいのかもしれないけれど、

それでも人は異質なものを嫌い排除しようと必死になる。

そしてそれが集団になると一気に性質が悪くなる。

自分の中に恐れがある限り、きっとそういうものは世界からは消えてなくならないんでしょうね。


キャラクターがイマイチだって言ってる人もいましたが、

私はこの映画にはこのキャラクター達がピッタリだと思いました(o^-^o)

乾 緑郎「完全なる首長竜の日」

K1
物語は、少女漫画家・和淳美が、

幼少のころに訪れた島の記憶に触れて始まるpencil

現在の淳美はというと、

アラフォーのちょっと落ち目の少女漫画家pen

彼女には自殺未遂を起こした意識不明の弟・浩市がいる。

そんな二人を繋ぐものsign05

それは植物状態となった患者とコミュニケーションできる

医療器具「SCインターフェース」clover

そしてこの医療器具を使って、

弟とのセンシング(意思疎通)を行うのだthink

どうして弟は自殺を図ったのか? その理由を知るためにtyphoon

彼女にとって弟とのセンシングは、

現実との境界線を見失ってしまいそうな程にリアルなものでした。


この作品は2011年第9回「このミステリーがすごい!」大賞受賞作crown

という訳で当然ミステリーなのですが、血生臭い事件が起きる訳でもなく、

脳内ミステリーというか妄想ミステリーというか若干のファンタジーを含むというか・・・

終われない物語だなぁ、と私は思いました。

記憶というのはとてもデリケートで厄介なものですねthink

答え合わせ出来るといいのだけれど(@Д@;

窪 美澄「ふがいない僕は空を見た」

F_2

それぞれ5人の視点で綴られる連作小説book


・ ミクマリ
・ 世界ヲ覆フ蜘蛛ノ糸
・ 2035年のオーガズム
・ セイタカアワダチソウの空
・ 花粉・受粉



1編目の「ミクマリ」は、

2009年に女による女のためのR-18文学賞大賞受賞作crown


「ミクマリ」は、高校1年生の斉藤君の視点で語られるclover

彼は週に1~2回、学校帰りにセックスをする。

相手はコミケでナンパしてきた主婦・あんずshadow

彼女は彼より12歳年上で、セックスは彼女の用意したコスプレと台本通りに進めていく。

彼には同じ学校に好きな女の子がいたし、

こんな関係はすぐにでも終わらせられると思っていたのだけれど・・・


次に「世界ヲ覆フ蜘蛛ノ糸」では、主婦のあんずの視点で家庭内のことが語られます。

夫婦の互いが不妊症であること、夫の家庭内盗撮で斉藤君との関係が暴露されてしまうこと等々。

「2035年のオーガズム」では斉藤君のことが好きな松永さんvirgo

「セイタカアワダチソウの空」では、斉藤君の友達の福田君。

「花粉・受粉」では、助産婦である斉藤君のお母さんが、それぞれ話を進めてくれます。

それぞれがそれぞれの事情を抱えながらも、

無理に抗ったりはしていなくて、だからといって流されている風でもなくて、

それでいて受け止めているというほどカッコよくもなく・・・

尽きないため息を繰り返しながらも生きるしかないというかなんというか(;´Д`A ```

人というのは自分が思っているよりもずっと、

いろんなことを冷静に処理出来ているのかもしれませんthink


まぁ、ふがいなくても空を見る余裕があるのなら、なんとかやっていけるのかなぁsign02

映画「舟を編む」

F

2012年本屋大賞第1位sign03

なのに私は原作未読です(^-^;

今回は試写会にて鑑賞clover

そんなに期待していなかったのですが・・・

面白かったですnotenotenote

試写会当選してラッキーでしたhappy01


出版社で働く馬締光也(松田龍平)は、

言葉に関するセンスを見込まれて、

営業部から辞書編集部へと異動upwardright

営業部では全くの役立たずだった、

無口でまじめな男shadow

そんな彼を迎え入れた辞書編集部は新しい辞書「大渡海(だいとかい)」の編纂をしていました。

けれど移動したからといって、いきなり無口がおしゃべりになるわけでもなく、

最初はやっぱりちょっとギクシャクしてしまいますthink

でも彼は、自分から相手に話しかけるという一歩を踏み出しましたfoot

そして同僚とも打ち解けていきますclover


その後は、恋をしたり、「大渡海」の出版に暗雲が立ち込めたり・・・

結構いろいろ笑わせてくれたりもしますhappy01

彼が恋する女性・林香具矢(宮﨑あおい)に書いたラブレターloveletter

あんなのを貰ってしまったら・・・(@Д@;sweat01

先輩編集者・西岡(オダギリジョー)とのやりとりも、小学生でもしないんじゃないのsign02

なんて思える西岡の行動が微笑ましかったりもしますclover

あと、下宿先にいる猫のトラcat

貫禄十分なその大きさが、これまたカワイイのですheart04


驚くような展開はないけれど、安心してみられる作品shine

悪い人も出てきませんgood

普段刺激的なものしかみない、なんていう人もたまにはこういう作品いいと思いますhappy01

浦賀和宏「彼女は存在しない」

K

もしも自分の家族に

解離性同一性障害者(多重人格者)がいたら?

多くの人はどう接するのでしょうsign02

隠す? それともまわりの協力を仰ぐ?

そんなときはどう行動すればいいのでしょうかsign02

きっとその時の状況によって選択肢は変化するのでしょうね。


では、この物語に登場する人物たちはどうでしょう?

絶対に逃げられない唯一の家族、兄である根本有希shadow

まだ大学生なのに妹・亜矢子の中に別の人格がいることを知って、

まるでタロットカードの吊るされた男のよう。

そして根本有希の恋人・恵。

彼とはまだ付き合いを続けていくつもりでいる彼女の本心は?

そして多重人格者である張本人の亜矢子clover

彼女が多重人格者になった原因はsign02

彼女の記憶が一つに繋がることはあるのでしょうかsign02


読者は●●から●●●●てるんですね。

どの時点で●●●●てることに気付けるかsign02

ちなみに、ササッっと一気読みした私はといえば、

あ~、そうだったのsign01

って感じで簡単な読者となってしまいましたcoldsweats01

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ