« 映画「アンナ・カレーニナ」 | トップページ | 映画「舟を編む」 »

浦賀和宏「彼女は存在しない」

K

もしも自分の家族に

解離性同一性障害者(多重人格者)がいたら?

多くの人はどう接するのでしょうsign02

隠す? それともまわりの協力を仰ぐ?

そんなときはどう行動すればいいのでしょうかsign02

きっとその時の状況によって選択肢は変化するのでしょうね。


では、この物語に登場する人物たちはどうでしょう?

絶対に逃げられない唯一の家族、兄である根本有希shadow

まだ大学生なのに妹・亜矢子の中に別の人格がいることを知って、

まるでタロットカードの吊るされた男のよう。

そして根本有希の恋人・恵。

彼とはまだ付き合いを続けていくつもりでいる彼女の本心は?

そして多重人格者である張本人の亜矢子clover

彼女が多重人格者になった原因はsign02

彼女の記憶が一つに繋がることはあるのでしょうかsign02


読者は●●から●●●●てるんですね。

どの時点で●●●●てることに気付けるかsign02

ちなみに、ササッっと一気読みした私はといえば、

あ~、そうだったのsign01

って感じで簡単な読者となってしまいましたcoldsweats01

« 映画「アンナ・カレーニナ」 | トップページ | 映画「舟を編む」 »

書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/56786047

この記事へのトラックバック一覧です: 浦賀和宏「彼女は存在しない」:

« 映画「アンナ・カレーニナ」 | トップページ | 映画「舟を編む」 »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ