« 浦賀和宏「彼女は存在しない」 | トップページ | 窪 美澄「ふがいない僕は空を見た」 »

映画「舟を編む」

F

2012年本屋大賞第1位sign03

なのに私は原作未読です(^-^;

今回は試写会にて鑑賞clover

そんなに期待していなかったのですが・・・

面白かったですnotenotenote

試写会当選してラッキーでしたhappy01


出版社で働く馬締光也(松田龍平)は、

言葉に関するセンスを見込まれて、

営業部から辞書編集部へと異動upwardright

営業部では全くの役立たずだった、

無口でまじめな男shadow

そんな彼を迎え入れた辞書編集部は新しい辞書「大渡海(だいとかい)」の編纂をしていました。

けれど移動したからといって、いきなり無口がおしゃべりになるわけでもなく、

最初はやっぱりちょっとギクシャクしてしまいますthink

でも彼は、自分から相手に話しかけるという一歩を踏み出しましたfoot

そして同僚とも打ち解けていきますclover


その後は、恋をしたり、「大渡海」の出版に暗雲が立ち込めたり・・・

結構いろいろ笑わせてくれたりもしますhappy01

彼が恋する女性・林香具矢(宮﨑あおい)に書いたラブレターloveletter

あんなのを貰ってしまったら・・・(@Д@;sweat01

先輩編集者・西岡(オダギリジョー)とのやりとりも、小学生でもしないんじゃないのsign02

なんて思える西岡の行動が微笑ましかったりもしますclover

あと、下宿先にいる猫のトラcat

貫禄十分なその大きさが、これまたカワイイのですheart04


驚くような展開はないけれど、安心してみられる作品shine

悪い人も出てきませんgood

普段刺激的なものしかみない、なんていう人もたまにはこういう作品いいと思いますhappy01

« 浦賀和宏「彼女は存在しない」 | トップページ | 窪 美澄「ふがいない僕は空を見た」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/57117381

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「舟を編む」:

« 浦賀和宏「彼女は存在しない」 | トップページ | 窪 美澄「ふがいない僕は空を見た」 »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ