« 東野圭吾「カッコウの卵は誰のもの」 | トップページ | 映画「風立ちぬ」 »

桐野夏生「ハピネス」

P

読後の一言感想は、

あー、そうなるのね。そうですか・・・ ( ゚д゚)ポカーン というもの

こんな感想じゃ何も伝わらないですね(^-^;

ザックリ書くと5人のママ友たちとその裏事情typhoon


舞台は東京湾に面して聳え立つタワーマンションbuilding

主人公は3歳の娘とこのマンションに住む有紗。

この有紗なのですが、チョコチョコ見栄を張り、

そして嘘をつく ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

小心者であることに変わりはないのだけれど、自分勝手な考えしかなく呆れて物が言えません(゚ー゚;

旦那は現在アメリカへ単身赴任中。しかも有紗は、離婚を迫られている身なのだsign03

そしてママ友たちはというと・・・

リーダー格の綺麗でそつのないいぶママを中心に表面上は上手くいっていますcoldsweats01

ドロドロさ具合はあまり感じませんが、実際のところ、有紗は格下扱いの公園要員clover

そんなことを知ってしまうと面白い訳ありませんよねpout

同じ公園要員の美雨ママと接近し始め、いろんなことが見え始めます。

その中にはもちろん秘め事もありheart04

有紗自身の秘密、どうして離婚を迫られているのかといった理由も明らかになっていきます。

そしてちょっと甘めですが、有紗も多少は成長していきます。


ママ友の世界って実際はどうなんでしょうかsign02

そこに子供という ”+α” が加わっただけで、

他のどのような人達の関係とも変わらないような気がしますthink

仲良しグループでもそれ知らなかったなんていうのはきっとよくあることですよね。

ただ表面上は上手くいっているから性質悪いと感じてしまうというかなんというか(@Д@;

そういうのを本当の意味で気にしなくて済むようになるには、

どれだけ自分で自分にフォーカス出来るかにかかっているのではないかと思いますconfident

« 東野圭吾「カッコウの卵は誰のもの」 | トップページ | 映画「風立ちぬ」 »

書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/57829345

この記事へのトラックバック一覧です: 桐野夏生「ハピネス」:

« 東野圭吾「カッコウの卵は誰のもの」 | トップページ | 映画「風立ちぬ」 »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ