« 映画「ローン・レンジャー」 | トップページ | コンビニ限定 ハーゲンダッツ »

映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」

S1

3D字幕で鑑賞してきましたhappy01


規則違反はウォーミングアップなのかdashsweat01

CMでもバンバン流れてますね、

カーク(クリス・パイン)とマッコイ(カール・アーバン)の

規則違反のオマケ、崖からのダイブtyphoontyphoontyphoon

重大な規則違反を犯したとはいえ、

星とスポックの命を守ったのですが・・・shineshineshine

結果オーライのカークと、

規則順守のスポック(ザカリー・クイント)sweat02

当然カークの航海日誌の報告書は・・・

規則違反の部分は省略され問題なしと、しかしそうするであろうことを予測したスポックは、

規則違反があったことを報告済coldsweats01sweat02

カークはエンタープライズ号の船長を解任されてしまいますcrying

そして同時期に、ロンドンの宇宙艦隊データ基地が爆破される事件が起きるのですbombbombbomb

直ちに、全ての艦長と副長が召集chair 

しかし、そこで待ち受けていたのは一人の男による襲撃impactimpactimpact

犯人は艦隊士官のジョン・ハリソン(ベネディクト・カンバーバッチ)shadow

S3

この事件によって、カークが慕うパイク提督(ブルース・グリーンウッド)は、

命を落としてしまいますsad

仇を討ちたいカークは、マーカス提督(ピーター・ウェラー)にハリソンの追跡を志願paper

再びエンタープライズ号の艦長の椅子にchair

ハリソンが潜むクロノスへと乗り込み彼を逮捕keykeykey

そしてここから本当の戦いが始まるのですthink

ハリソンの口から語られる出来事はカークにとって信じがたいものばかり(@Д@;

しかしいろんな状況から、信じざるを得なくなります。

ハリソンの過去、そして本当の正体shadow

敵は目の前のこの男だけなのか、それとも・・・


相変わらずやっぱり若いクルーたちsign03

その中でも特にスポック。普段からバルカン人であることを強調してますが、

今回は地球人の血の方が騒いでいたように思います。

そんな彼が感情を閉ざしてしまおうとする理由、私にはなんとなくわかります。

そしてそしてやっぱり無視できない男、今回は悪役のハリソン(ベネディクト・カンバーバッチ)heart04

御多分に漏れず私も結構好きですcoldsweats01 天使のシャーロックじゃなくても全然イイcatface

素敵な声ですよねぇ~lovelyshine 全身黒ずくめで立っているだけで凄い存在感ですhappy02

カークとハリソンが対峙するとタヌキとキツネみたいnote

S4

この映画だけでも楽しめるのですが、でもやっぱり初期のスタートレックのシリーズを

知っていた方がより楽しめますclover

これがあーなるのか、とか、いろんな発見がありましたよsign01

結構まんべんなく活躍する船のクルーたちshadow

でも帰還するエンタープライズ号はこうなっちゃうんですよね~typhoontyphoontyphoon

S2
かなりの手負いですweep

宇宙で何があったかは映画を観てくださいmovie

復讐は愛があるから生まれた感情、っていうのはちょっと哀しいですねthink

S

« 映画「ローン・レンジャー」 | トップページ | コンビニ限定 ハーゲンダッツ »

映画」カテゴリの記事

コメント

いや~面白そう(*´▽`*)

本日観に行きますflair

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/58060713

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」:

« 映画「ローン・レンジャー」 | トップページ | コンビニ限定 ハーゲンダッツ »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ