« 体力ゼロの私が富士登山に行ってきました(^^)/ | トップページ | 映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」 »

映画「ローン・レンジャー」

Poster

正義 ≠ 復讐typhoontyphoontyphoon だけれども、

どちらかを貫けば、

正義 ≒ 復讐clovercloverclover に少しは近づくのかなsign02


少年時代の不用意な交換から

忌まわしい事件が起こりはぐれコマンチに

なった悪霊ハンターのトント(ジョニー・デップ)weep

そしてトントとコンビを組むのが

検事であるジョン(アーミー・ハマー)shadow

村人たちを殺されたトントと兄を殺されたジョン。

二人の共通の敵はとっても残忍なキャヴェンディッシュtyphoon

と、ここまでは問題ないのですが、二人の目的は全く別の方向を向いていますupwardrightdownwardleft

あくまでも殺害が目的のトントと、法の下で裁きを受けさせたいジョン(@Д@;

そんな二人の間に割って入るのが白馬のシルバーhorse

この白馬がシュッとしてるとは言い難く、どちらかと言えばゆるキャラ寄り。

そして完全にジョンを依怙贔屓しているようです( ̄▽ ̄)

正義を貫こうとしていたジョンですが、愛する兄嫁が攫われたことにはキレたご様子(`Д´)

マスクを装着し、ローンレンジャーとしてトントと一致団結、悪を倒しにかかりますthunder


スピリチュアル的な要素も含んで3.5次元から始まり、

物理的に悪を倒すという3次元の世界へ戻っていく感じでしょうかsign02

ジョニー・デップだからこそ許されるトントのキャラって感じがしました。

アーミー・ハマーも育ちの良さが出ちゃってると思います。

子供でも十分楽しめると思うのですが、何か所かは目隠しと耳栓が必要かもtyphoon

最後はちょっと乗ってきちゃったジョンが白馬に跨り、「ハイヨ~、シルバーsign03

なんて言っちゃうから、真面目顔のトントに「二度とやるな(#`Д´)sign03」 と一喝される始末(;д;)

結構イイコンビでしたよnote

« 体力ゼロの私が富士登山に行ってきました(^^)/ | トップページ | 映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/57977536

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ローン・レンジャー」:

« 体力ゼロの私が富士登山に行ってきました(^^)/ | トップページ | 映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」 »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ