« 映画「マン・オブ・スティール」 | トップページ | 映画「サイド・エフェクト」 »

ハリエット・アン・ジェイコブズ「ある奴隷少女に起こった出来事」

H


まず、この本はノンフィクションです。

本書ではリンダという仮名を用いていますが、

ハリエット・アン・ジェイコブズ自身に起きた出来事が

綴られていますpen


1813年ノースカロライナ州で生誕したリンダvirgo

奴隷の子として産まれた以上、

彼女もまた産まれながらにして誰かの所有物である奴隷です。

この本では、Ⅰ.少女時代 Ⅱ.逃亡生活 Ⅲ.自由を求めて と3部作で構成されています。


私はなるべく感情移入せずに読み進めました。

なぜならリンダに肩入れしてしまうことを避けたかったからです。

しかし、そんな心配は要りませんでした。

感情の赴くままに書かれたような感傷的な読み物にはなっていなかったからです。

リンダの身に起きたことがひとつひとつ順を追って冷静に書かれていました。

リンダの身に起きたことは、その時代珍しいことではなかったのかもしれません。

けれど、リンダは自分自身で考え、行動を起こしたのです。

奴隷という制度の中で、行動を起こした少女の数が多かったのか少なかったのか、

私にはわかりません。

でもこんな少女がいたんだということを知る一冊としては、とても読みやすかったです。

« 映画「マン・オブ・スティール」 | トップページ | 映画「サイド・エフェクト」 »

書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/58008422

この記事へのトラックバック一覧です: ハリエット・アン・ジェイコブズ「ある奴隷少女に起こった出来事」:

« 映画「マン・オブ・スティール」 | トップページ | 映画「サイド・エフェクト」 »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ