« 誉田哲也「ドルチェ」 | トップページ | 不二家 ミルキー好きのためのミルキータルト »

映画「トランスフォーマー/ロストエイジ」

T1



前作よりキャストが一新されたトランスフォーマーshine

2D字幕で鑑賞してきましたmovie


ディセプティコンとの激戦から4年後clover

なぜか政府が、同盟を結んでいるはずのオプティマスらを取り締まるのに躍起にsign03

その結果、何体かのオートボットは殺されてしまうshock

そしてオプティマスはというと、おんぼろトラック状態で、発明家のケイド(マーク・ウォールバーグ)に格安で購入されていたsign03

しかし、購入した時点ではそれがオプティマスだとは気付かず、自宅のガレージでそれがオプティマスだと判明flair

ケイドが、自分の発明に利用しようと考えたのも束の間、CIAの襲撃に遭い、娘のテッサ(ニコラ・ペルツ)、テッサの恋人のシェーン(ジャック・レイナー)と逃亡するはめにdash

どうしてオプティマスたちが政府の取り締まりに遭わなくてはいけなくなったのかsign02 というのが徐々に明らかになっていくという展開ですclover


前作のシリーズよりもちょっと話が込み入っている今回のトランスフォーマーshine

暴走するCIAとテクノロジーを追い求めるエンジニアshadow

その結果生まれたのがガルバトロンsign01 しかし正体はcoldsweats02sign03

その他にも巨大な宇宙船で現れた、新たなディセプティコン・ロックダウンsign01

そしてその巨大な宇宙船に囚われていたのは恐竜のようなダイナボットcoldsweats02

結構ずっと闘いっ放しの展開だけれど、その闘いはオートボットたちだけではなく、人間同士の肉弾戦ももちろんありsign01 女性だって強いんですsign03

気になるオプティマスはというと、前作と同様、完全無敵ではなく、仲間に助けられるという展開sign03

派手な闘いが繰り広げられる割には、街の破壊度は優しいほうかもsign02

前作のシリーズと比べられるのは仕方ないかもしれないけれど、マーク・ウォールバーグのちょっとおバカな父親っぷり、私は嫌いじゃありませんcatface

唯一の心残りは3Dで鑑賞すればよかったかなぁsign02 ってこと、ちょっと後悔しましたcoldsweats01

« 誉田哲也「ドルチェ」 | トップページ | 不二家 ミルキー好きのためのミルキータルト »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/60164588

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「トランスフォーマー/ロストエイジ」:

« 誉田哲也「ドルチェ」 | トップページ | 不二家 ミルキー好きのためのミルキータルト »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ