« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

映画「ゴーンガール」

G1

監督は、『ソーシャル・ネットワーク』などの鬼才デヴィッド・フィンチャー。主演はオスカー受賞作『アルゴ』など監督業でも活躍するベン・アフレック、妻には『アウトロー』などのロザムンド・パイクがふんする。

ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)は誰もがうらやむ夫婦のはずだったが、結婚5周年の記念日に突然エイミーが行方をくらましてしまう。警察に嫌疑を掛けられ、日々続報を流すため取材を続けるメディアによって、ニックが話す幸せに満ちあふれた結婚生活にほころびが生じていく。うそをつき理解不能な行動を続けるニックに、次第に世間はエイミー殺害疑惑の目を向け……。




妻・エイミー(ロザムンド・パイク)の失踪、夫・ニック(ベンアフレック)に向けられた疑惑の目、その疑惑を確固たるものにするかのように暴かれる夫の不誠実さの綻び。そして妻はどこにいるのか?

生死もわからない失踪という深刻な事件なのに、マスコミの手にかかると取り扱いはワイドショーmovie

プライバシーを暴き、面白おかしく取り上げるというのは、世界共通のようですね。

結局凡庸な夫は、利口な妻を先んじることは出来ず、後手後手。

一方でエイミーは、自分の賢さに絶対的な自信を持っていて、迷いなく自分のシナリオ通りに事を進めていく、本当に凄い演出家sign01

そして終盤、それまでエイミーという女性の人物像を自分なりに描きながら観ていたけれど、まだまだ甘かったということに気付きました(lll゚Д゚)

ネタバレになってしまうので詳しくは書きませんが、続行も退場も終了も、決定権を持っているのはエイミーなのです。それだけの実行力を彼女は持っていました。

そして映画は、終わらせるには、早すぎず、決して遅すぎないというところで終わるのです。

とりあえず、視界が良好になることはなさそうでした。

ごくごく一般的な夫婦の関係というものが私にはわからないけれど、御夫婦で一緒に鑑賞することはオススメ出来ませんね。

PABLO 焼き立てチョコチーズタルト

今日ご紹介するのは季節限定のコチラshine

2712141

2712142

2712143

2712144

2712145
~チョコレートを練りこんだチーズ生地にブロックチョコを挟んで焼き上げました。中からとろける濃厚チョコレートの味わいと、サクサク食感のタルト生地が好相性のふわとろ食感チョコチーズタルトです。~

まず、タルト部分がとってもサックリでボロボロとこぼれちゃう。

そしてボロボロとこぼれるものって大抵美味しいんですよねぇ~catface

もちろんコチラの商品もね。

それからタルトの上に乗っているチョコチーズは、チーズの風味はあるんだけれど、まぁ、食べているとほぼチョコです。

中心に近い位置にビターなブロックチョコも数枚入っていて、このブロックチョコが、固いんだけれど固すぎない、歯に比較的優しい固さなんですよねぇ~。

現在ファミマで展開しているものも以前食べたことがあるのですが、ファミマのものよりもコチラの方が断然イイgood

当たり前と言えば当たり前なんだけれど・・・

それにファミマの商品が200円近くすることを考えたら980円(税抜)というお値段もお得に感じました。

2~3日は日持ちもするようですよclover

サークルKサンクス クリーミーバウムロール~クレームブリュレ風~

今日ご紹介するのは、シェルエドルチェよりル・フレンド製造のコチラshine

2512141

2512142

2512143

2512144

2512145
バウムロールは良く冷やしていたので、固めの状態で食べました。

上に乗っている焦がした砂糖がほろ苦く、ジャリジャリという食感が良いですgood

そして真ん中のカスタードクリームですが、プリンのように甘かったので、焦がし砂糖のほろ苦さが、甘ったるくなりそうなところを救ってくれていました。

ただ、お値段が240円というのはちょっと高いかなぁ( ̄Д ̄;; 

ローソンストア100 ぷにもっちり(濃厚ミルククリーム)

今日ご紹介するのはオイシス製造のコチラshine

2112141

2112143

2112144

2112145
~一度食べたらクセになる!もちもちとした独特の食感の生地に濃厚なミルククリームをたっぷり絞り入れました。~


直径約10cmsign01

手に持った感触は、底の部分がかなりふわふわとしています。

しかし食べてみて納得flair

中に注入されているクリームが、かなり柔らかいのです(。・w・。 )

それに、下の皮の部分が薄いので、よりクリームの柔らかい感触がダイレクトに伝わってきていたようです。

お味としては、クリームは甘く、商品としては、素朴で昔ながらの味わいのある洋生菓子でしたcatface

お値段は108円moneybag カロリーの詳細はコチラdown

2112145_2

映画「ホビット 決戦のゆくえ」

H1


ホビット3部作の最終章

2D字幕で鑑賞してきましたmovie


~ドワーフの王国を取り戻すべく旅をしていたホビット族のビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)やドワーフのトーリン(リチャード・アーミティッジ)らは、竜のスマウグからついに王国を奪い返す。しかし、スマウグは人々を襲い、その一方でトーリンが財宝を独り占めしようとし、ビルボがそれを止めようと危険な選択をしてしまう。そんな中、宿敵サウロンが奇襲を仕掛け、ドワーフとエルフと人間の間では対立が深まり……。 ~


前作は、スマウグが、ドワーフ達を助けた湖の町を滅ぼすべく行動を開始したところで終了でした。

最終章では、湖の町がスマウグの容赦ない攻撃にさらされているところから始まります。

そして町は、スマウグの攻撃によって破壊され尽くしたけれど、最後は、湖の町の船頭・バルド(ルーク・エヴァンス)によって放たれた黒い矢によって、スマウグを倒すことができました。

けれどこれはまだまだ物語の序盤。

スマウグの死によって皆がエレボールを目指し、人間・エルフ・ドワーフ、そして闇の勢力との全面戦争に突入していくのですsign01


この最終章は、ほぼ全編戦いなんだけれど、その戦いの中にはいくつもの物語が存在していて、それはホビットのビルボ(マーティン・フリーマン)が持つ純真さだったり、大切な人を失う哀しみだったり、自分の事しか考えられないエゴだったりと、本当にさまざま。

そんな中でそれぞれが自分の進む道を選択していく。

ファンタジーな要素と現実の厳しさがあり、ハッピーなだけでは済まされない物語。

みんながそれぞれ活躍していて、誰が一番とかは言えないけれど、本当に言えないんだけれど、でもやっぱり、ビルボという純粋な心を持ったホビットの存在。

ガンダルフがビルボに”お前のことが大好きだ”って言うのだけれど、私も同じ気持ちです。

一つだけ欲をいうならば、若き日のアラゴルンにも会ってみたかったなぁ(*^-^)

ヤマザキ ロイズチョコレートデニッシュ

今日ご紹介するのはコチラshine

1812141

1812143

1812144

1812145
~「ロイズ」のチョコレートを板チョコにして、ホイップクリームとサンドしたデニッシュです。~


ロイズ色したパッケージに思わず手が伸びました(*^-^)

パッケージを開けるとマーガリンの香り、デニッシュ生地は上下にパカッと取れるタイプsign01

早速このまま食べようかとも思ったのですが、そこは思い直し、私はトースターで少し温めることに。 

結果、デニッシュ生地がふわふわにcatface 温めて正解flair

中まで完全に温めた訳ではないので、ホイップクリームがへなちょこになることもなく、チョコが柔らかくなることもなかったです。

むしろチョコに関して言えば、パッケージの注意書きにあった通り、寒いので固くなっていました。

まぁ、固くなっていてもチョコは美味しいんですけれどねnote

次回はぜひ、チョコ全面押しのチョコホイップクリームとのサンド、というのも食べてみたいなぁと思いましたhappy01

お値段は160円moneybag カロリーの詳細はコチラdown

1812142

ローソンンストア100 さつまいもプリン(黒みつソースがけ)

今日ご紹介するのは、オイシス製造のコチラshine

1512141

1512142

1512143

1512145

~さつまいもペースト入りのプリンに、黒みつソースとホイップクリームをトッピングしました。~


上にちょこんと乗っているホイップは甘さ控えめなしっかり角が立つタイプ。

プリンについては、3層になっていると私は思ったのですが、真偽の程はわかりません。

それを前提に話を進めると、黒みつソースのすぐ下の薄い部分は、舌触りがなめらかなお芋の味がするプリン、その下の真ん中部分は卵の味がしっかりとしたプリン、そして一番下の部分ですが、少しお芋の繊維を感じるプリンでした。

上にかけられた黒みつソースですが、量が少なかったので、プリンの邪魔をすることなく良かったと思います。

お芋の味がしっかりとした固めのプリン、108円で頂けるなんて得した気分ですnote

カロリーの詳細はコチラdown

1512144

スーパーナチュラル シーズン9 其の六

最後まで感想を書いたつもりでいたのですが、書いていなかったようですsweat01

なので遅くなりましたが、最終回までサックリと進めていきたいと思いますdash

第21話 悪魔が仕掛ける罠clover

カスティエルは無派閥の天使たちのリーダーとなることを決意し、捕らえたメタトロンの手下から彼の計画を聞き出すため、サムとディーンに協力を頼む。ディーンは強引に手下の口を割ろうとするが手下の口は堅い。だが、サムの機転により情報を聞き出すことに成功する。そんな中、サムとディーンの殺害をクラウリーに断られたアバドンは、衝撃的な切り札を出してクラウリーに揺さぶりをかける。一方カスティエルはガドリエルに会いにいく。

地獄の騎士のアバドンともあろうお方が、ウィンチェスター兄弟を倒すためにとった手段というのが、実に単純でいてセコい(゚ー゚;

何をしたのかというと、血液依存症から抜け切れていないクラウリーの感情を利用するために、なんと1723年からクラウリーの息子を連れてくるという人質作戦sign01

Spn21
クラウリーの動揺を誘うという点では上手くいったんだけれど、上手くいったのはそこまで。

カインの刻印を持つディーンの手によって、アバドンは元始の剣でグサリshock

でも問題はこの後のディーンの行動。

アバドンを刺殺したにも関わらず、アバドンへの殴打が止まらないという事態にsign03

どうやらカインの刻印の影響で衝動が抑えられない様子。

最後はサムがディーンを取り押さえたんだけれど、その時のディーンの形相がなんともいえないくらい凄かったですcoldsweats02


22話 天国への扉clover 

天使への容赦ない攻撃が続き、カスティエルはサムとディーンに協力を求めて連絡する。さっそくディーンは”元始の剣”を持って出かけようとするが、剣を使うたびに兄が払う代償のことが気がかりなサムは、ディーンを諭し剣を置いていくように言う。一方、カスティエルは自分の側の天使がカスティエルの名のもとに事件を起こしていたという事実を知り、愕然となる。そんな中、ディーンは死神テッサの陰謀に気づく。

今回のメタトロンの策略は、天使の自爆テロshock

それもキャス側の天使がキャスの命令で自爆テロを起こしたようにみせかけたもの。

そして仕上げは、メタトロンが天使たちに向けてぶっこいた演説sign01

その結果、天使たちはキャスの元を去り、キャスは孤立。

まんまとメタトロンの思い通りとなったわけです。

一方でディーンは元始の剣を片時も手放そうとはせず、そのせいでどうなったかというと、死神のテッサが死んでしまいました。

ディーンの非は、元始の剣をただ持っていたということ。

Spn22
結果的にはキャスが天使の軍隊を失くす決定打になってしまいましたけどね。

すっかり野獣と化したディーンshock

そして、メタトロンのしていることは間違いだと気付いたガドリエルが、3人の元を訪ねてくるのですが、ディーンが元始の剣でガドリエルを斬りつけてしまうという事態にsign03

カインの刻印の影響によるディーンの暴走はまだまだ続きそうです。


第23話 奇跡を信じる者たちclover 

ナイン・シーズンが驚愕の最終話を迎える。ディーンは”元始の剣”の威力を痛感していた。だが、サムとカスティエルは”元始の剣”に入れ込んでいくディーンの様子に不安の色を隠せない。そんな中、ついにメタトロンが計画に着手し、人類の前に正体を現す。一方、ディーンの身体にはカインの刻印による異変が起きていた。メタトロンの非道な野望を阻止するため、果敢に挑んでいくサム、ディーン、カスティエル。そして三人を待つ驚くべき結末とは!

暴走の止まらないディーンを、サムとキャスは閉じ込めたものの、ディーンはクラウリーを呼び出し、まんまと脱出。

街では、メタトロンが自分のことをマーブだと名乗り、車に引かれた女性を治すなどの奇跡を起こしてまわります。

暴走してはいるものの、ディーンの目的もメタトロンを倒すことsign01

その手助けをするために、キャスとガドリエルは天界へと潜り込んだのですが、逆に牢獄へと捕えられてしまう。

そこでガドリエルは、自分たちが正しくてメタトロンが間違っているということを、自らの命と引き換えに天使たちに証明してみせます。

そしてキャスは、メタトロンに力を与えている天使の石版を破壊したのですが、時すでに遅し、メタトロンの剣がディーンの胸にshock

それを目の当たりにしたサム、次に起こす行動といったらいつものやつです。

悪魔と取引しようとするのですが、クラウリーはサムの前には姿を現さず。

何をしていたかというと、クラウリーは部屋に一人でベッドに横たえられたディーンの枕もとで、カインの刻印について噓は言っていないと独白、独白が終わるとディーンの手に元始の剣を握らせるのです。

Spn23

すると息をしていなかったディーンが眼を開けたのですが・・・ なんとその眼は真っ黒sign01

そしてそこでシーズン9は終了。


とうとうディーンが悪魔になってしまいましたsweat02 びっくりです!!(゚ロ゚屮)屮

シーズンの序盤は、サムに天使が憑依、キャスは人間として生活の基盤を築いたりとしていましたが、最後にディーンが悪魔になるとは。

キャスの恩寵問題もあるし、今後の展開が気になります。

神様はいつになったら姿を現すのやら┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

マネケン 12月限定 ショコラマーブル & 期間限定 むらさきいもワッフル

今日ご紹介するのはコチラの二つ

1012141
まずは、12月限定ショコラマーブルshine

1012144

1012145
~口どけの良いチョコレート風味の生地にほんのりビターなチョコレートをコーティングし、 ホワイトチョコレートコーチングで仕上げました。~

2色使いなので、見た目がキレイ。

そして生地は、チョコの風味がしっかりとしていてビター。

コーティングされたチョコは思ったほど分厚くなく、甘さも控えめで、寒くなってきたせいもあるかもしれませんが、少しパリッとしていました。

小さなお子様には甘さが足りないかもしれませんが、私にはこのビターさがちょうど良く、美味しかったです。

カロリーは328kcalclover


季節限定のむらさきいもワッフルshine

1012142

1012143
~むらさきいも風味の生地に、むらさきいものダイスを練り込んだ、ほっくりとした食感とやさしい甘さが特徴のワッフルです。~

生地をカットしてみると、上品な淡い紫色。

お味はというと、砂糖の甘さももちろんあるんだけれど、それ以上にむらさきいもの甘みと風味が口の中にふわぁ~っと広がります。

そしてむらさきいものダイスが大きめにカットされていて、芋の食感も楽しむことができました。

とっても美味しかったですhappy01

カロリーは235kcalclover

サークルKサンクス ホワイトチョコバウム

今日ご紹介するのは敷島製パン製造のコチラshine

0612141

0612143

0612144
~白く焼き上げたバウムクーヘンにホワイトチョコフレークをトッピングしました~


パッケージを開けて実物を見ると、写真よりも魅力的だったので、ちょっとにんまり。

チョコの甘い香りも漂います。

出来ればお皿とナイフとフォークを用意してくださいね、チョコフレークがパラパラとこぼれやすくなっていますので。

そしてお味ですが、バウムクーヘンは少し柔らかめで甘くふんわりしているなぁと感じました。

ただ、ホワイトチョコがかなり薄いので、もう少し量を増してパリッ、っていうのを個人的には希望します。

紅茶が欲しくなる甘い洋菓子、それに雪を連想させるホワイトというのも、今の時期にピッタリですねcatface

商品のお値段は145円moneybag カロリーの詳細はコチラdown

0612142

サークルKサンクス クリスマスショコラノワール

今日ご紹介するのはコチラshine

0412141
重量感があったので測ってみると144gもありました。

0412142
0412143
0412144
0412145
~ココアムースにチョコスポンジ・チョコレートクリームを合わせ、チョコレートソースをかけました。~


よく見るとチョコが模様になっていて少しラメっぽく見えます。

そしてその部分は少しパリッとした薄いチョコ。

ちなみに二等辺三角形の白いお飾りは、紙なのかと思っていたらホワイトチョコでした。

早速一番上のチョコレートソースから頂いてみると、ハーシーズのチョコシロップのような甘さ。

そして中にはココアムースとチョコスポンジとチョコクリーム。

チョコクリームは美味しかったのだけれど、ココアムースとチョコスポンジがちょっとイマイチ。チョコスポンジがちょっとボソボソしていると感じました。

良かった点は、アーモンドクラッシュが散りばめられていたこと、それが香ばしく、食感もよかったです。

そしてパラパラとトッピングされた赤い物体、これは甘酸っぱいというよりも、酸っぱかったです。

今回のこのケーキ、真ん中部分ではなく、チョコソースとチョコクリームが主に楽しめる端っこ部分が私は気に入りました。

色合いを見ているとビターなように見えますが、そうでもなく甘かったですよnote

お値段は298円moneybag カロリーの詳細はコチラdown 

0412146

サークルKサンクス クラッシュビスケットケーキ

今日ご紹介するのは、シェリエドルチェよりイーストナイン製造のコチラshine

0112141

2個入りですが、重量的には軽いですね。

0112142
0112143
0112144
~ブラックココアスポンジにココアビスケットチップとホイップクリームをサンドし、更にココアビスケットクランチをトッピングしたケーキです。~


真っ白なクリームに真っ黒なココアビスケットクランチが散りばめられているのが、見た目にとってもキレイです。

そしてケーキの円みが、白と黒という色をかわいらしくみせてくれてますね。

肝心のお味の方はというと、ホイップクリームは甘いです。が、ココアビスケットチップのわずかな苦味と食感が良いアクセントになっています。

残念だったのは、ブラックココアスポンジ。

個人的には、もう少しキメが細かくてしっとりしたものならば良かったのになぁ、と思いました。

商品のお値段は410円moneybag カロリーの詳細はコチラdown

0112145

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ