« サークルKサンクス ベイクドチーズケーキタルト | トップページ | サークルKサンクス プリンが隠れたティラミス »

映画「アメリカン・スナイパー」

A


~「ミリオンダラー・ベイビー」「許されざる者」の名匠クリント・イーストウッドが、米軍史上最強とうたわれた狙撃手クリス・カイルのベストセラー自伝を映画化。米海軍特殊部隊ネイビー・シールズの隊員クリス・カイルは、イラク戦争の際、その狙撃の腕前で多くの仲間を救い、「レジェンド」の異名をとる。しかし、同時にその存在は敵にも広く知られることとなり、クリスの首には懸賞金がかけられ、命を狙われる。数多くの敵兵の命を奪いながらも、遠く離れたアメリカにいる妻子に対して、良き夫であり良き父でありたいと願うクリスは、そのジレンマに苦しみながら、2003年から09年の間に4度にわたるイラク遠征を経験。過酷な戦場を生き延び妻子のもとへ帰還した後も、ぬぐえない心の傷に苦しむことになる。イーストウッド監督とは初タッグのブラッドリー・クーパーが、主演兼プロデューサーを務めた。 ~


映画では、クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)が、ネイビー・シールズに入隊し、結婚、そして戦地への派遣、帰還、最後に亡くなる日までが描かれています。

彼はどんな人だったのか?

妻子を愛するひとりの優しい父親に違いはありませんが、同時に、愛国心の強いひとりの軍人でもありました。

160人を射殺し、160回、人の命を奪う過程において、レジェンドと呼ばれるようになったこと、本心ではどう思っていたんでしょうねthink

引き金を引いた先にいるのは、成人男性とは限りません。

見晴らしのいい場所を確保し、始終照準をあわせながら警戒、射殺するかどうかの判断を委ねられる毎日。

帰還したからといって、遠征する前と同じという訳にはいかないようです。

私は正直なところ、心の病というものがどのようなものかを理解できていません。

けれど、日常から戦争という非日常を経験することが、人の心に与える影響は、私の想像なんかでは計り知れないものがあるのだと思いました。

妻子を残して亡くなられたことが残念です。

« サークルKサンクス ベイクドチーズケーキタルト | トップページ | サークルKサンクス プリンが隠れたティラミス »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/61209501

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「アメリカン・スナイパー」:

« サークルKサンクス ベイクドチーズケーキタルト | トップページ | サークルKサンクス プリンが隠れたティラミス »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ