« ヤマザキ メンチカツパン | トップページ | 神戸屋 濃厚ショコラスチームケーキ »

映画「エクソダス:神と王」

E


~旧約聖書の出エジプト記に登場する、モーゼのエピソードをベースにしたアドベンチャー。紀元前のエジプトを舞台に、王家の養子として育てられた男モーゼがたどる数奇な運命と壮絶な戦いを活写する。メガホンを取るのは、『グラディエーター』『プロメテウス』などのリドリー・スコット。『ザ・ファイター』などのオスカー俳優クリスチャン・ベイル、『華麗なるギャツビー』などのジョエル・エドガートンを筆頭に、実力派やベテランが結集。砂漠を埋め尽くすエジプトの軍勢や割れていく紅海など、スケールの大きなビジュアルも見もの。~


~紀元前1300年。最強の王国として名をはせるエジプトの王家に養子として迎えられて育ったモーゼ(クリスチャン・ベイル)は、兄弟同然のような固い絆で結ばれていたはずのエジプト王ラムセス(ジョエル・エドガートン)とたもとを分かつ。その裏には、苦境に立たされている40万にも及ぶヘブライの人々を救わねばならないというモーゼの信念があった。そして、彼らのための新天地「約束の地」を探し求めることに。過酷な旅を続ける一方で、彼はエジプトを相手にした戦いを余儀なくされていく。 ~



2D字幕で鑑賞してきましたmovie

元々モーゼは巫女の預言など気にしない人物だったのですが、皮肉なことに、その巫女の預言がきっかけとなり、ラムセスとの仲がしっくりといかなくなります。

そしてその後、ラムセスに追放されたモーゼは、少年の姿をした神との対話を経験したことによって、ヘブライの人たちと決起し、新天地を求め旅をするのですが・・・

物語は割と早いテンポで進んで行くので、説明臭さはありません。

災厄もいきなり次から次へとどんどん起こります。

ちなみに私はワニがとっても怖かったですshock

そしてこのすべての災厄の後に、ラムセス王はやっとヘブライの民をエジプトから追放するのですが、すぐに気が変わって後を追うっていうね、誰もが知ってる展開。

そこで次に気になるのが、モーゼは海を真っ二つに分けるのか?なのですが、真っ二つではなく海は干上がっていきました。

しかし、次に海が満ちてくる映像はとっても迫力がありましたよsign01

他には、馬二頭が引く戦車も私は好きですね。

3Dで鑑賞すればよかったかなぁ、とちょっと頭をよぎりましたcoldsweats01

巫女を馬鹿にしていたモーゼが神を頼るのも、かなり人間臭いというか、私の目には普通の人として映りました。

時間的にもコンパクトな仕上がりなので、いろんな人が鑑賞しやすいのではないかなぁと思います。

« ヤマザキ メンチカツパン | トップページ | 神戸屋 濃厚ショコラスチームケーキ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/61135666

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「エクソダス:神と王」:

« ヤマザキ メンチカツパン | トップページ | 神戸屋 濃厚ショコラスチームケーキ »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ