« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

映画「ソロモンの偽証 前篇・事件」

S


人気作家・宮部みゆきのベストセラーを実写化した、ミステリー2部作の前編。ある中学校で起きた不可解な生徒死亡事件と、その真相を暴こうする女子生徒が開く学校内裁判の行方を追い掛ける。監督を務めるのは、『孤高のメス』などの成島出。『超高速!参勤交代』などの佐々木蔵之介、『小さいおうち』などの夏川結衣、『八日目の蝉』などの永作博美といった実力派が結集、大規模オーディションを敢行して舞台となる中学校クラスの生徒役33人を選出。事件を機に浮かび上がる、人間が抱える闇の深さに息をのむ。

クリスマスの朝、雪に覆われた中学校の校庭で柏木卓也という14歳の生徒が転落死してしまう。彼の死によって校内にただならぬ緊張感が漂う中、転落死の現場を目にしたという者からの告発状が放たれたことによってマスコミの報道もヒートアップ。さらに、何者かの手による殺人計画の存在がささやかれ、実際に犠牲者が続出してしまう。事件を食い止めようともせず、生徒たちをも守ろうとしない教師たちを見限り、一人の女子生徒が立ち上がる。彼女は学校内裁判を開廷し、真実を暴き出そうとするが……。


原作は未読で鑑賞してきました。

一人の少年の転落死から始まる物語。

転落死というだけでもショッキングなのに、一通の告発状から生まれた疑念。

自殺なのか、それとも殺人事件なのか?

そしてその告発状にはどんな意図があったのか。

亡くなった少年の言葉は、死んでもなお、生きています。

その言葉に囚われて少女は立ち上がったのでしょうか?

生徒たちだけで執り行う学校内裁判。

前篇ではまだ裁判は開廷されてはいません。

検事、弁護人、判事、その役回りが決定され、被告となる少年の日頃の行い、家庭環境などが明らかにされていました。

男子が女子を、言葉だけでなく暴力で苛めるシーンなどは酷かったですね(`ε´)

最初は少し退屈だなぁ、って思ったんだけれど、観ているうちにいろんなことが絡んできてすっかり引き込まれてしまいました。

原作を読んでいないっていうのも良かったのかもしれません。

後篇が楽しみですhappy01

ローソン 冷やして食べるドーナツ(チョコクリーム&アーモンド)

今日は6ヶ月分の定期を落としてしまいかなり焦りましたsweat01

そんな不注意な私が今日ご紹介するのはコチラshine

2503151

2503153

2503154

2503155
~純生クリームを使用したドーナツ生地にチョコレートをコーティング。中央にはチョコクリームを絞っています。さらに、上からチョコクランチ、アーモンドスライスをトッピングすることで、鮮やかな見た目と食感が楽しめる商品です。~

チョコがかかっているのはどうやら上の部分だけの模様。

けれど、リングの中心には底までチョコクリームがたっぷりnote

そしてこれがドーナツかと問われると、私にはドーナツの形をしている、スポンジ固めのチョコケーキと言われたほうがしっくりくる。

贅沢をいわせてもらうなら、アーモンドスライスの量がさみしいので、もう少しサービスして欲しいなぁcatface

安心できる美味しさのスイーツでした。

お値段は180円moneybag カロリーの詳細はコチラdown

2503152
そして最後になりましたが、定期券はちゃんと戻ってきましたnote

ST BROWN チョコデニッシュリング

今日ご紹介するのはサークルKサンクスで購入したコチラshine

2203151

2203156

2203153



2203154


2203155
~香ばしいデニッシュ生地に、チョコクリームとピーナッツを丁寧に巻き込み、じっくり焼き上げました。仕上げにチョココーティングをした、チョコづくしの一品です。~

コチラは大きめのドーナツ型のデニッシュ。

早速食べてみると、ピーナッツが本当によく効いてるsign01

ピーナッツチョコ好きには嬉しいお味。

もう一つ言うと、個人的にはコーティングされているチョコの色も好き。

デニッシュ生地については少し固めで、嫌な油分やにおいもなしgood

しかし、ちょ~っと肩すかしをくらったのが、リングの中のチョコ。

味は美味しいんだけれど、途中、1/4くらいチョコが途切れる部分が・・・(;ω;)

自分好みの味だっただけに、余計に残念。

食べごたえは十分にあり、美味しかったですhappy01

お値段は250円moneybag カロリーの詳細はコチラdown

2203152

映画「イントゥ・ザ・ウッズ」

I


「赤ずきん」「シンデレラ」「ラプンツェル」「ジャックと豆の木」といった世界的に有名なおとぎ話の主人公たちのその後を描く、ディズニー製作のミュージカル。ブロードウェイで上演され、トニー賞を受賞したミュージカルを基に、『シカゴ』『NINE』などのロブ・マーシャルが映画化。魔女をオスカー常連のメリル・ストリープが演じるほか、ジョニー・デップ、エミリー・ブラントらが出演。ハリウッドが誇る人気も実力も兼ね備えたスタッフやキャスト陣による作品に魅了される。

魔女(メリル・ストリープ)に呪いをかけられたために子供のいない夫婦は、「子を授かりたければ、四つのアイテムを森から持ち帰るのだ」と魔女に命令される。夫婦は赤いずきん、黄色い髪、白い牛、黄金の靴を手に入れるべく森へと出発する。一方赤ずきん、ラプンツェル、ジャック、シンデレラ、魔女、オオカミ、2人の王子も森に足を踏み入れており……。



接点のないおとぎ話の主人公たちが、森で結ばれているという話なんだけれど、その中心にいるのがパン屋の夫婦。

実はこのパン屋の夫婦、魔女(メリル・ストリープ)に子供が授からないという呪いをかけられていて、その呪いを解くために4つのアイテムを揃えなければならないのだ。

そしてその4つのアイテムを持っているのが、それぞれのおとぎ話の主人公たちというわけ。

そこで夫婦は4つのアイテムを揃えるべく奔走、呪いは解かれ子供を授かります。

でもこれで終わりではないsign01

前半はてんでばらばらで、それぞれが自分の欲望を叶えるために行動をしているんだけれど、それがもうまんま歌う喜劇。

ちなみに私のお気に入りは腹黒のあかずきんちゃん。

シンデレラについては元々強かだっただろう、などと心の中で思いながら観てましたcoldsweats01

そして後半、巨人という敵が現れ、新たな展開にsign01

シンデレラのお相手のナルシストな王子は、森でパン屋の妻と出会い、悶々として浮気。

その浮気をシンデレラに告げ口する鳥たち。

浮気相手のパン屋の妻は崖から落ちて死んじゃうし。

もうどうなってるの?って感じ。

残されたのは、パン屋の夫とシンデレラ、赤ずきんちゃん、そしてジャック。

このメンバーで巨人は倒すんだけれど、その後はどうなっちゃうんでしょうね。

結局、蚊帳の外だったラプンツェルカップルだけがハッピーってことで良いのかな?

ちなみに、ジョニー・デップは一瞬しか出てこないのでファンの方はちょっと残念に思うかもしれません。

映画「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」

T


第2次世界大戦時、ドイツの世界最強の暗号エニグマを解き明かした天才数学者アラン・チューリングの波乱の人生を描いた伝記ドラマ。劣勢だったイギリスの勝利に貢献し、その後コンピューターの概念を創造し「人工知能の父」と呼ばれた英雄にもかかわらず、戦後悲劇の運命をたどったチューリングを、ベネディクト・カンバーバッチが熱演する。監督は『ヘッドハンター』などのモルテン・ティルドゥム。キーラ・ナイトレイをはじめ、『イノセント・ガーデン』などのマシュー・グード、『裏切りのサーカス』などのマーク・ストロングら実力派が共演。

第2次世界大戦下の1939年イギリス、若き天才数学者アラン・チューリング(ベネディクト・カンバーバッチ)はドイツ軍の暗号エニグマを解読するチームの一員となる。高慢で不器用な彼は暗号解読をゲーム感覚で捉え、仲間から孤立して作業に没頭していたが、やがて理解者が現れその目的は人命を救うことに変化していく。いつしか一丸となったチームは、思わぬきっかけでエニグマを解き明かすが……。


映画では、アラン・チューリング(ベネディクト・カンバーバッチ)の少年時代、戦中にエニグマ解読をしていた時代、そして戦後のアラン、その3つの時代を織り交ぜながら物語は進んで行きます。

エニグマを解読することは、国家としては凄く重要なこと。

映画では高慢でコミュニケーション下手なアランが、ジョーン・クラーク(キーラ・ナイトレイ)の助けを借りて、チームとして纏まるまでの様子や、エニグマの解読に成功するまで、その後それをどう活用するかが描かれています。

しかし、時間を割いている割にはあっさりめに描かれているなぁ、と感じました。

それは、あくまでもこの映画がアラン・チューリングの伝記だから。

タイトルにもあるように彼には秘密がありました。

その秘密とは、同性愛。

そしてその当時、同性愛は罪だったので、決して誰にも知られてはならない秘密だったのです。

3つの時代を時系列にして追うのではなく、エニグマ解読時代を軸にして、過去と未来が交錯し、アランという人物を追うのです。

なんだか、切なくもあり、哀しくもある映画でした。

サークルKサンクス 窯出しホワイトチョコプリン

今日ご紹介するのは、ロピア製造のコチラshine

1203151


1203152


1203154
~ホワイトチョコレートを加えて窯でじっくりと蒸し焼きにしたプリンです。ホワイトチョコの味わい・なめらかな舌触りが楽しめる商品に仕上げました。~

プリンなので、見た目は地味です。

そしてカラメルはなしですね。

普通に美味しいことは美味しいんだけれど、なぜだろう?ホワイトチョコってわかりにくい。

プリンだからわかりにくいのか、単に私のバカ舌のせいなのかcoldsweats01

カップのフチのちょっと固くなっているところがいちばんホワイトチョコを感じました。

とっても甘かったです。

お値段は180円moneybag カロリーの詳細はコチラdown

1203155

ブルボン 濃厚チョコブラウニーキャラメル味

今日ご紹介するのはコチラshine

0703151

0703152

0703154_2

0703155

0703156
~大粒のチョコチップとホワイトチョコ、キャラメルペーストを練りこんだ、キャラメル味のブラウニーです。 ~

以前に食べたチョコブラウニーと同様に、下半分はしっかりとチョコで守られています。

食感としてはかなりねっっとりとしていて、キャラメルの風味は強くはないですね。

苦味も甘みも弱いです。

チョコチップも入ってはいますが、あまり効果的だとは感じませんでした。

ノーマルのチョコブラウニーが私の中では美味しかったという記憶があったので、キャラメル味に関してはちょっと残念な仕上がりです。

商品は89円で購入moneybag カロリーの詳細はコチラdown

0703153

サークルKサンクス プリンが隠れたティラミス

今日ご紹介するのは、たっぷり大満足スイーツよりアンジュール製造のコチラshine

0203151

0203152

0203153

0203154

0203155

0203156

サンクスのHPでは見当たらなかったので、発売されている地域が限定されているかも?と思ったのですが、よくよく見るとシェリエドルチェの文字もないので、別のお店でも購入できるのかもしれませんね。

それではまず、ビジュアルからチェックeye

目を引いたのは、ティラミスクリームのてっぺんに突き刺されたアーモンドスライスと、たっぷりかけられたココアパウダー。

パッケージの外からでは、3層しか確認できませんが、中にはちゃんとプリンが隠されていますのでご心配なく。

どのようになっているかというと、上からティラミスクリーム、プリン、スポンジ、チーズムース(たぶん)となっています。

お味ですが、スポンジは程良くほろ苦いコーヒーを吸っていて私好みです。

そしてプリンはやわらかいものではなく、卵の風味をしっかり感じることのできる固めのもの。

一番下のチーズムースは酸味がしっかりとありました。

ボリュームがあるのでがっつりと食べたい人向きですね。

お値段は298円moneybag カロリーの詳細はコチラdown

0203157

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ