« サークルKサンクス 窯出しホワイトチョコプリン | トップページ | 映画「イントゥ・ザ・ウッズ」 »

映画「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」

T


第2次世界大戦時、ドイツの世界最強の暗号エニグマを解き明かした天才数学者アラン・チューリングの波乱の人生を描いた伝記ドラマ。劣勢だったイギリスの勝利に貢献し、その後コンピューターの概念を創造し「人工知能の父」と呼ばれた英雄にもかかわらず、戦後悲劇の運命をたどったチューリングを、ベネディクト・カンバーバッチが熱演する。監督は『ヘッドハンター』などのモルテン・ティルドゥム。キーラ・ナイトレイをはじめ、『イノセント・ガーデン』などのマシュー・グード、『裏切りのサーカス』などのマーク・ストロングら実力派が共演。

第2次世界大戦下の1939年イギリス、若き天才数学者アラン・チューリング(ベネディクト・カンバーバッチ)はドイツ軍の暗号エニグマを解読するチームの一員となる。高慢で不器用な彼は暗号解読をゲーム感覚で捉え、仲間から孤立して作業に没頭していたが、やがて理解者が現れその目的は人命を救うことに変化していく。いつしか一丸となったチームは、思わぬきっかけでエニグマを解き明かすが……。


映画では、アラン・チューリング(ベネディクト・カンバーバッチ)の少年時代、戦中にエニグマ解読をしていた時代、そして戦後のアラン、その3つの時代を織り交ぜながら物語は進んで行きます。

エニグマを解読することは、国家としては凄く重要なこと。

映画では高慢でコミュニケーション下手なアランが、ジョーン・クラーク(キーラ・ナイトレイ)の助けを借りて、チームとして纏まるまでの様子や、エニグマの解読に成功するまで、その後それをどう活用するかが描かれています。

しかし、時間を割いている割にはあっさりめに描かれているなぁ、と感じました。

それは、あくまでもこの映画がアラン・チューリングの伝記だから。

タイトルにもあるように彼には秘密がありました。

その秘密とは、同性愛。

そしてその当時、同性愛は罪だったので、決して誰にも知られてはならない秘密だったのです。

3つの時代を時系列にして追うのではなく、エニグマ解読時代を軸にして、過去と未来が交錯し、アランという人物を追うのです。

なんだか、切なくもあり、哀しくもある映画でした。

« サークルKサンクス 窯出しホワイトチョコプリン | トップページ | 映画「イントゥ・ザ・ウッズ」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/61279271

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」:

« サークルKサンクス 窯出しホワイトチョコプリン | トップページ | 映画「イントゥ・ザ・ウッズ」 »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ