« 映画「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」 | トップページ | ST BROWN チョコデニッシュリング »

映画「イントゥ・ザ・ウッズ」

I


「赤ずきん」「シンデレラ」「ラプンツェル」「ジャックと豆の木」といった世界的に有名なおとぎ話の主人公たちのその後を描く、ディズニー製作のミュージカル。ブロードウェイで上演され、トニー賞を受賞したミュージカルを基に、『シカゴ』『NINE』などのロブ・マーシャルが映画化。魔女をオスカー常連のメリル・ストリープが演じるほか、ジョニー・デップ、エミリー・ブラントらが出演。ハリウッドが誇る人気も実力も兼ね備えたスタッフやキャスト陣による作品に魅了される。

魔女(メリル・ストリープ)に呪いをかけられたために子供のいない夫婦は、「子を授かりたければ、四つのアイテムを森から持ち帰るのだ」と魔女に命令される。夫婦は赤いずきん、黄色い髪、白い牛、黄金の靴を手に入れるべく森へと出発する。一方赤ずきん、ラプンツェル、ジャック、シンデレラ、魔女、オオカミ、2人の王子も森に足を踏み入れており……。



接点のないおとぎ話の主人公たちが、森で結ばれているという話なんだけれど、その中心にいるのがパン屋の夫婦。

実はこのパン屋の夫婦、魔女(メリル・ストリープ)に子供が授からないという呪いをかけられていて、その呪いを解くために4つのアイテムを揃えなければならないのだ。

そしてその4つのアイテムを持っているのが、それぞれのおとぎ話の主人公たちというわけ。

そこで夫婦は4つのアイテムを揃えるべく奔走、呪いは解かれ子供を授かります。

でもこれで終わりではないsign01

前半はてんでばらばらで、それぞれが自分の欲望を叶えるために行動をしているんだけれど、それがもうまんま歌う喜劇。

ちなみに私のお気に入りは腹黒のあかずきんちゃん。

シンデレラについては元々強かだっただろう、などと心の中で思いながら観てましたcoldsweats01

そして後半、巨人という敵が現れ、新たな展開にsign01

シンデレラのお相手のナルシストな王子は、森でパン屋の妻と出会い、悶々として浮気。

その浮気をシンデレラに告げ口する鳥たち。

浮気相手のパン屋の妻は崖から落ちて死んじゃうし。

もうどうなってるの?って感じ。

残されたのは、パン屋の夫とシンデレラ、赤ずきんちゃん、そしてジャック。

このメンバーで巨人は倒すんだけれど、その後はどうなっちゃうんでしょうね。

結局、蚊帳の外だったラプンツェルカップルだけがハッピーってことで良いのかな?

ちなみに、ジョニー・デップは一瞬しか出てこないのでファンの方はちょっと残念に思うかもしれません。

« 映画「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」 | トップページ | ST BROWN チョコデニッシュリング »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/61314068

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「イントゥ・ザ・ウッズ」:

« 映画「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」 | トップページ | ST BROWN チョコデニッシュリング »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ