« サークルKサンクス アーモンドクッキーシュー | トップページ | 森永&モンテール パリパリ大人のスペシャリテスティック »

映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」

B


『バベル』などのアレハンドロ・G・イニャリトゥが監督を務め、落ち目の俳優が現実と幻想のはざまで追い込まれるさまを描いたブラックコメディー。人気の落ちた俳優が、ブロードウェイの舞台で復活しようとする中で、不運と精神的なダメージを重ねていく姿を映す。ヒーロー映画の元主演俳優役に『バットマン』シリーズなどのマイケル・キートンがふんするほか、エドワード・ノートンやエマ・ストーン、ナオミ・ワッツらが共演。不条理なストーリーと独特の世界観、まるでワンカットで撮影されたかのようなカメラワークにも注目。

 

かつてヒーロー映画『バードマン』で一世を風靡(ふうび)した俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、落ちぶれた今、自分が脚色を手掛けた舞台「愛について語るときに我々の語ること」に再起を懸けていた。しかし、降板した俳優の代役としてやって来たマイク・シャイナー(エドワード・ノートン)の才能がリーガンを追い込む。さらに娘サム(エマ・ストーン)との不仲に苦しみ、リーガンは舞台の役柄に自分自身を投影し始め……。


一世を風靡した俳優が、再起を懸けるというお話。

そしてその俳優、リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、それはもう必死。

希望を見出してみたり、諦めようとしたり、喜びや怒りをフル動員。

そんな彼に寄り添うのがバードマン。

人は誰しも妄想したりするけれど、彼にとってそれは妄想ではなく、厄介なことにそばに在る。

少なくとも彼には見えているのだ、バードマンが。

けれど考え方を少し変えると、妄想の中に浸かれるというのは幸せなことだとも思う。

だって違う世界を目にしている。

現実では起こりえないステージへと妄想は連れて行ってくれるのですから。

ゆえに、結果としてとんでもない行動を起こしてしまうんですね。

迷いなく感情がひとつの方向を向いてしまうとでも言うのでしょうか・・・?

だからこその奇跡?

彼は一世を風靡した俳優でしたが、私が日常ですれ違っている知らない人たちの中にも、全力で再起を懸けている人はきっといるはずで、そんな風に考えるとバードマンは決して特別という訳ではないと思えてくるのです。

いつどこで何が目の前の景色を一変するかはわからないですねcoldsweats01

« サークルKサンクス アーモンドクッキーシュー | トップページ | 森永&モンテール パリパリ大人のスペシャリテスティック »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/61503278

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」:

« サークルKサンクス アーモンドクッキーシュー | トップページ | 森永&モンテール パリパリ大人のスペシャリテスティック »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ