« 森永&モンテール パリパリ大人のスペシャリテスティック | トップページ | ファミリーマート オープンサンド(じゃがバター醤油風味) »

映画「シンデレラ」

Q

古くから人々に親しまれている「シンデレラ」の物語を実写化したラブストーリー。継母と義姉妹から冷遇される日々を送っていた女性が、未来を切り開く姿を追い掛ける。メガホンを取るのは、演技派俳優で『ヘンリー五世』などで監督としても高い評価を得ているケネス・ブラナー。テレビドラマ「ダウントン・アビー」で注目を浴びたリリー・ジェームズがシンデレラにふんし、その脇を『ブルージャスミン』のケイト・ブランシェット、『英国王のスピーチ』のヘレナ・ボナム=カーターといった実力派が固めている。

貿易商を営む父親が再婚し、継母とその連れ子である姉妹ドリゼラとアナスタシアと暮らすことになったエラ(リリー・ジェームズ)。だが、父親が不慮の事故で命を落とし、それを機に継母と義理の姉妹からつらく当たられ、召使いのように扱われる毎日を送る。勇気と優しさが魔法の力になるという亡き母の教えを胸にひどい仕打ちに耐えてきたエラだったが、ついにこらえきれずに家を飛び出してしまう。森へと馬を走らせた彼女は、城で働いているという青年キット(リチャード・マッデン)と出会い、心惹(ひ)かれるが……。


吹き替えで鑑賞してきましたhappy01

本編前に上映された「アナと雪の女王/エルサのサプライズ」は、エルサが妹のアナの誕生日をお祝いしたいという趣旨のもの、エルサの体調不良でハプニングはあったもののかわいらしい仕上がりでしたよnote

そしていよいよシンデレラ本編。

しかし、シンデレラが話し出した途端、吹き替えは失敗だったと後悔。

だって全然感情が伝わってこないsweat02

単なる好みの問題かもしれないけれど、個人的にはかなりがっかりしてしまいました。

けれど、ストーリーは本当に王道で、継母のトレメイン夫人(ケイト・ブランシェット)の、美しく、賢く、意地悪な様は、シンデレラの気持ちをズタズタにするには威力十分、ドレス姿もとっても素敵で、登場するだけで緊張感がありました。

それにフェアリー・ゴッドマザー役(魔女)が、ヘレナ・ボナム=カーターだったというのも私には嬉しいポイント。

スマートではなく、想定外なかぼちゃの馬車の出来上がり方とか(゚m゚*)

でも靴は得意というところなんかも良かったです。 

そして煌びやかな舞踏会shine

そこで私が確信したのは、やっぱりシンデレラは強かだったーsign01ということ。

でないと、王子と踊ってその後二人で姿を消すなんて・・・

強かっていうと、悪口のように聞こえるけれど、私的には最高の褒め言葉。

本来どんな時に使うのが正しいのかなんてことは知らないけれど、私の中ではシンデレラはやっぱり強かな女性なのです。

女の子はシンデレラに憧れるっていいますが、それは物語の中だからであって、現実だったら考えるのもちょっと怖いかもcoldsweats01

なにはともあれハッピーエンドheart04

しっかりと行動を起こしたシンデレラには、その権利が十分にあったということですねnote

« 森永&モンテール パリパリ大人のスペシャリテスティック | トップページ | ファミリーマート オープンサンド(じゃがバター醤油風味) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/61539072

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「シンデレラ」:

« 森永&モンテール パリパリ大人のスペシャリテスティック | トップページ | ファミリーマート オープンサンド(じゃがバター醤油風味) »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ