« ファミリーマート ふんわりクリームショコラ | トップページ | 映画「メイズ・ランナー」 »

映画「チャッピー」

C


『第9地区』『エリジウム』の鬼才ニール・ブロムカンプが手掛けたSFアクション。人工知能を搭載したロボットのチャッピーが自身を誘拐したストリートギャングたちと奇妙な絆を育みながら、壮絶な戦いに巻き込まれていく。『第9地区』にも出演したシャールト・コプリー、『X-MEN』シリーズなどのヒュー・ジャックマン、『愛は霧のかなたに』などのシガーニー・ウィーヴァーなど、実力派や個性派が出演。純粋無垢(むく)なチャッピーの愛らしい姿やリアルな造形に加え、すさまじいアクションの数々も見もの。

2016年、南アフリカ。ディオン(デヴ・パテル)は、世界初の自身で感じ、考え、成長することができる人工知能搭載ロボットのチャッピーを開発する。しかし、世界でも有数の危険地帯ヨハネスブルクに巣食うストリートギャングにチャッピーと一緒に誘拐されてしまう。起動したばかりで子供のように純粋なチャッピーは、ストリートギャングのメンバーたちと接し、彼らから生き抜くためのスキルを学んでいく。圧倒的スピードでさまざまな知識を吸収していくものの、バッテリー残量が5日分しかなく……。


兵器工場で働くエンジニアのディオン(デヴ・パテル)の探究心が実を結び、人工知能搭載のロボットの開発に成功。

しかし、兵器工場では人工知能搭載ロボットなんて不必要なので、起動することは許可されない。

けれど諦めきれないディオンは、廃棄処分予定のロボットにそれををインストールしてしまおうとそのロボットを盗んでしまうcoldsweats02

でも、その直後ギャングに誘拐されてしまうのだ。

それからがちょっと妙なことになっていて、エンジニアとしてのディオンが本領発揮とでも言えばいいのか、ギャングの目の前で人工知能搭載のロボット・チャッピーを誕生させるのです。

そしてそこから先は、ギャングに育てられるチャッピーの微笑ましくも笑えない部分も含む成長物語。

だけで済むはずもなく、ディオンのことを妬ましく思っている同僚のヴィンセント(ヒュー・ジャックマン)による、悪意に満ち満ちたとしかいいようのない策略。

なぜヴィンセントがディオンに嫉妬しているかというと、ディオンの造るロボットが好評で、自分のロボットが一向に採用されないから。

ヒュー・ジャックマンの悪役が新鮮でもありました。

でもこの策略のほかにも、重大な問題がsign03

それはチャッピーのバッテリーが切れそうなこと。

人工知能とはいえ、チャッピーは死を恐れていて、どうすれば生き続けられるかを調べていました。

そして意識を別のロボットに移すという結論に達したのです。

私はもう最後はよく分からなくなってしまいました。

詳細は書きませんが、とにかくそれはチャッピーだけの問題ではなくなってしまったからです。

肉体は滅んでも意識は生きられるということが、良いことなのかどうなのか、結論をだすのはむずかしいです(;;;´Д`)

« ファミリーマート ふんわりクリームショコラ | トップページ | 映画「メイズ・ランナー」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/61644421

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「チャッピー」:

« ファミリーマート ふんわりクリームショコラ | トップページ | 映画「メイズ・ランナー」 »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ