« サークルKサンクス プレミアムカスタードシュークリーム | トップページ | サークルKサンクス スフレチーズケーキ リモーネ »

映画「ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス」

H


プレイヤーが最後の一人になるまで殺し合うサバイバルゲームの出場者となった少女の活躍を描き、全世界でメガヒットを記録した人気シリーズ最終章の前編。独裁国家パネムに対抗する組織に加わったカットニスを待ち受ける壮絶な運命を活写。主演のジェニファー・ローレンスをはじめ、フィリップ・シーモア・ホフマン、ドナルド・サザーランドらおなじみの顔ぶれに加え、実力派女優ジュリアン・ムーアが新たに参戦する。

 

歴代勝者を戦わせる記念大会の闘技場からすんでのところで助けられたカットニス(ジェニファー・ローレンス)は、第13地区の地下にあるコイン首相(ジュリアン・ムーア)率いる反乱軍の秘密基地に収容される。そこでは独裁国家パネムを打ち負かし、自由で平等な国家を作り上げるための戦いの準備が着々と進行しており、彼女も反乱軍と一緒に戦うことを決める。しかしスノー大統領(ドナルド・サザーランド)は、人質にしたピータ(ジョシュ・ハッチャーソン)をプロパガンダに使い……。

前回までのハンガーゲームは、カットニス(ジェニファー・ローレンス)が闘技場から救出され、ピータ(ジョシュ・ハッチャーソン)がパネム側の捕虜となったというところで終了でした。

そして今回はファイナルsign01 と言っても、2部構成の前篇。

またまた続くなのです。

物語はというと、救出されたカットニスが連れて行かれた場所は、幻の13地区。

地上ではなく、地下が反乱軍の基地として機能していました。

そしてその反乱軍を率いるのが、コイン首相(ジュリアン・ムーア)。

ここでのカットニスの役目はというと、反乱軍のシンボルとして、全地区の国民たちの士気を高める存在として機能すること。

その役割に決してノリノリではないカットニス。

しかし、スノー大統領(ドナルド・サザーランド)の冷酷な攻撃に、憤り、カメラの前で宣戦布告と言ってもよい、感情のこもった力強い演説をぶちまけます。

それが、カットニスが望む望まないに関わらず、反乱軍の士気を高めるよいCMとなるのです。

今回のレジスタンス編では、政治色が色濃く、戦闘シーンなどはほぼありません。

ただ、今までスノー大統領に従ってきた各地区の国民たちが、完全に反旗を翻しました。

個人的な見どころとしては、やっぱりカットニスの演説と歌うシーンclover

それと捕虜となったピータと、カットニスの妹。

次回の後篇では戦争は避けられないと思うのですが、どのような最期を迎えるのか楽しみに待ちたいと思います。

« サークルKサンクス プレミアムカスタードシュークリーム | トップページ | サークルKサンクス スフレチーズケーキ リモーネ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/61705031

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス」:

« サークルKサンクス プレミアムカスタードシュークリーム | トップページ | サークルKサンクス スフレチーズケーキ リモーネ »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ