« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

映画「トゥモローランド」

T


『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』などのブラッド・バード監督と、名優ジョージ・クルーニーのタッグで放つ話題作。ウォルト・ディズニーが想像した未来を軸に、“トゥモローランド”のことを知っている主人公と17歳の少女が未知の世界への扉を開く姿を描く。共演は『愛する人』などのブリット・ロバートソンやテレビドラマ「Dr.HOUSE」シリーズでおなじみのヒュー・ローリーら。ウォルト・ディズニー社の保管庫で発見された資料を基に創造された世界に息をのむ。

 

17歳のケイシー(ブリット・ロバートソン)が見覚えのないピンバッジに触ると、自分が思い描いた別世界へと入り込んだ。バッテリー切れで現実の世界に戻ってきた彼女の前に、不思議な少女アテナ(ラフィー・キャシディ)が現れる。そしてケイシーにトゥモローランドに戻りたいのなら、フランク(ジョージ・クルーニー)という男性を訪ねるよう助言する。



ちょっと私なりにひねくれた解釈を交えながら簡単に言うと、人類が今いる世界とは違う別世界・トゥモローランド、それは存在していたsign01

そしてそのトゥモローランドへの”ピンバッジ”を手にできるのは、夢見る天才flair

過去には錚々たるメンバーが訪れているらしい。

別の言い方をすると、夢のない現実的な凡人がその”ピンバッジ”を手にするのは絶対無理。

そこでそのピンバッジはどうやって手に入れるのかというと、スカウトのようなものですね。

ここでは、不思議な少女アテナ(ラフィー・キャシディ)が、17歳のケイシー(ブリット・ロバートソン)の荷物にピンバッジを忍ばせます。

そして何も知らないケイシーがそのピンバッジに触れると、目の前に現れたのはトゥモローランドnote

好奇心旺盛なケイシーは興味津々、絶対にトゥモローランドへ行ってやるsign01 という展開となるのです。

なんだか夢いっぱいの展開なのですが、実は人類は滅亡の危機に瀕していました。

その人類滅亡の確率とにらめっこしながらカウントダウンしていたのが、フランク(ジョージ・クルーニー)。

しかし、ケイシーと出会い、彼女が人類滅亡の危機を救ってくれる救世主かもしれないflair という希望を抱くのです。

そして後は、戦って戦って戦ってとなるのですが、個人的にはあまり緊張感は感じられず、どちらかというと、フランクが壮大なスケールの子守りをしているような(;´Д`A ```

子供が鑑賞する分には楽しい作品かもしれませんが、大人には少し物足りないかもしれませんね。

サークルKサンクス スフレチーズケーキ リモーネ

今日ご紹介するのは、ロピア製造のコチラshine

1706151


1706152


1706153


1706155_2


1706154
~クリームチーズや牛乳、卵白を混ぜ合わせて焼き上げたスフレ生地の上に、爽やかなレモンが香るレモンソースを組み合わせました。~


まず上のレモンソースが、待機できずに滴り落ちるほどにとろっとろ。

そしてこの上なくとっても甘酸っぱいnote

それを支えるスフレはというと、触感はふわふわよりもやや固めで、こちらはとっても甘いです。

全体としては、ソースとスフレのバランスが、甘くしたり酸っぱくしたりで、とてもメリハリのあるチーズケーキcatface

コンビニのチーズケーキの味がこんなにバラエティ豊かになっているとは知りませんでした。

小ぶりでちょっと割高感はありますが、個人的には満足できる美味しさでしたhappy01

お値段は280円moneybag カロリーの詳細はコチラdown

1706156_3

 

映画「ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス」

H


プレイヤーが最後の一人になるまで殺し合うサバイバルゲームの出場者となった少女の活躍を描き、全世界でメガヒットを記録した人気シリーズ最終章の前編。独裁国家パネムに対抗する組織に加わったカットニスを待ち受ける壮絶な運命を活写。主演のジェニファー・ローレンスをはじめ、フィリップ・シーモア・ホフマン、ドナルド・サザーランドらおなじみの顔ぶれに加え、実力派女優ジュリアン・ムーアが新たに参戦する。

 

歴代勝者を戦わせる記念大会の闘技場からすんでのところで助けられたカットニス(ジェニファー・ローレンス)は、第13地区の地下にあるコイン首相(ジュリアン・ムーア)率いる反乱軍の秘密基地に収容される。そこでは独裁国家パネムを打ち負かし、自由で平等な国家を作り上げるための戦いの準備が着々と進行しており、彼女も反乱軍と一緒に戦うことを決める。しかしスノー大統領(ドナルド・サザーランド)は、人質にしたピータ(ジョシュ・ハッチャーソン)をプロパガンダに使い……。

前回までのハンガーゲームは、カットニス(ジェニファー・ローレンス)が闘技場から救出され、ピータ(ジョシュ・ハッチャーソン)がパネム側の捕虜となったというところで終了でした。

そして今回はファイナルsign01 と言っても、2部構成の前篇。

またまた続くなのです。

物語はというと、救出されたカットニスが連れて行かれた場所は、幻の13地区。

地上ではなく、地下が反乱軍の基地として機能していました。

そしてその反乱軍を率いるのが、コイン首相(ジュリアン・ムーア)。

ここでのカットニスの役目はというと、反乱軍のシンボルとして、全地区の国民たちの士気を高める存在として機能すること。

その役割に決してノリノリではないカットニス。

しかし、スノー大統領(ドナルド・サザーランド)の冷酷な攻撃に、憤り、カメラの前で宣戦布告と言ってもよい、感情のこもった力強い演説をぶちまけます。

それが、カットニスが望む望まないに関わらず、反乱軍の士気を高めるよいCMとなるのです。

今回のレジスタンス編では、政治色が色濃く、戦闘シーンなどはほぼありません。

ただ、今までスノー大統領に従ってきた各地区の国民たちが、完全に反旗を翻しました。

個人的な見どころとしては、やっぱりカットニスの演説と歌うシーンclover

それと捕虜となったピータと、カットニスの妹。

次回の後篇では戦争は避けられないと思うのですが、どのような最期を迎えるのか楽しみに待ちたいと思います。

サークルKサンクス プレミアムカスタードシュークリーム

今日ご紹介するのはコチラshine

1206151


1206153


1206154


1206155

~しっかりと焼き上げたシュー皮に、銅窯でしっかり炊いたカスタードクリームを入れました。~

底と底を合わせると楕円になりそうなカサの高いシュークリーム。

二つに割ると、その影響を受けてか、クリームも重力には逆らえないようで、上に空洞ができていました。

シュー皮は、パイ生地ほど、固さも味もお腹にもヘヴィではなく、ふにゃふにゃとシワが寄るような柔らかさもない。

非常に軽くこんがりサックリとしていて美味しいですnote

クリームは、卵の味が濃いというわけではないけれど、重力には逆らえないゆるさのなめらかさで、甘めの優しいお味でしたhappy01

お値段は180円moneybag カロリーの詳細はコチラdown

1206155_2

ハートブレッドアンティークの魔法のやきもちドーナツ~ダブルチョコ~

今日ご紹介するのはサークルKサンクスでみつけたコチラshine

0706151


0706153


0706154


0706155
見た目だけでいうならば、テンションの上がらない小ぶりのドーナツ。

しかし早速半分にカットしてみると、リングの中には隠されたチョコがsign03

そしてこのチョコの中にもチョコチップが入っていましたよnote

それからドーナツ生地。

こちらはやきもちという言葉に嘘はなく、モチモチと言う言葉じゃ足りないくらい本当にもっちりとしていました。

極甘なドーナツではないけれど、極甘を求めないチョコが好きならば、満足できるのではないかなぁと思います。

コチラのお値段は162円moneybag カロリーの詳細はコチラdown

0706152

ヤマザキ もち食感わっふるケーキ 小倉&マーガリン

今日ご紹介するのはコチラshine

0406151


0406153


0406154


0406155

~しっとりとしたスポンジに、つぶあんをサンドし、マーガリンを塗った上に、ワッフルをのせました。~

上から、ワッフル、マーガリン、スポンジ、小倉、スポンジというサンドになっています。

まずワッフルですが、確かにもっちりはしているけれど、身体に悪そうな油臭さがちょっと気にります。

スポンジも、わざわざ言うほどしっとりという訳でもなく(;;;´Д`)

一番味が目立っていたのは小倉です。

個人的にはマーガリンが全然足りません。

どうせ高いカロリーなのだからここは思い切ってもっとたっぷりと挟んで欲しい。

マーガリンが足りなかったせいで、小倉を必要以上に甘く感じてしまいました。

ちょっと期待値を上げ過ぎたかなぁ~coldsweats01

コチラは108円で購入moneybag カロリーの詳細はコチラdown

0406152

映画「メイズ・ランナー」

M


アメリカのベストセラー小説を基に、謎の巨大迷路に放り込まれた若者たちが決死の脱出劇に挑むサスペンス大作の第1弾。さまざまな死のトラップが仕掛けられ、どんどん変化していく巨大な迷路(メイズ)を、知力・体力を駆使して駆け抜ける若者たちの運命、そして迷路に隠された秘密が描かれる。キャストには、『インターンシップ』のディラン・オブライエン、『17歳のエンディングノート』などのカヤ・スコデラーリオらがそろう。

 

そびえ立つ壁や毎晩変化する構造を持つ謎の巨大迷路に月に1度、自分の名前以外何も覚えていないランナーが送り込まれてくる。やがて団結し始めた彼らは迷路の仕組みを調査し脱出法を見いだそうとするが、迷路の扉が閉まる夜までに帰還しないと命の保証はない。生き残りを懸け巨大迷路に隠された謎を解き明かそうとするランナーたちの運命は……。


3部作シリーズの第1章ということなんだけれど、観ている私が迷路に迷い込みましたcoldsweats01

最初からわからないことが多すぎる!

どうして月に一度若者がコンテナで送られてくるのか?

そしてどうしてその若者は自分の名前以外何も思い出せないのか?

そもそもそれが始まったのは、3年前らしい。

それ以来、送られてきた若者たちは、グルッと迷路に囲まれたこのエリアで生活を続けているのだ。

もちろん、迷路の外に出ようと、ランナーと呼ばれる若者たちが、日々、迷路を駆け回るのだが、収穫はなし。

それにこの迷路には、巨大なクモ×サソリのような化け物がいて、夜になると徘徊するのだ。

そしてその間は、迷路の入り口は固く閉ざされ、誰も迷路の中へ入ることはない。

しかし、新しく送られてきたトーマス(ディラン・オブライエン)が、夜の迷路に飛び込んだあたりから、物語が大きく動き出すのです。

けれど、謎が解けるわけではありません。

最後の最後の方で、なぜ彼らがこんな目にsign01 という一端だけは見えますが、それを鵜呑みにしても良いのかどうかもわかりません。

ただ、彼らには前に進むという選択肢しかないことだけは確かなようです。

幸い、続編は今秋公開予定とのこと。

記憶が薄れすぎる前に早く観たいものですhappy01

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ