« サークルKサンクス スフレチーズケーキ リモーネ | トップページ | サークルKサンクス オールドファッションドーナツ(ブラック) »

映画「トゥモローランド」

T


『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』などのブラッド・バード監督と、名優ジョージ・クルーニーのタッグで放つ話題作。ウォルト・ディズニーが想像した未来を軸に、“トゥモローランド”のことを知っている主人公と17歳の少女が未知の世界への扉を開く姿を描く。共演は『愛する人』などのブリット・ロバートソンやテレビドラマ「Dr.HOUSE」シリーズでおなじみのヒュー・ローリーら。ウォルト・ディズニー社の保管庫で発見された資料を基に創造された世界に息をのむ。

 

17歳のケイシー(ブリット・ロバートソン)が見覚えのないピンバッジに触ると、自分が思い描いた別世界へと入り込んだ。バッテリー切れで現実の世界に戻ってきた彼女の前に、不思議な少女アテナ(ラフィー・キャシディ)が現れる。そしてケイシーにトゥモローランドに戻りたいのなら、フランク(ジョージ・クルーニー)という男性を訪ねるよう助言する。



ちょっと私なりにひねくれた解釈を交えながら簡単に言うと、人類が今いる世界とは違う別世界・トゥモローランド、それは存在していたsign01

そしてそのトゥモローランドへの”ピンバッジ”を手にできるのは、夢見る天才flair

過去には錚々たるメンバーが訪れているらしい。

別の言い方をすると、夢のない現実的な凡人がその”ピンバッジ”を手にするのは絶対無理。

そこでそのピンバッジはどうやって手に入れるのかというと、スカウトのようなものですね。

ここでは、不思議な少女アテナ(ラフィー・キャシディ)が、17歳のケイシー(ブリット・ロバートソン)の荷物にピンバッジを忍ばせます。

そして何も知らないケイシーがそのピンバッジに触れると、目の前に現れたのはトゥモローランドnote

好奇心旺盛なケイシーは興味津々、絶対にトゥモローランドへ行ってやるsign01 という展開となるのです。

なんだか夢いっぱいの展開なのですが、実は人類は滅亡の危機に瀕していました。

その人類滅亡の確率とにらめっこしながらカウントダウンしていたのが、フランク(ジョージ・クルーニー)。

しかし、ケイシーと出会い、彼女が人類滅亡の危機を救ってくれる救世主かもしれないflair という希望を抱くのです。

そして後は、戦って戦って戦ってとなるのですが、個人的にはあまり緊張感は感じられず、どちらかというと、フランクが壮大なスケールの子守りをしているような(;´Д`A ```

子供が鑑賞する分には楽しい作品かもしれませんが、大人には少し物足りないかもしれませんね。

« サークルKサンクス スフレチーズケーキ リモーネ | トップページ | サークルKサンクス オールドファッションドーナツ(ブラック) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/61768818

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「トゥモローランド」:

« サークルKサンクス スフレチーズケーキ リモーネ | トップページ | サークルKサンクス オールドファッションドーナツ(ブラック) »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ