« サークルKサンクス オールドファッションドーナツ(ブラック) | トップページ | オイシス プリンをのせたホイップケーキ »

映画「予告犯」

Y

「ジャンプ改」で2011年から2013年にかけて連載されて人気を博した筒井哲也のコミックを実写化したサスペンス。法では裁けぬ悪や罪をネット上で暴露し、その対象への制裁を予告しては実行する謎の予告犯シンブンシとエリート捜査官の攻防が展開する。監督は『ゴールデンスランバー』、『白ゆき姫殺人事件』などの中村義洋。『脳男』などの生田斗真が、新聞紙製の頭巾を被った異様な主人公を怪演、その脇を戸田恵梨香、鈴木亮平、濱田岳、荒川良々ら実力派が固める。息詰まるタッチに加え、社会のさまざまな闇に光を当てる硬派な視点にも注目。

インターネット上に、新聞紙製の頭巾にTシャツの男(生田斗真)が登場する動画が投稿され始める。彼は動画の中で、集団食中毒を起こしながらも誠意を見せない食品加工会社への放火を予告する。警視庁サイバー犯罪対策課の捜査官・吉野絵里香(戸田恵梨香)が捜査に着手するが、彼の予告通りに食品加工会社の工場に火が放たれる。それを契機に、予告犯=シンブンシによる予告動画の投稿とその内容の実行が繰り返される。やがて模倣犯が出没し、政治家殺害予告までもが飛び出すようになる。


予告犯というタイトル通り、あらかじめネットで犯行を予告し、そして実行する。

仲間は4人、彼らが犯行を行ったのは、いずれも同情を得られないような人たちばかり。

一見、正義の味方のように見えなくもない。

しかし彼らには別の目的がsign01

そこに立ちはだかるのが、サイバー犯罪対策課の吉野絵里香(戸田恵梨香)。

彼女が犯人と思しき男(生田斗真)を追跡する様子は、かなりしつこくて、彼女のまっすぐさをを表しているようでした。

けれどもちろんこんなところで捕まったりはしません。

だって目的はまだ達成されていませんから。

それに彼らはある意味、強い絆で結ばれていたのです。


始まりは一見、社会に対するメッセージのように思えましたが、物語が進むにつれてそれは間違いであることに気付かされます。

4人の予告犯たちの出会い、共有する想い。

人の心は絶えず動きます。

どの方向にどんな速度で動くかはわかりません。

大きく振れて、小さな想いを叶えようとすることだって不思議ではありません。

そのために払う犠牲があることも。


映画の中の4人は、タイプは違いますが、非常にバランスが良く、とても自然体でした。

個人的にツボだったのは、メタボ(荒川良々)の「は~い、了解で~す」って言葉。

実は私の苦手な言葉です。なんだか好きになれないんですよねぇ~。


最後、予告犯たちは自分たちで幕引きを予告するのですが、どうなるかは映画をみてのお楽しみということでpaper

« サークルKサンクス オールドファッションドーナツ(ブラック) | トップページ | オイシス プリンをのせたホイップケーキ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/61847283

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「予告犯」:

« サークルKサンクス オールドファッションドーナツ(ブラック) | トップページ | オイシス プリンをのせたホイップケーキ »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ