« ジェーン・スー「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題」 | トップページ | 映画「パディントン」 »

映画「ブリッジ・オブ・スパイ」

B


アメリカとソ連の冷戦のさなか、保険関連の敏腕弁護士ドノヴァン(トム・ハンクス)は、ソ連のスパイであるアベル(マーク・ライランス)の弁護を引き受ける。その後ドノヴァンの弁護により、アベルは死刑を免れ懲役刑となった。5年後、アメリカがソ連に送り込んだ偵察機が撃墜され、乗組員が捕獲される。ジェームズは、CIAから自分が弁護したアベルとアメリカ人乗組員のパワーズ(オースティン・ストウェル)の交換という任務を任され……。


コチラは東西冷戦時代の実話を基に描かれた作品。

国選弁護人として、ソ連のスパイ・アベル(マーク・ライランス)の弁護を引き受けることになった弁護士ドノヴァン(トム・ハンクス)。

十分な準備期間もないまま裁判は始まり、陪審員が下した結論は当然のごとく有罪。

しかしここからドノヴァンの巧みな話術によって、アベルは死刑を免れます。

それは、もしも自国のスパイが敵国に捕まった時の交換要員として、アベルが必要になる時が来るかもしれない、だからアベルのことを保険として生かしておくのだと。

そして後半、その時はやってくるのです。


映画は穏やかだと言ってもいいくらい静かに始まります。

それはスパイであるアベルの佇まいのせいかもしれません。

筋骨隆々なわけでもなく、殺気立っているわけでもない、どちらかというと草臥れた中年男性。

スパイであることに間違いはないけれど、けれど、彼が日常をどんな風に過ごしていたのかを想像せずにはいられませんでした。

きっと日常にごく自然に溶け込んでいたのだろうなぁと。

一方、彼を弁護することになったドノヴァン。

彼はアベルをスパイではなく、一人の人として接し、そして法で守ろうとします。

そのせいで、家族も危険な目に遭ってしまいました。

それから月日が流れて後半、ドノヴァンの元に、ソ連との人質交換の交渉役の依頼が来るのです。

交渉場所は寒々とした冬の東ドイツ。

そこでは着々とベルリンの壁が積み上げられ、人々の混乱する様子なども描かれていました。

そしてそれをドノヴァンはたった一人で見ていました。

無事に帰れる保証もなく、誰も守ってはくれない状況の中、たった一人で東ドイツに乗り込み、自分の信念を貫き交渉を終えたのです。

私には世界が違いすぎてよく判らないけれど、本当のところ、どういう心境なんでしょうね。

想像すらできませんでした。

ただ、私なら二度とこの寒い地には行きたくない!と思わせてくれる映像でした。

« ジェーン・スー「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題」 | トップページ | 映画「パディントン」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/63032498

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ブリッジ・オブ・スパイ」:

« ジェーン・スー「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題」 | トップページ | 映画「パディントン」 »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ