« 映画「パディントン」 | トップページ | 映画「オデッセイ」 »

映画「ブラック・スキャンダル」

B1


1970年代、サウスボストン。アイリッシュ・マフィアのボスとして同地一帯を牛耳るジェームズ・“ホワイティ”・バルジャー(ジョニー・デップ)に、FBI捜査官のジョン・コナリー(ジョエル・エドガートン)が接触を図ってくる。彼はFBIと手を組んでイタリア系マフィアを駆逐しようとホワイティに持ち掛け、密約を交わすことに成功。両者の連携によってイタリア系マフィアの勢力は弱まるが、その一方でホワイティは絶大な権力を持つようになる。



奇跡体験!アンビリバボーが好みそうな、ギャング・FBI・政治家が揃う実話に基づいた物語。

ギャングの兄に、政治家の弟、その友達のFBI。

明らかに手を結んじゃいけないトライアングル。

けれどギャングの兄とFBIがタッグを組んでしまいました。

どちらも互いを利用するつもり。

しかしギャングの方が上手のようで、FBIは溺れる一方。

政治家の弟は、兄とは強い絆で結ばれているものの、兄の稼業とは関わりはなしsign02

少なくとも映画ではそう見えたんだけれど、本当のところはどうなんだろう?

不器用な兄と、世間と折り合いをつけその役を見事に演じきることの出来る弟。

私にはそう見えました。

兄から私が感じ取ったのは、激しい怒りと孤独。

裏切り者を許さないのは、見せしめなのか、それとも人を信じたいという気持ちが強いからなのか?

躊躇なく殺人まで犯してしまう彼を、悪人と呼ぶのは簡単だけれども、そう呼んでしまうのは私としてはスッキリしない。

彼に最も近かった人たちは、彼が怖いからではなく、彼を許しているからこそ側にいたのかも知れない、なんてことまで妄想してしまう。

あくまで映画をみての感想ですが・・・

キレる兄・ジョニー・デップ、有権者に陽気に振る舞う弟・ベネディクト・カンバーバッチ、堕ちていくFBI・ジョエル・エドガートン、3人とも見事に役にハマっていました。

« 映画「パディントン」 | トップページ | 映画「オデッセイ」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/63176677

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ブラック・スキャンダル」:

« 映画「パディントン」 | トップページ | 映画「オデッセイ」 »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ