« 2016年3月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

ウェントワース女子刑務所が面白い!

huluで配信中のコチラのドラマ

W1

現在シーズン2まで配信されていて、シーズン3は毎週1話づつ配信中sign01

これがとにかく面白いhappy02

軽くネタバレも含んじゃうけど、内容はというと、DV夫の殺害未遂容疑で収監されたビー。

彼女が好むと好まざるにかかわらず、まわりは放ってはおいてはくれません。

そう、女子刑務所の中はフランキーとジャックスの2大派閥によって一触即発状態sign01

そこへ看守も絡んでくるからさあ大変。

そしてとうとう事件がsign03

囚人たちの暴動がおき、そのどさくさにまぎれて看守長のメグが殺害されてしまうshock

犯人はいったい誰なの?

メグの夫で看守でもあるジャクソンが犯人探しに躍起になるけれど、真実はなかなか見えてこず。

そしてビーはというと、ジャックスに目をつけられ、16歳の娘・デビーに危害を加えると脅される。

それが脅しじゃ済まないんだよね。

ジャックスは自分の息子にデビーを誘惑させ、クスリの過剰摂取でデビーは死亡shock

その真実を知ったビーは、ジャックスの挑発もあり、カッとなってまさに蜂の一刺しでジャックスに報復を果たすのです。

ここまでがシーズン1のお話。

見どころは他にもたくさんありますよ。

個性的な看守に囚人、メグの代わりに看守長に抜擢されたエリカなどなど。

自分の欲望を満たすために突っ走るか、それともその巻き添えを食らうかsign02

とにかく優しくないドラマ。

見始めると止まらなくなってしまい、シーズン2もあっという間に鑑賞終了。

そして今はシーズン3の次の配信を毎週待っている状態ですcoldsweats01

世間の評価はフランキー人気が高いようだけれど、私は断然ビーが好き。

早く続きが観たいよぉhappy02

映画「デッドプール」

D_2

マーベルコミック原作の人気作「X-MEN」シリーズのスピンオフで、「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」に登場した異色のヒーロー、デッドプールを主役に描くアクションエンタテインメント。好き勝手に悪い奴らをこらしめ、金を稼ぐヒーロー気取りな生活を送っていた元傭兵のウェイド・ウイルソンは、恋人ヴァネッサとも結婚を決意し、幸せの絶頂にいた矢先、ガンで余命宣告を受ける。謎の組織からガンを治せると誘われたウェイドは、そこで壮絶な人体実験を受け、驚異的な驚異的な治癒能力と不死の肉体を得るが、醜い身体に変えられてしまう。ウェイドは、赤いコスチュームを身にまとった「デッドプール」となり、人体実験を施したエイジャックスの行方を追う。「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」でも同役を演じたライアン・レイノルズが、毒舌家で自己中心的という型破りなアンチヒーローのデッドプールに扮した。全米ではR指定作品として記録的な大ヒットを飛ばした。監督は、視覚効果分野出身で今作が初長編作となるティム・ミラー。



若干お茶目なポスターだけれど、現実では迷いなく敵に死をプレゼント。

かなりのマシンガントークで、用無しには躊躇なくバーンッshock

赤いコスチュームは、血が出ても目立たないからという合理的理由から。

そしてとにかく不死身だから撃たれて穴が開いても塞がっちゃうし、手を切り落としてもニョキニョキッと生えてきちゃう。ただしそこは小っちゃい手から。それに手を切り落とそうとした際は、トーク力を活かしての映画の引用も忘れない。

本当によく喋るヒーローsign02 なのだ。

なぜ彼がデッドプールになったのか?

それは彼が敵と戦いながら、正しくは、彼が彼の個人的復讐を果たすために追っている敵と戦いながら時々挟まれる回想で明らかになる。

簡単に言っちゃうと、彼が運命の女性と出会い、幸せの絶頂にいる最中、末期がんを宣告され、そこに都合よく現れた男の「病気を治してあげるよ」という甘言に乗っちゃったのが始まり。

確かに、病気は治った、というか不死身の身体を手に入れちゃった訳だけれど、副作用として全身がケロイド状になってしまうのね。

そもそも、愛する彼女と一緒にいるために受けた人体実験だったのに、これじゃあ彼女の前に顔も出せないじゃないかぁーーーsign03 と怒り心頭。

そこでもう一度彼女に会うために、元の姿に戻る為に、あくまで個人的要件で敵と戦っているのです。

その他にも回想でわかったことは、デッドプールはいきなり喋るようになった訳でもなく、いきなり暴力的になったわけでもなく、元々そういう要素があったということ。

世界の平和を守るために戦うヒーローではないけれど、観ている限りは正義感は、まぁあるんじゃないの、くらいですね。

理論武装で正義を説くタイプではないけれど、目の前の悪事に対しては知らんぷりは出来ないだろうなぁ、たぶん(^-^;

« 2016年3月 | トップページ | 2016年7月 »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ