« 映画「告白」 | トップページ | 定番商品にして欲しい 森永 チーズ&ペッパーサブレ »

映画「ジェイソン・ボーン」

J

記憶を失った暗殺者ジェイソン・ボーンの孤独な戦いを描くスパイアクションシリーズの第5作。シリーズ第2作、第3作を手掛けたポール・グリーングラス監督と主演のマット・デイモンが再びタッグを組み、自身の隠された過去の秘密をめぐり、ボーンが新たな戦いに身を投じるさまが展開する。CIAの元同僚役でジュリア・スタイルズが続投するほか、オスカー女優アリシア・ヴィキャンデル、『トランス』などのヴァンサン・カッセル、ベテランのトミー・リー・ジョーンズらが出演。


ひっそりと暮らしていたジェイソン・ボーン(マット・デイモン)の前に、CIAの同僚だったニッキー(ジュリア・スタイルズ)が姿を現す。彼女はCIAが世界中を監視・操作するための極秘プログラムを立ち上げたことと、ボーンの過去にまつわるある真実を告げる。これをきっかけに、再び動き始めたボーンの追跡を任されたCIAエージェントのリー(アリシア・ヴィキャンデル)は、彼を組織に取り込もうとするが……。




前作までで記憶を取り戻したボーン。

今作では、ボーンが知りえなかった事実が明らかにされます。

そしてそれは誰の手によってもたらされたかというと、元CIAの同僚・ニッキーです。

せっかくひっそりと、しかしながら無敵っぷりは健在で生活していたボーンの前に突然彼女が現れたのです。

しかもとんでもない情報を手に入れて現れたのだから、CIAはボーンにロックオン!

何が何でもボーンを抹殺したいデューイ長官(トミー・リー・ジョーンズ)と、ボーンをCIAに復帰させようと目論む女性エージェントのリー(アリシア・ヴィキャンデル)。

この二人にも注目です。


そして9年ぶりのボーンはというと、相変わらず賢い!

人込みにまぎれながら逃げ落ちていく姿なんかは、以前と同じでした。

もちろん無敵っぷりも変わりません。

かなりのダメージを受けたりするんだけれど、なんでだろう? 負ける気だけは絶対にしないんですよね。

後半のラスベガスでのカーチェイスなんて、追う方も追われる方も、はっきりいって人の領分を超えていて、思わずターミネーター2??? って言いたくなるくらいの立ち上がりっぷり。

観ているほうも気を抜く暇がありませんでした。


それから最後、上手く立ち回ったつもりのリーが、私賢いのよ、フフフン♪みたいになってるんだけれど、やっぱりボーンの方が上手で賢くてとってもスッキリ( ̄ー ̄)ニヤリ

あの頭脳があるからこそボーンは無敵でいられるんですね。

待たされすぎてどうかなぁとちょっと心配していたのですが、面白かったですnote

« 映画「告白」 | トップページ | 定番商品にして欲しい 森永 チーズ&ペッパーサブレ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/64350803

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ジェイソン・ボーン」:

« 映画「告白」 | トップページ | 定番商品にして欲しい 森永 チーズ&ペッパーサブレ »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ