« DVDと本のあんしん買取を利用してみた! | トップページ | 映画「告白」 »

映画「ハドソン川の奇跡」

H


俳優としても監督としても著名なクリント・イーストウッド監督と、名優トム・ハンクスがタッグを組んだ人間ドラマ。2009年1月15日、突然の全エンジン停止という危機に見舞われながらも、ハドソン川に不時着して乗客全員が生還した航空機事故のてん末に迫る。『サンキュー・スモーキング』などのアーロン・エッカートらが共演。機長の手記を基に描かれる、奇跡の脱出劇の背後に隠された真実に言葉を失う。

2009年1月15日、真冬のニューヨークで、安全第一がモットーのベテラン操縦士サレンバーガー機長(トム・ハンクス)は、いつものように操縦席へ向かう。飛行機は無事に離陸したものの、マンハッタンの上空わずか850メートルという低空地点で急にエンジンが停止してしまう。このまま墜落すれば、乗客はおろか、ニューヨーク市民にも甚大な被害が及ぶ状況で彼が下した決断は、ハドソン川への着水だった。



この映画は2009年に起きた実話に基づく物語。


- 155人の命を救い、容疑者になった男。 -

なんて言葉を聞いて、アルコール?ドラッグ?と、正直下世話な想像をしてしまった私。

でも事実は全く違う。

争点は、ハドソン川への着水という判断が正しかったのかどうか?ということ。

機長は、それ以外に助かる方法はなかったと断言する。

しかし、事故調査委員会は、シミュレーションをもとに、他の空港に着陸する余地があったという。

果たして本当にそうなのか?


映画では、鳥の群れが激突し、両エンジンが停止する様、その後の機長の判断とその指示に従う副機長の仕事ぶり、そして機内がどんな様子だったのかが描かれています。

208秒という時間の中で選択し、行動した結果。

派手すぎることもなく、地味だとも感じさせない演出でした。


そして、最後の事故調査委員会で、ボイスレコーダーを聴いた機長が、副機長に言った一言が、”誇らしい”という言葉。

これ以上に嬉しい言葉ってないなぁ、と私は思いました。

« DVDと本のあんしん買取を利用してみた! | トップページ | 映画「告白」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/64287368

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ハドソン川の奇跡」:

« DVDと本のあんしん買取を利用してみた! | トップページ | 映画「告白」 »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ