« 映画「ハドソン川の奇跡」 | トップページ | 映画「ジェイソン・ボーン」 »

映画「告白」

K


2009年本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラー小説を原作に、教え子にまな娘を殺された中学校教師の復讐(ふくしゅう)を描くミステリー。『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督がメガホンを取り、事件にかかわった関係者たちの告白によって真相が明らかになっていく緊張感あふれるドラマを作り上げた。『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』の松たか子がヒロインの狂気を体現するほか、『キラー・ヴァージンロード』の木村佳乃、『重力ピエロ』の岡田将生らが共演する。

とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的な告白から物語は始まっていく……。




告白というよりは、告発で始まったと思う。

誰が娘を殺したのかを知りながら、敢えて名前を口にせず、AとBとしか言わない教師。

けれど、AとBが誰かは明明白白。

クラスのみんなが正解にたどり着いている。


教師はどうしてこんな告白をしたのか?

まずは復讐のための最初のステップ?

それとも本当に命の大切さをきちんと理解してほしいから?

私はどちらも違うと思う。


だって彼女は、何をどうすれば人が一番のダメージを負うかをわかっていたから。

二度とその膝が立ち上がらないように、二度と悲劇が起きないように。

闇を闇で封じた。

そんな印象でした。


彼女の復讐は、ある種の爽快感があるかもしれない。

それは誰もが心に持っている闇に潜む願望であるけれど、口にするにはためらわれてしまう。

いいのか悪いのか大抵の人には理性があって、他人と同じであろうとする。

けれど彼女は違っていた。

恐ろしく冷静で、それをやってのけてしまった。

まぁ、最後のBOMbomb は、未遂なのか完遂なのかわからないところですが。


復讐劇というには、やっぱり違う気がして、上手くは言えないですが、どちらかというと便所の落書き。

それもちょっと目を留めた瞬間に完全に引き込まれてしまう。

性質が悪いものかもしれませんね。

« 映画「ハドソン川の奇跡」 | トップページ | 映画「ジェイソン・ボーン」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/64295007

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「告白」:

« 映画「ハドソン川の奇跡」 | トップページ | 映画「ジェイソン・ボーン」 »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ