« ヤマザキ 期間限定 シューロールケーキ レアチーズとちおとめ苺ジャム | トップページ | ヤマザキ 期間限定 宇治抹茶ロール 小倉ホイップ »

映画「LOGAN ローガン」

R

「X-MEN」シリーズを代表するキャラクターで、ヒュー・ジャックマンが演じるウルヴァリン/ローガンを主役に描く「ウルヴァリン」シリーズ第3作。不死身の治癒能力が失われつつあるウルヴァリンことローガンが、絶滅の危機にあるミュータントの希望となる少女を守るため、命をかけた壮絶な最後の戦いに身を投じる様を描く。ミュータントの大半が死滅した2029年。長年の激闘で疲弊し、生きる目的も失ったローガンは、アメリカとメキシコの国境付近で雇われリムジン運転手として働き、老衰したプロフェッサーXことチャールズ・エグゼビアを匿いながら、ひっそりと暮らしていた。そんなある日、ローガンの前にガブリエラと名乗る女性が現れ、ローラという謎めいた少女をノースダコタまで連れて行ってほしいと頼む。組織に追われているローラを図らずも保護することになったローガンは、チャールズを伴い3人で逃避行を繰り広げることになるのだが……。監督は、シリーズ前作「ウルヴァリン:SAMURAI」も手がけたジェームズ・マンゴールド。プロフェッサーX役のパトリック・スチュワート、物語の鍵を握る少女ローラ役の新星ダフネ・キーンが共演。


結論からいうと、ウルヴァリンことローガンの晩年を描いた作品。

そしてその晩年はローラという少女と接点を持ったことで、竜巻に飲まれてしまったかのように壮絶な最後を遂げることになるのです。

ウルヴァリンと言えば、治癒能力があり、不老不死、年も取らない、というイメージでしたが、完全に覆されました。

そういえば、前作のサムライ編でも、治癒能力を奪われ大ピンチという事態に陥ってしまってましたね。

でも今回は完全に終わりを遂げるのです。

年老いたローガンは、リムジンの運転手をしながら生計を立てているのですが、一方で、プロフェッサーXことチャールズを匿っていました。

もう介護の世界です。

そして、チャールズの介護には問題があって、チャールズが発作を起こすと周りにいる人たちが、多大なダメージを受けとても危険な状態に陥るのです。

なのにチャールズったらお薬飲むのを嫌がるんですよsign01

本当にわがままなんだから。

けれど、新たなミュータントの出現を預言していました。

ローラという少女です。

この少女の素性はというと、ある企業の研究施設で作られた、ミュータントだったのです。

しかも強力な兵器としてね。

それもローラだけでなく他にも子供たちがいたのです。

そして実験が終わったので、子供たちを殺そうとするんだけれど、職員が何名かを逃がしたので、ローラを殺そうと執拗に追手が迫りくるのです。

この作品はR15+なんだけれど、この作品を作っているのは、R15の少年少女たちでもあるんですよね。

ローラはこの上なく乱暴で容赦なく迷いなく、危害を加えようとするものを殺します。

しかもかなり残忍。

でもローラが悪いわけではないのです。

それに、ローガンとチャールズと3人で逃亡の旅をしているわずかな時間の中で、精神的な変化を見て取れることができました。

話をローガンに戻しますが、この逃亡の旅の途中で、ローガンはチャールズを失います。

それは、追手が送り込んだ若かりし日のローガンにそっくりなX-24と呼ばれる男の手によって。

そしてそのX-24の手によってローガンも命を落とすことになるのです。

ウルヴァリンの命を奪ったのはウルヴァリンという訳です。

もう見てる方としては釈然としませんが、納得するしかないんですかね?

でも、老衰で穏やかにっていうのはもっと納得できないだろうし、そう考えると他の誰でもないもう一人のウルヴァリンに殺されるというのは、いちばんローガンらしい最後なのかもしれません。

逃げ延びることができた少年少女たち、今後はどんな人生が待っているんでしょうね。

« ヤマザキ 期間限定 シューロールケーキ レアチーズとちおとめ苺ジャム | トップページ | ヤマザキ 期間限定 宇治抹茶ロール 小倉ホイップ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/65363056

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「LOGAN ローガン」:

« ヤマザキ 期間限定 シューロールケーキ レアチーズとちおとめ苺ジャム | トップページ | ヤマザキ 期間限定 宇治抹茶ロール 小倉ホイップ »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ