« ヤマザキ 関西限定 クッキードームシュー 淡路島産牛乳入りホイップカスタード  | トップページ | ローソン 関西限定 パイシュー ホイップ&カスタード »

映画「キング・アーサー」

A_2


「シャーロック・ホームズ」「コードネーム U.N.C.L.E.」のガイ・リッチー監督が、中世から語り継がれているアーサー王伝説をモチーフに手がけたソードアクションエンタテインメント。王の子でありながら路地裏のスラムで育った貧しい青年アーサーが、伝説の聖剣エクスカリバーを手にし、救世主として語り継がれる存在へと成長していく姿を描いた。主人公アーサーに「パシフィック・リム」のチャーリー・ハナムが扮し、アーサーの親の敵(かたき)でもあり、魔術を駆使する非道で凶悪な暴君ヴォーティガンをジュード・ロウが演じる。そのほか、「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉」のアストリッド・ベルジェ=フリスベ、「トロイ」「ミュンヘン」のエリック・バナらが共演。


この映画は、アーサーが父の敵の叔父の暴君・ヴォーティガンを倒し、王の座に就くまでが描かれているんだけれど、これがまるでダークファンタジーのよう。

冒頭から、それはアリなのか?ってくらいの超巨大な象が、暴れまくり壊しまくりの大がかりなバトルで始まって、ラストまでほぼ闘ったり逃げたりという展開。

その展開の仕方が、まるでジェットコースターのようなスピードで、たまにちょっとだけ観覧車に乗っているって感じです。

それは少年だったアーサーが青年に成長するまでを、時間をかけずにどんな風に育ったのかが一瞬でわかるような演出だったり、聖剣エクスカリバーを握った時に記憶が呼び起こされる様だったり・・・

そしてアーサー王伝説といえば、マーリンですが、今回はマーリンは出てこず、代わりにマーリンの使いの女性の魔術師が登場します。

彼女は動物を操るのが得意のようで、動物を使ってアーサー達をサポートするのです。

最初アーサーはヴォーティガンを倒す気なんてさらさらなかったんだけれど、もし、自分がヴォーティガンを倒さなかった場合の未来を見てすぐに心変わり。

いざ、ヴォーティガン討ちへ。

そして、ヴォーティガンと一騎打ち。

エクスカリバーを握ったアーサーは、父との最期の記憶をすべて思い出すのです。

今回ジュードロウが、暴君・ヴォーティガンを演じたのですが、こういう役がよく合いますよね。

兄を殺害し、王の座についたものの、真の王の出現を恐れるという気の弱さ。

私は嫌な役をする時のジュードロウ、結構好きです。

そういえばベッカムもチョロッと出てましたね。

そして最後、ヴォーティガンを無事に討ち取り王の座についたアーサー。

仲間たちの前で円卓をお披露目して終了です。

とにかく展開が速いので、油断していると置いて行かれそう。

重厚な感じでは全くなく、まるでゲームの世界に入り込んだような作品でした。

« ヤマザキ 関西限定 クッキードームシュー 淡路島産牛乳入りホイップカスタード  | トップページ | ローソン 関西限定 パイシュー ホイップ&カスタード »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/65449291

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「キング・アーサー」:

« ヤマザキ 関西限定 クッキードームシュー 淡路島産牛乳入りホイップカスタード  | トップページ | ローソン 関西限定 パイシュー ホイップ&カスタード »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ