« ヤマザキ チーズ&チーズ | トップページ | ローソンストア100 ソフトクリーム風シュークリーム »

映画「パトリオット・デイ」

Photo_3

2013年4月15日。アメリカ独立戦争開戦を記念して毎年開催されるボストンマラソンで、ギャラリーの歓声を受けながら多くのランナーが疾走していた。そしてすさまじい爆発音がとどろき、煙が吹き上がる。街がパニックに包まれる中、FBIは爆発をテロと断定。ボストン警察のトミー(マーク・ウォールバーグ)は、捜査の指揮を執る捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)らFBIとぶつかり合いながらも共に犯人を追う。やがて、黒い帽子の男と白い帽子の男の存在が捜査線上に浮かび……。        



2013年に発生した、ボストンマラソンを標的にした爆弾テロを題材にした実録サスペンス。

テロ事件を題材にした映像は、テレビでも何度か見たことがあったけれど、この映画は違っていました。

テロ事件が起きるということは、こういう事なんだな、というのを見せてもらえました。

現場保全というのが、時に残酷なこと。

地道な監視カメラのチェック、事件の被害者への聞き込み。

情報公開をするべきか、それとも伏せるべきかの状況判断。

街に住む住民たちへの外出禁止令。

テロが起きた街は人々が消えるんだということを見せてくれました。

映画の中では、当時の映像も使われていて、より緊迫感を高めています。

テロが起きてから逮捕までの102時間という時間の中で起こった出来事。

それは捜査する側だけではなく、犯人側が何をしたかということも。

正直、どうしてこんな事が出来るんだろう?という疑問しかありません。

どうしてこんなにまで感化され、実行に移せてしまうんだろう?

考えても答えはでません。

その一方で、被害に遭われた方々の強さをとても美しく感じました。

生き残った犯人には現状、死刑判決が下されているようですが、死刑が本当に一番重い償いの方法なのかどうかも疑問です。

被害に遭うのはいつも無警戒の一般人たち。

どんな理由があろうとも、正当化できる要素はひとつもないですね。

« ヤマザキ チーズ&チーズ | トップページ | ローソンストア100 ソフトクリーム風シュークリーム »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/65392473

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「パトリオット・デイ」:

« ヤマザキ チーズ&チーズ | トップページ | ローソンストア100 ソフトクリーム風シュークリーム »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ