« 白バラ コーヒーロール | トップページ | セブンイレブン 焼きチョコデニッシュ »

映画「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」

20170728

トム・クルーズが主演を務め、「ハムナプトラ 失われた砂漠の都」でもリブートされた1932年のホラー映画「ミイラ再生」を新たに生まれ変わらせたアクションアドベンチャー。2000年の眠りから目覚め人類への復讐を開始した古代エジプトの王女と、飛行機事故による死からよみがえり世界を救うべく立ち上がった男の戦いを描く。古代エジプトの王女アマネットは次期女王になる約束を裏切られた怒りから闇に堕ち、生きたまま石棺に封印されてしまう。それから2000年後、中東の戦闘地帯で石棺が発見される。発掘に立ち会った米軍関係者ニックは、考古学者のジェニーらとともに輸送機で石棺をイギリスに運ぼうとするが、その途中でトラブルが発生。ジェニーは脱出したものの、ニックを乗せた輸送機はロンドン郊外に墜落し、石棺が行方不明になってしまう。強大な敵に立ち向かう主人公をクルーズが演じるほか、王女アマネット役を「キングスマン」のソフィア・ブテラ、物語の鍵を握るジキル博士役を「グラディエーター」のラッセル・クロウ、主人公と行動を共にする考古学者ジェニー役を「アナベル 死霊館の人形」のアナベル・ウォーリスがそれぞれ演じる。監督は「M:i:III」「トランスフォーマー」シリーズの脚本を手掛けたアレックス・カーツマン。


今回の映画は、モンスター映画をリメイクしたダーク・ユニバースシリーズの第一弾sign01

古代エジプトの女王アマネットが、生きたままミイラにされ石棺に封印されていたのだけれど、その封印が解け復活、当時成し遂げられなかったことを成し遂げようとするお話。


米軍の偵察隊であるニック・モートンとクリス・ヴェイルは、ちょっと素行が良くなくて、偵察を逸脱してお宝探しへ。

そこで派手なひと悶着があり、古代の石棺を発見する。

その石棺の主が王女アマネットなんだけれど、ニックがその封印を解いたことで王女アマネットに選ばれてしまい最後は・・・


全ては王女アマネットの封印が解けたことから始まるんだけれど、黙ってこれを見過ごすはずもなく、プロディジウムというモンスター研究所みたいな秘密の組織が出てきます。

その組織を率いるのがラッセル・クロウ演じるジキル博士(その中にはもちろん別人格のハイド氏がいます)

どうやらこの秘密組織がダーク・ユニバースシリーズを繋いでいるみたいですね。


内容はさておき、映像は美しくもあり、気味悪くもあり、ロンドンの街が破壊される様子は、粉々に砕かれるているようで、どこか繊細ににも感じます。

ただ内容に関しては物足りなさもあり、わからなかったことが。

王女アマネットは、結局想いを遂げたあと何がしたかったんだろう?

人類への復讐って全てを破壊したかったのかなぁ?

このあたりがよくわかりませんでしたcoldsweats01

« 白バラ コーヒーロール | トップページ | セブンイレブン 焼きチョコデニッシュ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/65593840

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」:

« 白バラ コーヒーロール | トップページ | セブンイレブン 焼きチョコデニッシュ »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ