« ヤマザキ しっとりパンケーキ ホイップ&メープル | トップページ | ファミリーマート とろける生シフォンケーキ »

映画「ハクソー・リッジ」

Photo
メル・ギブソンが「アポカリプト」以来10年ぶりにメガホンをとり、第2次世界大戦の沖縄戦で75人の命を救った米軍衛生兵デズモンド・ドスの実話を映画化した戦争ドラマ。人を殺してはならないという宗教的信念を持つデズモンドは、軍隊でもその意志を貫こうとして上官や同僚たちから疎まれ、ついには軍法会議にかけられることに。妻や父に助けられ、武器を持たずに戦場へ行くことを許可された彼は、激戦地・沖縄の断崖絶壁(ハクソー・リッジ)での戦闘に衛生兵として参加。敵兵たちの捨て身の攻撃に味方は一時撤退を余儀なくされるが、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たったひとりで戦場に留まり、敵味方の分け隔てなく治療を施していく。「沈黙 サイレンス」「アメイジング・スパイダーマン」のアンドリュー・ガーフィールドが主演を務め、「アバター」のサム・ワーシントン、「X-ミッション」のルーク・ブレイシーらが共演。第89回アカデミー賞で作品賞、監督賞、主演男優賞など6部門でノミネートされ、編集賞と録音賞の2部門を受賞した。


実話を基に描かれたこの映画は、戦争は殺すか殺されるかだけではない、もう一つの側面を見せてくれました。

それを教えてくれたのが、デズモンド・ドスです。

映画では、デズモンドの幼少期から志願するまでも描かれていて、彼の背景や人となりもみえてきます。

父親が凄惨な戦地で親友を失い、帰還してからはPTSDを患っていること、そのせいで家族が時に暴力の犠牲になったりして辛い思いをしていること。

逆に微笑ましいのは、病院で看護師のドロシーに恋をしてデートを重ねるところ。

けれど、「汝、殺すなかれ」という言葉を子供の頃に胸に刻み、厚い信仰心を持ちながらも、兵士になるために志願します。

それは簡単なことではありません。

彼は、良心的兵役拒否者として銃を持つことを拒否したからです。

そのせいで上官からは疎まれ、仲間からはリンチを受け、軍法会議にまでかけられました。

それでも彼は、銃を持つことを拒否し自分の信念を貫いたのです。

他人と同じである道を彼は選びませんでした。

そして彼は、良心的兵役拒否者の衛生兵として、ハクソーリッジへと派遣されたのです。

日本兵と米兵とを隔てているのは、その名の通りの断崖絶壁。

崖の上では激しい銃撃戦が繰り広げられ、殺すか殺されるしかありません。

一瞬で死ねたならそれは運が良かったと言いたくなるくらいの、凄惨な光景でした。

そんな中デズモンドは、銃を持たずに衛生兵として傷を負った兵士の救助をするために駆け回っていたのです。

それは、形勢が極めて不利で、隊が一旦崖の下へ退却した後も続いていたのです、たった一人崖の上で。

結果、たくさんの負傷者を救うことができました。

他人と違うということは、時に生きにくく、理解されません。

けれど彼の信念がそれを成し遂げることが出来たのです。

殺すか殺されるかだけではなく、救う道を行くこともできるということを、彼はやってのけたのです。

だけど戦争が生み出すのは、残念ながら死体の山です。

交戦中の映像は本当に鬼気迫る様子を感じることが出来て、本当にこんなことがあったのかと思うのと同時に、日本兵が恐れられていたということも実感しました。

戦争なんてない方がいいけれど、先のことはわかりませんね。

« ヤマザキ しっとりパンケーキ ホイップ&メープル | トップページ | ファミリーマート とろける生シフォンケーキ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/65479495

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ハクソー・リッジ」:

« ヤマザキ しっとりパンケーキ ホイップ&メープル | トップページ | ファミリーマート とろける生シフォンケーキ »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ