« サンラヴィアン 幸福ろうる 愛媛の和栗 | トップページ | ヤマザキ ザクチョコ キャラメルマキアート »

映画「僕のワンダフルライフ」

20170930



2017年アメリカで制作された

ラッセ・ハルストレム監督作品。



ゴールデンレトリーバーが、大好きな飼い主・イーサンに再会するために、姿を変え転生を繰り返す物語。



子犬のベイリーは少年・イーサンに出会って以来、いつもイーサンと一緒。

イーサンが成長してガールフレンド・ハンナが出来たときももちろん一緒。

ベイリーはイーサンが大好きで、イーサンもベイリーが大好き。

けれど、イーサンは大学進学のため、一人と一匹は離れることに。

そしてベイリーに寿命が訪れ、そこからベイリーの転生の物語が始まるのですが・・・


とにかくこのベイリーが中々のバカ犬っぷりを発揮。

でもとっても飼い主想いで本当は賢い子。

転生を繰り返す中で、イーサンと再会し自分の使命に気付き、しっかりと行動を起こします。

すべての犬を飼ったことがある人とは言いませんが、私はいつも飼い犬が私に何を言いたいのかなぁ、と考えてました。

もう亡くなってだいぶ経ちますが、今でも考えることがあります。

今回ベイリーを見ていて改めて思ったことは、大事なことはちゃんと理解しているけれど、すべてを理解しているわけではないということ。

犬と過ごしていると、なんでも理解しているんじゃないかという錯覚を抱いてしまうことがありました。

犬ってすごく単純ですごく複雑ですよね。

ちなみに私はこの映画、予告編がいちばん泣きそうな気持ちになりました。

そのせいか本編では泣きそうになるようなこともなく、なんとなく先も予想出来てしまったっていうのもありますが・・・(^-^;

ペットを飼ったことがある人ならペットとの間に絆があると信じたいのではないかなぁ、と思います。

もちろん私もそう思っている一人です。

全く関係ない私事ですが、今まで飼ったことがあるペットの中で脱走したペットがいます。

それはハムスターと犬なのですが・・・ しかも2回ずつ\(;゚∇゚)/

ハムスターは押し入れに開いていた穴から床下へ行ってしまい、次の日の真夜中にその押し入れから戻ってくるという大冒険。

犬は小型犬なのですが、ドアが少し開いていたようでその間にどこかへ。こちらは数時間後に見つかったのですが・・・  この時は2回とも車にでも轢かれてるんじゃないかと思って探してました。

でもどちらも帰ってきたので、今でも私と一緒にいる運命だったのだなぁ、と思っています

« サンラヴィアン 幸福ろうる 愛媛の和栗 | トップページ | ヤマザキ ザクチョコ キャラメルマキアート »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「僕のワンダフルライフ」:

« サンラヴィアン 幸福ろうる 愛媛の和栗 | トップページ | ヤマザキ ザクチョコ キャラメルマキアート »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ