« グリコ ジャイアントコーン<大人の抹茶生チョコ> 期間限定 宇治抹茶使用 | トップページ | ファミリーマート ケーキ仕立てのプリン大福 »

映画「エイリアン コヴェナント」

20170916_4

2017年アメリカで制作された

リドリー・スコット監督作品



宇宙移住計画を遂行するため、コールドスリープ中の男女2,000人を乗せた宇宙船コヴェナント号は、植民地の惑星に向かって宇宙を航行する。最新型アンドロイドのウォルター(マイケル・ファスベンダー)が船の管理を任されていたが、途中で事故が発生。乗組員たちは必死で修復作業に取り組み……。        


コヴェナント号の悲劇は、航行中事故にあったことから始まるのだけれど、そこで優秀な船長を失ったっていうことが実は一番の悲劇な気がする。

修復作業中に偶然拾った「カントリーロード」の音楽。

発信源を調べてみると、現在地から2~3週間の地点らしい。

一方、当初予定していた入植地・惑星オリガエ6迄の距離は7年以上かかる見込み。

そこで新しい凡人の船長は当初の予定を変更してその惑星に向かうという。

乗組員はまた、コールドスリープ状態を嫌がっていたしね、ただ一人、ダニエルズ(キャサリン・ウォーターストーン)だけが当初の予定を変更するのを反対したんだけれどね。

でも計画変更がそもそも間違いの元。

新しい星へ降り立った乗組員たちだったんだけれど、花粉を受粉した形でエイリアンが生まれるってみたいなことなのかなぁ?

この場合受粉するのは人間なんだけれど、最初の犠牲者は粒子?みたいなのが耳から入っていったんだよね、そして最後は背中を突き破ってエイリアンが出てきたわけなんだけれどshock

どえらいものを生み落してしまったものです(;;;´Д`)

言うまでもないかもしれませんが、このエイリアン、極めて凶暴です。

そして右往左往していた乗組員の前に現れたのが、10年前のプロメテウスに乗っていたアンドロイドのデヴィッド(マイケル・ファスベンダー)って訳。

彼は味方なのか敵なのか。

これ以上書くとネタバレしてしまいそうなので、ちょっと控えますが、冒頭のデヴィッドとデヴィッドを作った創造主とのやりとり。

これもなかなか興味深いものがあります。

デヴィッドの本質というか、アンドロイドではあるんだけれどそういうものを垣間見たように思います。

ただ、残念ながら私はプロメテウスをみていません(;д;)

エイリアンも観たことはあるけれど、もう記憶にはなく、観ていたらもっといろんなことがわかって楽しめたんだろうなぁ。

ただ、エイリアンの始まりってそういうことだったのかsign01

っていうのだけがえげつなくて印象には残りました。

« グリコ ジャイアントコーン<大人の抹茶生チョコ> 期間限定 宇治抹茶使用 | トップページ | ファミリーマート ケーキ仕立てのプリン大福 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500651/65796633

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「エイリアン コヴェナント」:

« グリコ ジャイアントコーン<大人の抹茶生チョコ> 期間限定 宇治抹茶使用 | トップページ | ファミリーマート ケーキ仕立てのプリン大福 »

モーションウィジェット

無料ブログはココログ