ペットの想い出

繰り返しみる亡くなったペットの夢

私は昔、犬を飼っていました。

亡くなってからもう10年以上経ちます。

けれどよく夢を見るのです。

今日もその夢をみました。

シチュエーションは違っても、必ず夢の中で私が思うことは同じなのです。

それは、”ごはんをあげていない”、”水をあげていない” ということに焦るということです。

生きているということに安心して、ごはんをあげていないということに気付いて焦る、必ずそういう夢なのです。

何年経とうと、ペットが亡くなった事実を受け入れたくない自分が無意識の中に留まっているのかもしれませんね。

そこで今日は、ペットが私を驚かせた行動をちょっと書いてみようと思いますhappy01

ちなみに飼っていたのはポメラニアンです。もとい、めちゃめちゃかわいいポメラニアン♂ですcatface

何をやってくれたかというと、悪さをしたので、私はペットを叱り部屋から閉め出しました。

すると、閉め出したガラス戸のほうから何やら怪しい音がsign02

それはまぎれもなく ”ジャーーーーッ” という音sign03

もしやと思い、ガラス戸の方をみると、すりガラス越しに茶色い丸い物体が用を足しているではないかsign03

行動よりも先にアーーーッshock と声が出た私。

遠ざかる茶色い影。

ガラス戸を開けると玄関の方へと逃げる途中のペットの姿が・・・

しかもそれで終わりではありません。

彼はなんと逃げる途中に足を止め、そして振り返り ”アン” と抗議の一声を残して玄関へと去って行ったのです。

まぁ、狭い家なので玄関にいる姿は丸見えなのですが。

見事なリベンジにあってしまいました(^-^;

これが世間ではよくあることなのかどうかはわかりませんが、私はびっくりしましたcoldsweats02

ペットの想い出

今日は昔飼っていたペットのことを書いてみようかなぁ、と思います。

私の覚えている限りでは一番最初に飼ったのはヒヨコですchick

たぶん夜店で買ってもらったものだと思います。

ただ家にいたのはほんの数日で、長くいたという記憶はありません。


次に家にやってきたのはカブトムシ。

父親が10匹以上のカブトムシをもらってきたのです。

けれど虫かごも何もないので仕方なくバケツへいれて、その上から空気穴を開けたビニールの

透明の袋をかぶせて一晩ベランダに置いておくことにしました。

次の朝ベランダへ出てみると、無残にも大きな穴だらけのビニールが…

そしてカブトムシの姿はなく、見事に逃げられてしまったのでした( ̄Д ̄;;


そして次にやってきたのは小さな小さなカメ。

どういう経緯でウチにやってきたのかは覚えてはいないのですが、

ただ、長く留まることはなく名前もないままどこかへ行ってしまったのですweep

名前はなかったのですが、呼ぶとそばにやってきたことを覚えています(*^-^)


そして私が初めて母親に頼み込んで買ってもらったのがハムスターです。

きちんと世話をすると約束をして飼うことを許してもらいました。

けれど怒られることも多く…

眠っているハムスターにちょっかいを出してガブリと噛まれたこともありました(^-^;

でも私にはとても楽しい日々でしたshine

そんなある日、ハムスターは逃げ出しそれっきり…crying

空になったカゴだけが残ったのです。


その後の新たなペットとの生活はまた次回clover

モーションウィジェット

無料ブログはココログ