映画

映画「パトリオット・デイ」

Photo_3

2013年4月15日。アメリカ独立戦争開戦を記念して毎年開催されるボストンマラソンで、ギャラリーの歓声を受けながら多くのランナーが疾走していた。そしてすさまじい爆発音がとどろき、煙が吹き上がる。街がパニックに包まれる中、FBIは爆発をテロと断定。ボストン警察のトミー(マーク・ウォールバーグ)は、捜査の指揮を執る捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)らFBIとぶつかり合いながらも共に犯人を追う。やがて、黒い帽子の男と白い帽子の男の存在が捜査線上に浮かび……。        



2013年に発生した、ボストンマラソンを標的にした爆弾テロを題材にした実録サスペンス。

テロ事件を題材にした映像は、テレビでも何度か見たことがあったけれど、この映画は違っていました。

テロ事件が起きるということは、こういう事なんだな、というのを見せてもらえました。

現場保全というのが、時に残酷なこと。

地道な監視カメラのチェック、事件の被害者への聞き込み。

情報公開をするべきか、それとも伏せるべきかの状況判断。

街に住む住民たちへの外出禁止令。

テロが起きた街は人々が消えるんだということを見せてくれました。

映画の中では、当時の映像も使われていて、より緊迫感を高めています。

テロが起きてから逮捕までの102時間という時間の中で起こった出来事。

それは捜査する側だけではなく、犯人側が何をしたかということも。

正直、どうしてこんな事が出来るんだろう?という疑問しかありません。

どうしてこんなにまで感化され、実行に移せてしまうんだろう?

考えても答えはでません。

その一方で、被害に遭われた方々の強さをとても美しく感じました。

生き残った犯人には現状、死刑判決が下されているようですが、死刑が本当に一番重い償いの方法なのかどうかも疑問です。

被害に遭うのはいつも無警戒の一般人たち。

どんな理由があろうとも、正当化できる要素はひとつもないですね。

映画「LOGAN ローガン」

R

「X-MEN」シリーズを代表するキャラクターで、ヒュー・ジャックマンが演じるウルヴァリン/ローガンを主役に描く「ウルヴァリン」シリーズ第3作。不死身の治癒能力が失われつつあるウルヴァリンことローガンが、絶滅の危機にあるミュータントの希望となる少女を守るため、命をかけた壮絶な最後の戦いに身を投じる様を描く。ミュータントの大半が死滅した2029年。長年の激闘で疲弊し、生きる目的も失ったローガンは、アメリカとメキシコの国境付近で雇われリムジン運転手として働き、老衰したプロフェッサーXことチャールズ・エグゼビアを匿いながら、ひっそりと暮らしていた。そんなある日、ローガンの前にガブリエラと名乗る女性が現れ、ローラという謎めいた少女をノースダコタまで連れて行ってほしいと頼む。組織に追われているローラを図らずも保護することになったローガンは、チャールズを伴い3人で逃避行を繰り広げることになるのだが……。監督は、シリーズ前作「ウルヴァリン:SAMURAI」も手がけたジェームズ・マンゴールド。プロフェッサーX役のパトリック・スチュワート、物語の鍵を握る少女ローラ役の新星ダフネ・キーンが共演。


結論からいうと、ウルヴァリンことローガンの晩年を描いた作品。

そしてその晩年はローラという少女と接点を持ったことで、竜巻に飲まれてしまったかのように壮絶な最後を遂げることになるのです。

ウルヴァリンと言えば、治癒能力があり、不老不死、年も取らない、というイメージでしたが、完全に覆されました。

そういえば、前作のサムライ編でも、治癒能力を奪われ大ピンチという事態に陥ってしまってましたね。

でも今回は完全に終わりを遂げるのです。

年老いたローガンは、リムジンの運転手をしながら生計を立てているのですが、一方で、プロフェッサーXことチャールズを匿っていました。

もう介護の世界です。

そして、チャールズの介護には問題があって、チャールズが発作を起こすと周りにいる人たちが、多大なダメージを受けとても危険な状態に陥るのです。

なのにチャールズったらお薬飲むのを嫌がるんですよsign01

本当にわがままなんだから。

けれど、新たなミュータントの出現を預言していました。

ローラという少女です。

この少女の素性はというと、ある企業の研究施設で作られた、ミュータントだったのです。

しかも強力な兵器としてね。

それもローラだけでなく他にも子供たちがいたのです。

そして実験が終わったので、子供たちを殺そうとするんだけれど、職員が何名かを逃がしたので、ローラを殺そうと執拗に追手が迫りくるのです。

この作品はR15+なんだけれど、この作品を作っているのは、R15の少年少女たちでもあるんですよね。

ローラはこの上なく乱暴で容赦なく迷いなく、危害を加えようとするものを殺します。

しかもかなり残忍。

でもローラが悪いわけではないのです。

それに、ローガンとチャールズと3人で逃亡の旅をしているわずかな時間の中で、精神的な変化を見て取れることができました。

話をローガンに戻しますが、この逃亡の旅の途中で、ローガンはチャールズを失います。

それは、追手が送り込んだ若かりし日のローガンにそっくりなX-24と呼ばれる男の手によって。

そしてそのX-24の手によってローガンも命を落とすことになるのです。

ウルヴァリンの命を奪ったのはウルヴァリンという訳です。

もう見てる方としては釈然としませんが、納得するしかないんですかね?

でも、老衰で穏やかにっていうのはもっと納得できないだろうし、そう考えると他の誰でもないもう一人のウルヴァリンに殺されるというのは、いちばんローガンらしい最後なのかもしれません。

逃げ延びることができた少年少女たち、今後はどんな人生が待っているんでしょうね。

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」

Photo


「アベンジャーズ」シリーズに代表されるマーベル・シネマティック・ユニバースの一作で、お尋ね者たちが成り行きでチームを結成し、銀河の危機を救う羽目になる姿を描いたアクションアドベンチャー「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のシリーズ第2作。スター・ロードを自称するいい加減なリーダー、ピーター・クイルを筆頭に、美しき暗殺者のガモーラ、毒舌なアライグマのロケット、樹木型ヒューマノイドで25センチまで再生したグルート、マッチョな破壊王ドラックスのガーディアンズの面々が、新たな危機に直面し、再び強大な敵と立ち向かうことになる様を描く。高慢な指導者アイーシャが率いる黄金の惑星で、小遣い稼ぎの仕事をこなしたガーディアンズ。しかし、ひょんなことからアイーシャを怒らせてしまい、追われる身に。危機に陥った彼らの前に、ピーターの父親だという謎の男エゴが現れるが……。クリス・プラット、ゾーイ・サルダナら前作からのキャスト陣に加え、ピーターの父エゴを演じるカート・ラッセルのほか、シルベスター・スタローンも参戦。監督・脚本も前作と同じジェームズ・ガン。


帰ってきたガーディアンズ・オブ・ギャラクシー。

早速黄金の惑星のアイーシャからの依頼で、電池を狙う怪獣を退治することに。

なんかとにかく滅茶苦茶すごい電池らしい。

そして無事に任務終了。

その報酬はというと、なんとガモーラの妹のネビュラ、逃亡者だから賞金がかけられてるんだって。

でも、ロケットの手癖が悪く、電池をくすねてしまったから、アイーシャから追われることに。

その追っ手の総攻撃が凄まじくて大ピンチsign01

間一髪のところで、クイルの父親であるエゴに救われるのですが・・・


今回、クイルの父親の正体が判明。

なんと神なんだってcoldsweats02

だけど、神って自分勝手ですよね。

このクイルの父親エゴも、名前からも想像できるように御多分にもれずで、まさに自分中心に宇宙を回すタイプ。

なので宇宙が大変な事態に。

もちろん戦うクイルたちだけれど、エゴはかなり手強く、なのにエゴを倒す最終兵器を託すのが、あのおチビちゃんのグルートなんて。

一体、グルートの知能はどの程度なのかしら。

とにかく総力戦のすごい戦い。

でも今回は他にも見どころがたくさんあって、ガモーラとネビュラの姉妹喧嘩の行方。

そしてクイルの育ての親のヨンドゥ。

なんか育ての親っていうと聞こえはいいけれど、実際は地球からクイルを攫った誘拐犯ですけれどもね。

だけど、その後何があったのかなどが明らかになって、最後はロケットの一筋の涙に繋がっていくんですよ。

今回のヨンドゥは、間違いなくヒーローでした。

一方で、お笑い路線ももちろん捨ててはいませんよ。

ドラックスのデリカシーのなさや、馬鹿さ加減、そして何よりの高笑い、あれにはちょっとつられて笑いそうになりました。

おチビちゃんのグルートがかわいいと評判ですが、私は前作のデカい癒し系のグルートの方が好き。

ちょっとネタバレになっちゃいますが、最後にみたグルートの姿が、ちょっと思春期の反抗期っぽかったです。

映画「美女と野獣」

B_2

ディズニーが製作した大ヒットアニメ『美女と野獣』を実写化した、ファンタジーロマンス。美しい心を持った女性ベルと野獣の恋の行方を見つめる。メガホンを取るのは、『ドリームガールズ』や『トワイライト』シリーズなどのビル・コンドン。『コロニア』などのエマ・ワトソン、『クリミナル・ミッション』などのダン・スティーヴンス、『ドラキュラZERO』などのルーク・エヴァンスらが顔をそろえる。幻想的なビジュアルに期待が高まる。


進歩的な考え方が原因で、閉鎖的な村人たちとなじめないことに悩む美女ベル(エマ・ワトソン)。ある日、彼女は野獣(ダン・スティーヴンス)と遭遇する。彼は魔女の呪いによって変身させられた王子で、魔女が置いていったバラの花びらが散ってしまう前に誰かを愛し、愛されなければ元の姿に戻ることができない身であった。その恐ろしい外見にたじろぎながらも、野獣に心惹(ひ)かれていくベル。一方の野獣は……。




外見じゃなく、中身なんだよ!って言うのは簡単だけれど、実際は難しい(^-^;

しかも第一印象は最悪。

だって癇癪持ちの野獣ってだけでも十分マイナスなのに、自分の父親が牢獄に捕えられてるんだもの。

なんとか父親を助けたいベル。

そこでベルは自ら父親の身代わりになって牢獄に入り、野獣とその召使いたちと距離を縮めていくのだけれど・・・


まぁ、いろいろあって最後はハッピーエンドっていう誰もが知ってる物語。

けれど、これがなかなか魅せてくれるsign01

癇癪持ちなのに繊細、それでいて優しさも持ち合わせてる野獣。

ただ見た目が野獣ってだけで、モテ要素は高いよね。

一方ベルは、他人に流されたりしない我が道を行く女の子。

二人の距離が縮まるのはもう必然としかいいようがないsign03

そこにベルに想いを寄せるガストンが絡んできて、ドラマチックなラストへと繋がるのだけれど。

そのガストン役がルーク・エヴァンスというのもかなり新鮮でした。


しかし、イケメンゴリラなどともてはやされる昨今、もはや見た目が野獣なんてのは、マイナス要因じゃなかったりしてsign02

映画「バーニング・オーシャン」

B


『ローン・サバイバー』のピーター・バーグ監督とマーク・ウォールバーグが再びタッグを組んだパニックムービー。2010年に実際にメキシコ湾沖で起きた事故を題材に、石油掘削施設内に取り残された作業員たちの脱出劇をドラマチックに描写する。『ヘイトフル・エイト』などのカート・ラッセルや『RED』シリーズなどのジョン・マルコヴィッチらが共演。臨場感たっぷりの手に汗握る展開に引き込まれる。


メキシコ湾沖80キロメートルにある石油掘削施設「ディープウォーター・ホライゾン」で、海底油田からの逆流によって上昇した天然ガスへの引火が原因で大爆発が発生。現場で働いていた作業員126人が施設内で足止めを食らう。事故により多数の行方不明者と負傷者を出す大惨事となり……。





実話だというのが実に恐ろしい映画。

それは、世界最大級の人災と呼ばれるやりとりがそこにあったから。


石油掘削施設「ディープウォーター・ホライゾン」では、工期の遅れを気にする石油会社の幹部が、本来行われるはずだった安全テストを端折り、その後行った安全テストで、疑問が残る結果にも関わらず、利益を優先するあまり押し切る形で掘削作業を始める。

それが結果的に大惨事となった。

最初は泥水の噴射から始まり、最終的には引火爆発となり、海の上の巨大な施設はあっという間に逃げ場所を失ってしまう。

その爆発シーンは迫力があり、11名という尊い命が奪われたのはすごく残念なことだけれど、脱出できた人たちのことを思うと、人の生命力の凄さも感じる。

避けられたはずなのに起こってしまった事故。

「もし」、なんて言葉は使いたくないけれど、それでも、もし、違う決断をしていたら避けられたのに、と思わずにはいられない。

事故の日だけが描かれたことによって、こんなにも簡単に日常生活が奪われることがあるということを、痛感しました。

映画「ジェイソン・ボーン」

J

記憶を失った暗殺者ジェイソン・ボーンの孤独な戦いを描くスパイアクションシリーズの第5作。シリーズ第2作、第3作を手掛けたポール・グリーングラス監督と主演のマット・デイモンが再びタッグを組み、自身の隠された過去の秘密をめぐり、ボーンが新たな戦いに身を投じるさまが展開する。CIAの元同僚役でジュリア・スタイルズが続投するほか、オスカー女優アリシア・ヴィキャンデル、『トランス』などのヴァンサン・カッセル、ベテランのトミー・リー・ジョーンズらが出演。


ひっそりと暮らしていたジェイソン・ボーン(マット・デイモン)の前に、CIAの同僚だったニッキー(ジュリア・スタイルズ)が姿を現す。彼女はCIAが世界中を監視・操作するための極秘プログラムを立ち上げたことと、ボーンの過去にまつわるある真実を告げる。これをきっかけに、再び動き始めたボーンの追跡を任されたCIAエージェントのリー(アリシア・ヴィキャンデル)は、彼を組織に取り込もうとするが……。




前作までで記憶を取り戻したボーン。

今作では、ボーンが知りえなかった事実が明らかにされます。

そしてそれは誰の手によってもたらされたかというと、元CIAの同僚・ニッキーです。

せっかくひっそりと、しかしながら無敵っぷりは健在で生活していたボーンの前に突然彼女が現れたのです。

しかもとんでもない情報を手に入れて現れたのだから、CIAはボーンにロックオン!

何が何でもボーンを抹殺したいデューイ長官(トミー・リー・ジョーンズ)と、ボーンをCIAに復帰させようと目論む女性エージェントのリー(アリシア・ヴィキャンデル)。

この二人にも注目です。


そして9年ぶりのボーンはというと、相変わらず賢い!

人込みにまぎれながら逃げ落ちていく姿なんかは、以前と同じでした。

もちろん無敵っぷりも変わりません。

かなりのダメージを受けたりするんだけれど、なんでだろう? 負ける気だけは絶対にしないんですよね。

後半のラスベガスでのカーチェイスなんて、追う方も追われる方も、はっきりいって人の領分を超えていて、思わずターミネーター2??? って言いたくなるくらいの立ち上がりっぷり。

観ているほうも気を抜く暇がありませんでした。


それから最後、上手く立ち回ったつもりのリーが、私賢いのよ、フフフン♪みたいになってるんだけれど、やっぱりボーンの方が上手で賢くてとってもスッキリ( ̄ー ̄)ニヤリ

あの頭脳があるからこそボーンは無敵でいられるんですね。

待たされすぎてどうかなぁとちょっと心配していたのですが、面白かったですnote

映画「告白」

K


2009年本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラー小説を原作に、教え子にまな娘を殺された中学校教師の復讐(ふくしゅう)を描くミステリー。『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督がメガホンを取り、事件にかかわった関係者たちの告白によって真相が明らかになっていく緊張感あふれるドラマを作り上げた。『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』の松たか子がヒロインの狂気を体現するほか、『キラー・ヴァージンロード』の木村佳乃、『重力ピエロ』の岡田将生らが共演する。

とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的な告白から物語は始まっていく……。




告白というよりは、告発で始まったと思う。

誰が娘を殺したのかを知りながら、敢えて名前を口にせず、AとBとしか言わない教師。

けれど、AとBが誰かは明明白白。

クラスのみんなが正解にたどり着いている。


教師はどうしてこんな告白をしたのか?

まずは復讐のための最初のステップ?

それとも本当に命の大切さをきちんと理解してほしいから?

私はどちらも違うと思う。


だって彼女は、何をどうすれば人が一番のダメージを負うかをわかっていたから。

二度とその膝が立ち上がらないように、二度と悲劇が起きないように。

闇を闇で封じた。

そんな印象でした。


彼女の復讐は、ある種の爽快感があるかもしれない。

それは誰もが心に持っている闇に潜む願望であるけれど、口にするにはためらわれてしまう。

いいのか悪いのか大抵の人には理性があって、他人と同じであろうとする。

けれど彼女は違っていた。

恐ろしく冷静で、それをやってのけてしまった。

まぁ、最後のBOMbomb は、未遂なのか完遂なのかわからないところですが。


復讐劇というには、やっぱり違う気がして、上手くは言えないですが、どちらかというと便所の落書き。

それもちょっと目を留めた瞬間に完全に引き込まれてしまう。

性質が悪いものかもしれませんね。

映画「ハドソン川の奇跡」

H


俳優としても監督としても著名なクリント・イーストウッド監督と、名優トム・ハンクスがタッグを組んだ人間ドラマ。2009年1月15日、突然の全エンジン停止という危機に見舞われながらも、ハドソン川に不時着して乗客全員が生還した航空機事故のてん末に迫る。『サンキュー・スモーキング』などのアーロン・エッカートらが共演。機長の手記を基に描かれる、奇跡の脱出劇の背後に隠された真実に言葉を失う。

2009年1月15日、真冬のニューヨークで、安全第一がモットーのベテラン操縦士サレンバーガー機長(トム・ハンクス)は、いつものように操縦席へ向かう。飛行機は無事に離陸したものの、マンハッタンの上空わずか850メートルという低空地点で急にエンジンが停止してしまう。このまま墜落すれば、乗客はおろか、ニューヨーク市民にも甚大な被害が及ぶ状況で彼が下した決断は、ハドソン川への着水だった。



この映画は2009年に起きた実話に基づく物語。


- 155人の命を救い、容疑者になった男。 -

なんて言葉を聞いて、アルコール?ドラッグ?と、正直下世話な想像をしてしまった私。

でも事実は全く違う。

争点は、ハドソン川への着水という判断が正しかったのかどうか?ということ。

機長は、それ以外に助かる方法はなかったと断言する。

しかし、事故調査委員会は、シミュレーションをもとに、他の空港に着陸する余地があったという。

果たして本当にそうなのか?


映画では、鳥の群れが激突し、両エンジンが停止する様、その後の機長の判断とその指示に従う副機長の仕事ぶり、そして機内がどんな様子だったのかが描かれています。

208秒という時間の中で選択し、行動した結果。

派手すぎることもなく、地味だとも感じさせない演出でした。


そして、最後の事故調査委員会で、ボイスレコーダーを聴いた機長が、副機長に言った一言が、”誇らしい”という言葉。

これ以上に嬉しい言葉ってないなぁ、と私は思いました。

映画「デッドプール」

D_2

マーベルコミック原作の人気作「X-MEN」シリーズのスピンオフで、「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」に登場した異色のヒーロー、デッドプールを主役に描くアクションエンタテインメント。好き勝手に悪い奴らをこらしめ、金を稼ぐヒーロー気取りな生活を送っていた元傭兵のウェイド・ウイルソンは、恋人ヴァネッサとも結婚を決意し、幸せの絶頂にいた矢先、ガンで余命宣告を受ける。謎の組織からガンを治せると誘われたウェイドは、そこで壮絶な人体実験を受け、驚異的な驚異的な治癒能力と不死の肉体を得るが、醜い身体に変えられてしまう。ウェイドは、赤いコスチュームを身にまとった「デッドプール」となり、人体実験を施したエイジャックスの行方を追う。「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」でも同役を演じたライアン・レイノルズが、毒舌家で自己中心的という型破りなアンチヒーローのデッドプールに扮した。全米ではR指定作品として記録的な大ヒットを飛ばした。監督は、視覚効果分野出身で今作が初長編作となるティム・ミラー。



若干お茶目なポスターだけれど、現実では迷いなく敵に死をプレゼント。

かなりのマシンガントークで、用無しには躊躇なくバーンッshock

赤いコスチュームは、血が出ても目立たないからという合理的理由から。

そしてとにかく不死身だから撃たれて穴が開いても塞がっちゃうし、手を切り落としてもニョキニョキッと生えてきちゃう。ただしそこは小っちゃい手から。それに手を切り落とそうとした際は、トーク力を活かしての映画の引用も忘れない。

本当によく喋るヒーローsign02 なのだ。

なぜ彼がデッドプールになったのか?

それは彼が敵と戦いながら、正しくは、彼が彼の個人的復讐を果たすために追っている敵と戦いながら時々挟まれる回想で明らかになる。

簡単に言っちゃうと、彼が運命の女性と出会い、幸せの絶頂にいる最中、末期がんを宣告され、そこに都合よく現れた男の「病気を治してあげるよ」という甘言に乗っちゃったのが始まり。

確かに、病気は治った、というか不死身の身体を手に入れちゃった訳だけれど、副作用として全身がケロイド状になってしまうのね。

そもそも、愛する彼女と一緒にいるために受けた人体実験だったのに、これじゃあ彼女の前に顔も出せないじゃないかぁーーーsign03 と怒り心頭。

そこでもう一度彼女に会うために、元の姿に戻る為に、あくまで個人的要件で敵と戦っているのです。

その他にも回想でわかったことは、デッドプールはいきなり喋るようになった訳でもなく、いきなり暴力的になったわけでもなく、元々そういう要素があったということ。

世界の平和を守るために戦うヒーローではないけれど、観ている限りは正義感は、まぁあるんじゃないの、くらいですね。

理論武装で正義を説くタイプではないけれど、目の前の悪事に対しては知らんぷりは出来ないだろうなぁ、たぶん(^-^;

映画「オデッセイ」

O


火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。空気も水も通信手段もなく、わずかな食料しかない危機的状況で、ワトニーは生き延びようとする。一方、NASAは世界中から科学者を結集し救出を企て、仲間たちもまた大胆な救出ミッションを敢行しようとしていた。


火星にたった一人で取り残されてしまった宇宙飛行士が、地球に帰還するまでの物語。

普通に考えたならこんな深刻な事態はないsign01

悲壮感を漂わせたって、誰も辛気臭い顔をするな!なんてきっと言わないであろうこの状況で、この宇宙飛行士、マーク・ワトニー(マット・デイモン)は生きる気満々。

生きるためにはとにかくなんでもやってみる、まるで学校で実験でもしているように。

足りないのなら作ればよいという発想です。

失敗したってめげはないし、暗い顔さえみせやしない。

艦長の残していったディスコミュージックも軽快で、暗くなってる暇はない。

けれどそうはいっても、火星で一人。

通信が可能になったからといってすぐに助けがくるわけでもなく、ミッションはすべて一人でやり通さなくてはなりません。

それがかなり体力も使うだろうし、大変だと思うんだけれど、その辺はチャッチャッと見せるだけで、苦しんでいるような描写はほとんどありません。

はっきりと苦労が見て取れたのは、宇宙服の下の痩せこけた後ろ姿。

でもこれで十分。

押し売りのポジティブさではなく、ひたむきな宇宙飛行士の、生きて帰るという強い意志が嫌味でなく、とても自然で良かったです。

より以前の記事一覧

モーションウィジェット

無料ブログはココログ