映画

映画「僕のワンダフルライフ」

20170930



2017年アメリカで制作された

ラッセ・ハルストレム監督作品。



ゴールデンレトリーバーが、大好きな飼い主・イーサンに再会するために、姿を変え転生を繰り返す物語。



子犬のベイリーは少年・イーサンに出会って以来、いつもイーサンと一緒。

イーサンが成長してガールフレンド・ハンナが出来たときももちろん一緒。

ベイリーはイーサンが大好きで、イーサンもベイリーが大好き。

けれど、イーサンは大学進学のため、一人と一匹は離れることに。

そしてベイリーに寿命が訪れ、そこからベイリーの転生の物語が始まるのですが・・・


とにかくこのベイリーが中々のバカ犬っぷりを発揮。

でもとっても飼い主想いで本当は賢い子。

転生を繰り返す中で、イーサンと再会し自分の使命に気付き、しっかりと行動を起こします。

すべての犬を飼ったことがある人とは言いませんが、私はいつも飼い犬が私に何を言いたいのかなぁ、と考えてました。

もう亡くなってだいぶ経ちますが、今でも考えることがあります。

今回ベイリーを見ていて改めて思ったことは、大事なことはちゃんと理解しているけれど、すべてを理解しているわけではないということ。

犬と過ごしていると、なんでも理解しているんじゃないかという錯覚を抱いてしまうことがありました。

犬ってすごく単純ですごく複雑ですよね。

ちなみに私はこの映画、予告編がいちばん泣きそうな気持ちになりました。

そのせいか本編では泣きそうになるようなこともなく、なんとなく先も予想出来てしまったっていうのもありますが・・・(^-^;

ペットを飼ったことがある人ならペットとの間に絆があると信じたいのではないかなぁ、と思います。

もちろん私もそう思っている一人です。

全く関係ない私事ですが、今まで飼ったことがあるペットの中で脱走したペットがいます。

それはハムスターと犬なのですが・・・ しかも2回ずつ\(;゚∇゚)/

ハムスターは押し入れに開いていた穴から床下へ行ってしまい、次の日の真夜中にその押し入れから戻ってくるという大冒険。

犬は小型犬なのですが、ドアが少し開いていたようでその間にどこかへ。こちらは数時間後に見つかったのですが・・・  この時は2回とも車にでも轢かれてるんじゃないかと思って探してました。

でもどちらも帰ってきたので、今でも私と一緒にいる運命だったのだなぁ、と思っていますhappy01

映画「エイリアン コヴェナント」

20170916_4

2017年アメリカで制作された

リドリー・スコット監督作品



宇宙移住計画を遂行するため、コールドスリープ中の男女2,000人を乗せた宇宙船コヴェナント号は、植民地の惑星に向かって宇宙を航行する。最新型アンドロイドのウォルター(マイケル・ファスベンダー)が船の管理を任されていたが、途中で事故が発生。乗組員たちは必死で修復作業に取り組み……。        


コヴェナント号の悲劇は、航行中事故にあったことから始まるのだけれど、そこで優秀な船長を失ったっていうことが実は一番の悲劇な気がする。

修復作業中に偶然拾った「カントリーロード」の音楽。

発信源を調べてみると、現在地から2~3週間の地点らしい。

一方、当初予定していた入植地・惑星オリガエ6迄の距離は7年以上かかる見込み。

そこで新しい凡人の船長は当初の予定を変更してその惑星に向かうという。

乗組員はまた、コールドスリープ状態を嫌がっていたしね、ただ一人、ダニエルズ(キャサリン・ウォーターストーン)だけが当初の予定を変更するのを反対したんだけれどね。

でも計画変更がそもそも間違いの元。

新しい星へ降り立った乗組員たちだったんだけれど、花粉を受粉した形でエイリアンが生まれるってみたいなことなのかなぁ?

この場合受粉するのは人間なんだけれど、最初の犠牲者は粒子?みたいなのが耳から入っていったんだよね、そして最後は背中を突き破ってエイリアンが出てきたわけなんだけれどshock

どえらいものを生み落してしまったものです(;;;´Д`)

言うまでもないかもしれませんが、このエイリアン、極めて凶暴です。

そして右往左往していた乗組員の前に現れたのが、10年前のプロメテウスに乗っていたアンドロイドのデヴィッド(マイケル・ファスベンダー)って訳。

彼は味方なのか敵なのか。

これ以上書くとネタバレしてしまいそうなので、ちょっと控えますが、冒頭のデヴィッドとデヴィッドを作った創造主とのやりとり。

これもなかなか興味深いものがあります。

デヴィッドの本質というか、アンドロイドではあるんだけれどそういうものを垣間見たように思います。

ただ、残念ながら私はプロメテウスをみていません(;д;)

エイリアンも観たことはあるけれど、もう記憶にはなく、観ていたらもっといろんなことがわかって楽しめたんだろうなぁ。

ただ、エイリアンの始まりってそういうことだったのかsign01

っていうのだけがえげつなくて印象には残りました。

映画「ワンダーウーマン」

Photo


2017年アメリカで制作された

パティ・ジェンキンス監督作品


女性だけのアマゾン族で育ったワンダーウーマン・ダイアナ(ガル・ガドット)が、ゼウスによって秘密に守られてきた島を出て、人間界へと旅立って行く物語。

言わば、人間界でのファーストミッションです。


ある日、ダイアナの住む島の浜辺に、英軍スパイ・スティーブ(クリス・パイン)を乗せた飛行機が不時着。

そこで初めて生の男性を見たダイアナ。

人間の世界で戦争が起きていることを知り、その原因はゼウスの息子である軍神アレスのせいだと確信する。

そして一度島を出ると二度とは戻れないことを知りつつ、軍神アレスを倒すためスティーブと一緒に島を出るのですが・・・


この物語は、現在のダイアナが初めて人間の世界に来た時のことを回想しているという設定。

見るもの触れるものが初めてのウブだった頃を懐かしんでいるのだと思います。

そして何より誰も見捨てはしないという正義感。

もちろん今だってあるとは思うのですが、ダイアナにとってはとても苦い経験で、人間の住む世界は救う価値があるのか?という疑問を一瞬でもダイアナにつきつけるのです。

それから気になるダイアナの強さはというと・・・なかなかの無敵っぷりsign01

弾は腕輪で跳ね返すし、盾をトランポリン代わりに高いところへジャンプするし、戦車をもひっくり返す怪力っぷり。

見ていてとっても爽快ですhappy02

そしてこのダイアナを演じるガル・ガドットの美しさshine

流石、元ミス・イスラエルsign03

本当に美しい人を見ると、軽々しく美しすぎるなんて言葉は使って欲しくありませんね。

公開を控えたジャスティス・リーグでの活躍も期待せずにはいられません。

戦力として女性が強いってなんだか爽快ですnote

映画「スパイダーマン ホームカミング」

20170811


2017年アメリカで制作された

ジョン・ワッツ監督作品


15歳というなんとも甘酸っぱい青春真っ只中のピーター・パーカーことスパイダーマンが、時に背伸びしながらも親愛なる隣人に成長していく物語。


アイアンマンことトニー・スタークにスーツをもらって俄然張り切るピーター。

正式なアベンジャーズメンバーになることを夢見てせっせと放課後のヒーロー活動に勤しみます。

もちろん自分がスパイダーマンであることは周りのみんなには内緒。

だけど、親友のネッドには正体がバレてしまうsign01

その上、宇宙人が残していった残骸をくすねては武器にして売り捌いている強敵・バルチャー(マイケル・キートン)が現れ・・・


最年少ということもあって本当に初々しい。

今までの悩めるこじらせスパイダーマンとは全く違う、キラキラと夢に向かって一直線なヒーローnote

まだまだ15歳なんで恋だってしちゃいます。

ポッチャリ系の親友ネッドにも助けられ、スーツの機能の補助輪モードも勝手に解除。

トニーとジャービスみたいに、ピーターもスーツとコミュニケーションが取れるようになりました。

ピーターを演じるトム・ホランドは笑顔も動きも魅力的なんだけれど、私がいちばん気に入っているのは彼の声。

これまでのスパイダーマンを微塵も感じさせない魅力があります。

そして魅力と言えば、トニー・スタークを演じるロバート・ダウニー・Jrですが、要所要所で美味しい登場の仕方をしています。

しかし、それでもトム・ホランドの存在感が薄れることはありません。

成長していくんだけれど、まだまだ残る幼さがとっても魅力的でしたnote

続編も楽しみですhappy01

映画「トランスフォーマー 最後の騎士王」

20170804

マイケル・ベイ監督による大ヒットSFアクション大作「トランスフォーマー」シリーズの5作目。地球上に存在するあらゆるマシンに変形する金属生命体トランスフォーマーが、太古の時代から地球の歴史に干渉してきたという、新たな真実が明らかにされる。トランスフォーマーの起源であり「創造主」と呼ばれる謎の異星人たちが、惑星サイバトロンの再生と地球侵略を計画。それを阻止すべくオプティマス・プライムはひとり旅立つ。オプティマスのいなくなった地球では、バンブルビーがオートボットの新たなリーダーとなり、復活を果たしたメガトロンに対抗していた。そこへオプティマスが帰還するのだが、正義の戦士だったはずのオプティマスは、人類を滅ぼそうとする破壊者へと変貌していた。前作に続いてマーク・ウォールバーグが主演し、1~3作目のレギュラーキャストだったジョシュ・デュアメル、ジョン・タトゥーロが復帰。新たに名優アンソニー・ホプキンスが出演。


トランスフォーマーシリーズの5作目となる作品。

今回もやっぱり地球を救うために奔走するという物語。


人類とトランスフォーマーが敵対する中、指名手配犯となってしまっている発明家ケイド・イェーガー。

息絶える直前のトランスフォーマーからとあるものを託される。

それはどうやら最後の希望である”選ばれし者”に託されるものらしい。

すると、そんな彼に接触してきたのが、イギリスの貴族の老人バートン。

トランスフォーマーに関するいろいろな事情を知っているようなのですが・・・


ネタ切れを疑ってしまうようなまさかの展開。

というのも、トランスフォーマーとアーサー王、円卓の騎士、マーリンが密接に関わっていたというのだ。

まぁ、それは置いておいて今回はトランスフォーマーの創造主も出てきます。

そしてあのオプティマスが人類の敵として地球に戻ってくるのです。

人類も金属生命体も裏切りはつきものなんですね。

正直なところストーリー的には、ちょっと欲張り過ぎだったのか、詰め込み過ぎだったのか、イマイチだったんですが、映像の方はいつも通りで迫力満点sign01

ケイド・イェーガー演じるマーク・ウォールバーグも、生きてるのが奇跡としかいいようがない状況に何度も陥っています。

そうそう、オプティマスも最後はいつも通りちょっと偉そうでしたね。

2D字幕で鑑賞したのだけれど、ド派手な映像を楽しむためにはちょっと失敗だったかも。

3Dでみれば良かったとちょっと後悔ですsweat02

映画「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」

20170728

トム・クルーズが主演を務め、「ハムナプトラ 失われた砂漠の都」でもリブートされた1932年のホラー映画「ミイラ再生」を新たに生まれ変わらせたアクションアドベンチャー。2000年の眠りから目覚め人類への復讐を開始した古代エジプトの王女と、飛行機事故による死からよみがえり世界を救うべく立ち上がった男の戦いを描く。古代エジプトの王女アマネットは次期女王になる約束を裏切られた怒りから闇に堕ち、生きたまま石棺に封印されてしまう。それから2000年後、中東の戦闘地帯で石棺が発見される。発掘に立ち会った米軍関係者ニックは、考古学者のジェニーらとともに輸送機で石棺をイギリスに運ぼうとするが、その途中でトラブルが発生。ジェニーは脱出したものの、ニックを乗せた輸送機はロンドン郊外に墜落し、石棺が行方不明になってしまう。強大な敵に立ち向かう主人公をクルーズが演じるほか、王女アマネット役を「キングスマン」のソフィア・ブテラ、物語の鍵を握るジキル博士役を「グラディエーター」のラッセル・クロウ、主人公と行動を共にする考古学者ジェニー役を「アナベル 死霊館の人形」のアナベル・ウォーリスがそれぞれ演じる。監督は「M:i:III」「トランスフォーマー」シリーズの脚本を手掛けたアレックス・カーツマン。


今回の映画は、モンスター映画をリメイクしたダーク・ユニバースシリーズの第一弾sign01

古代エジプトの女王アマネットが、生きたままミイラにされ石棺に封印されていたのだけれど、その封印が解け復活、当時成し遂げられなかったことを成し遂げようとするお話。


米軍の偵察隊であるニック・モートンとクリス・ヴェイルは、ちょっと素行が良くなくて、偵察を逸脱してお宝探しへ。

そこで派手なひと悶着があり、古代の石棺を発見する。

その石棺の主が王女アマネットなんだけれど、ニックがその封印を解いたことで王女アマネットに選ばれてしまい最後は・・・


全ては王女アマネットの封印が解けたことから始まるんだけれど、黙ってこれを見過ごすはずもなく、プロディジウムというモンスター研究所みたいな秘密の組織が出てきます。

その組織を率いるのがラッセル・クロウ演じるジキル博士(その中にはもちろん別人格のハイド氏がいます)

どうやらこの秘密組織がダーク・ユニバースシリーズを繋いでいるみたいですね。


内容はさておき、映像は美しくもあり、気味悪くもあり、ロンドンの街が破壊される様子は、粉々に砕かれるているようで、どこか繊細ににも感じます。

ただ内容に関しては物足りなさもあり、わからなかったことが。

王女アマネットは、結局想いを遂げたあと何がしたかったんだろう?

人類への復讐って全てを破壊したかったのかなぁ?

このあたりがよくわかりませんでしたcoldsweats01

映画「パワーレンジャー」

Photo

日本の「スーパー戦隊」シリーズを英語版ローカライズしたテレビドラマを、最新の映像技術を用いてリブートし、映画化したアクション大作。紀元前、世界の運命を決める大きな戦いが起こり、5人の戦士によって地球は守られた。そして現代。平凡な毎日を送っていたジェイソンら5人の若者は、偶然にも同じ時間・場所で不思議なコインを手にしたことから、超人的なパワーを与えられる。戸惑う彼らの前に、かつて世界を守った「パワーレンジャー」の1人であるゾードンと機械生命体アルファ5が出現。再び地球を滅ぼすべく復活した悪の戦士リタ・レパルサを阻止するため、ジェイソンたちが新たなパワーレンジャーに選ばれたと告げられるが……。パワーレンジャーの5人には本作がハリウッドデビューとなるデイカー・モンゴメリーや全米ブレイク中の歌手ベッキー・Gら、フレッシュな顔ぶれを起用。「スター・ウォーズ フォースの覚醒」でBB-8の声を演じたビル・ヘイダーがアルファ5役、テレビドラマ「ブレイキング・バッド」のブライアン・クランストンがゾードン役、「ピッチ・パーフェクト」のエリザベス・バンクスがリタ・レパルサ役をそれぞれ演じる。


5人の高校生がパワーレンジャーとして成長を遂げ、敵を倒すという物語。

知り合いのような知り合いでないような5人が、偶然同じ場所にいたことで、それぞれ違う色のコインを手に入れる。

ただそれがただのコインではなくて、彼らに超人的な力をもたらしたものだから5人もびっくりcoldsweats02

早速コインをみつけた場所に集合する5人。

そこで彼らが見つけたものはなんと宇宙船。

船内には元パワーレンジャーのゾードンの意識と、アルファ5というロボットがいたんだけれど、彼らが言うには、凄いパワーを持っているクリスタルを狙う悪者からクリスタルを守り、その悪者を退治しないと地球は滅ぼされる、ということ。

だけど超人的なパワーを手にしたとはいえ、それだけではもちろん戦えないわけで、互角に戦うにはパワーレンジャーに変身できるようにならないといけないんだって。

そのために5人は特訓を開始するんだけれど・・・


とにかく5人全員がパワーレンジャーに変身できるようになるまでが長い。

でもその間にそれぞれ5人が抱えている恐れや悩みも明かされていき、パワーレンジャーになったことで救われている部分もあるように感じます。

ただ悪者を倒すというだけではなく、仲間としての意識を高めて一つになるというのも物語の一つのようです。

日本のスーパー戦隊ものがドラマになって映画になったものらしいのだけれど、ちょっと淋しいのはキャッチコピーと決めポーズがない、ってこと。

子供の頃戦隊ものを見ていた身としては、決めポーズがあったほうがいいなぁ、と思いました。

ただ、終わり方が続編もありなのかな? と思わせるものだったので、次回があればそちらに期待したいと思います。

映画「ライフ」

L


「デッドプール」のライアン・レイノルズ、「サウスポー」のジェイク・ギレンホール、「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」のレベッカ・ファーガソン、「ウルヴァリン:SAMURAI」の真田広之が共演し、地球外生命体を調査していた6人の宇宙飛行士が密室の無重力空間で直面する恐怖を描いたSFスリラー。火星で未知の生命体の細胞が採取され、世界各国から集められた6人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションで極秘調査を開始した。しかし、生命体は次第に進化・成長して宇宙飛行士たちを襲いはじめる。高い知能を持つ生命体を前に宇宙飛行士たちの関係も狂い出し、ついには命を落とす者まで現われる。「デンジャラス・ラン」でもレイノルズと組んだダニエル・エスピノーサ監督がメガホンをとり、「デッドプール」のポール・ワーニック&レット・リースが脚本を担当。


美しい宇宙の映像で始まった映画だったけれど、最後はホラーのような終わり方。

でもそれは、上から目線の人間の傲慢さから生まれた出来事。

国際宇宙ステーションでは、火星で採取した未知の生命体を細胞から育てていくんだけれど、それが後の大惨事に。

「カルビン」と名付けられたその生命体は、最初は順調にかわいく成長していくんだけれど、ちょっとした事故が起き、そのせいでカルビンは冬眠状態のようになってしまう。

そのまま眠らせておけば良かったものの、電気ショックを与えて起こしたものだから、カルビンはそれを攻撃とみなしたんですね。

自分の身を守るために攻撃的になってしまい、互いの生き残りをかけた戦いへと突入するのですが・・・


クルーは全部で6人いたんだけれど、カルビンの隔離に悉く失敗して命を落としていく。

そんな中で絶対的なリーダーが不在なんですよね。

それにちょっとびっくりしたのは、宇宙で実験をするというのに、その契約内容をクルー全員で共有できていないということ。

そんなものなんですかね。

宇宙の映像は本当に美しくて良かったのだけれど、内容的には正直イマイチ。

最後もちょっと予想出来てしまうような展開。

でももし、現実に同じようなことが起こったら・・・

この映画の展開が一番現実的に起こりうることのような気もしますshock

映画「ハクソー・リッジ」

Photo
メル・ギブソンが「アポカリプト」以来10年ぶりにメガホンをとり、第2次世界大戦の沖縄戦で75人の命を救った米軍衛生兵デズモンド・ドスの実話を映画化した戦争ドラマ。人を殺してはならないという宗教的信念を持つデズモンドは、軍隊でもその意志を貫こうとして上官や同僚たちから疎まれ、ついには軍法会議にかけられることに。妻や父に助けられ、武器を持たずに戦場へ行くことを許可された彼は、激戦地・沖縄の断崖絶壁(ハクソー・リッジ)での戦闘に衛生兵として参加。敵兵たちの捨て身の攻撃に味方は一時撤退を余儀なくされるが、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たったひとりで戦場に留まり、敵味方の分け隔てなく治療を施していく。「沈黙 サイレンス」「アメイジング・スパイダーマン」のアンドリュー・ガーフィールドが主演を務め、「アバター」のサム・ワーシントン、「X-ミッション」のルーク・ブレイシーらが共演。第89回アカデミー賞で作品賞、監督賞、主演男優賞など6部門でノミネートされ、編集賞と録音賞の2部門を受賞した。


実話を基に描かれたこの映画は、戦争は殺すか殺されるかだけではない、もう一つの側面を見せてくれました。

それを教えてくれたのが、デズモンド・ドスです。

映画では、デズモンドの幼少期から志願するまでも描かれていて、彼の背景や人となりもみえてきます。

父親が凄惨な戦地で親友を失い、帰還してからはPTSDを患っていること、そのせいで家族が時に暴力の犠牲になったりして辛い思いをしていること。

逆に微笑ましいのは、病院で看護師のドロシーに恋をしてデートを重ねるところ。

けれど、「汝、殺すなかれ」という言葉を子供の頃に胸に刻み、厚い信仰心を持ちながらも、兵士になるために志願します。

それは簡単なことではありません。

彼は、良心的兵役拒否者として銃を持つことを拒否したからです。

そのせいで上官からは疎まれ、仲間からはリンチを受け、軍法会議にまでかけられました。

それでも彼は、銃を持つことを拒否し自分の信念を貫いたのです。

他人と同じである道を彼は選びませんでした。

そして彼は、良心的兵役拒否者の衛生兵として、ハクソーリッジへと派遣されたのです。

日本兵と米兵とを隔てているのは、その名の通りの断崖絶壁。

崖の上では激しい銃撃戦が繰り広げられ、殺すか殺されるしかありません。

一瞬で死ねたならそれは運が良かったと言いたくなるくらいの、凄惨な光景でした。

そんな中デズモンドは、銃を持たずに衛生兵として傷を負った兵士の救助をするために駆け回っていたのです。

それは、形勢が極めて不利で、隊が一旦崖の下へ退却した後も続いていたのです、たった一人崖の上で。

結果、たくさんの負傷者を救うことができました。

他人と違うということは、時に生きにくく、理解されません。

けれど彼の信念がそれを成し遂げることが出来たのです。

殺すか殺されるかだけではなく、救う道を行くこともできるということを、彼はやってのけたのです。

だけど戦争が生み出すのは、残念ながら死体の山です。

交戦中の映像は本当に鬼気迫る様子を感じることが出来て、本当にこんなことがあったのかと思うのと同時に、日本兵が恐れられていたということも実感しました。

戦争なんてない方がいいけれど、先のことはわかりませんね。

映画「キング・アーサー」

A_2


「シャーロック・ホームズ」「コードネーム U.N.C.L.E.」のガイ・リッチー監督が、中世から語り継がれているアーサー王伝説をモチーフに手がけたソードアクションエンタテインメント。王の子でありながら路地裏のスラムで育った貧しい青年アーサーが、伝説の聖剣エクスカリバーを手にし、救世主として語り継がれる存在へと成長していく姿を描いた。主人公アーサーに「パシフィック・リム」のチャーリー・ハナムが扮し、アーサーの親の敵(かたき)でもあり、魔術を駆使する非道で凶悪な暴君ヴォーティガンをジュード・ロウが演じる。そのほか、「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉」のアストリッド・ベルジェ=フリスベ、「トロイ」「ミュンヘン」のエリック・バナらが共演。


この映画は、アーサーが父の敵の叔父の暴君・ヴォーティガンを倒し、王の座に就くまでが描かれているんだけれど、これがまるでダークファンタジーのよう。

冒頭から、それはアリなのか?ってくらいの超巨大な象が、暴れまくり壊しまくりの大がかりなバトルで始まって、ラストまでほぼ闘ったり逃げたりという展開。

その展開の仕方が、まるでジェットコースターのようなスピードで、たまにちょっとだけ観覧車に乗っているって感じです。

それは少年だったアーサーが青年に成長するまでを、時間をかけずにどんな風に育ったのかが一瞬でわかるような演出だったり、聖剣エクスカリバーを握った時に記憶が呼び起こされる様だったり・・・

そしてアーサー王伝説といえば、マーリンですが、今回はマーリンは出てこず、代わりにマーリンの使いの女性の魔術師が登場します。

彼女は動物を操るのが得意のようで、動物を使ってアーサー達をサポートするのです。

最初アーサーはヴォーティガンを倒す気なんてさらさらなかったんだけれど、もし、自分がヴォーティガンを倒さなかった場合の未来を見てすぐに心変わり。

いざ、ヴォーティガン討ちへ。

そして、ヴォーティガンと一騎打ち。

エクスカリバーを握ったアーサーは、父との最期の記憶をすべて思い出すのです。

今回ジュードロウが、暴君・ヴォーティガンを演じたのですが、こういう役がよく合いますよね。

兄を殺害し、王の座についたものの、真の王の出現を恐れるという気の弱さ。

私は嫌な役をする時のジュードロウ、結構好きです。

そういえばベッカムもチョロッと出てましたね。

そして最後、ヴォーティガンを無事に討ち取り王の座についたアーサー。

仲間たちの前で円卓をお披露目して終了です。

とにかく展開が速いので、油断していると置いて行かれそう。

重厚な感じでは全くなく、まるでゲームの世界に入り込んだような作品でした。

より以前の記事一覧

モーションウィジェット

無料ブログはココログ