書籍

ジェーン・スー「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題」

Bj_2 これまで誰もが見て見ぬふりをしてきた女にまつわる諸問題(女子問題、カワイイ問題、ブスとババア問題、おばさん問題……etc.)から、恋愛、結婚、家族、老後までーー今話題沸騰中の著者が笑いと毒を交えて、自らの経験や失敗を開陳する宝石箱のようなエッセイ。20代、30代、40代女性の働き方、生き方に知恵と術を授けてくれる、女にとっての教典的物語でもある。モヤモヤ言葉にできない感情に片がつき、読後はスッキリ! 人気ブログ「ジェーン・スーは日本人です」のエントリ(検索は「ジェーン・スーは日本人です」まで)を加筆修正し、新たに書き下ろし20本を加えた全256頁。

理屈より気分を優先する女子メンタリティは、社会的弱者に宿るからこそ輝くもの。
社会経験とコズルイ知恵と小金を備えた女たちが「女子! 私たちはずっと女子」と騒ぎ出したら、
暴動みたいなものです。部外者が違和感(ずうずうしさ)を感じ、「あんたら、女子っていう
年じゃないでしょう! 」と文句のひとつも言いたくなるのも、無理はありません。

未婚のプロ、ジェーン・スーの真骨頂!



声を大にしては言えないけれど、道行く人の心の声のようなこのタイトルsign01

けれど中身は30本以上あるエッセイのタイトルのうちの1本。

で、結局のところ結論は、「女は生涯、いち女子」sign01 となっております。

本文では、女子というのを刺青に例えて展開してゆくのですが、すんなりとそれを受け入れていたわけではなく、抵抗があったという時期を経てだということが書かれていますよ。

そして私は思うのです。

女性に生まれた以上、大抵は、女子トイレ・女子更衣室を利用するのだから、ずっと女子というのは間違いではないと。

ただ、刺青の見せ方を間違えるのは避けたいですね(^-^;

他にも興味深かったトピックは、「Nissen愛してる」です。

ニッセンの品数はもちろん、サイズ展開の豊富さ、手頃な価格などを大絶賛。

私も利用したことがありますが、ここまでの愛はないです。

けれど、久々にニッセンのサイトをチェックしにいきましたよ。

目当てはもちろんバーゲン品です( ̄▽ ̄)

その他のトピックも、共感できるものからまったくできないものまであり、楽しく読むことができました。

脱出ゲームブック「十人の憂鬱な容疑者」 其の三 挑戦終了

かなりご無沙汰しておりますcoldsweats01

気付けば3カ月もブログを放置していました。

続きを書こう書こうと思ってはいたのですが、かなり怠けていましたsweat02

そこで言い訳を一つ。

前回までの記事でほとんどの謎は解いてはいたんですよね。

それがまずかったsign01

もう書くことが少ししかないsign03

なんていう言い訳を自分にしていた次第です(^-^;

でも今日は最後まで書きますね、最終章ですよ。

前回までで24個の謎を解いているのでその続きから。

・其の25 No.337 ここのヒントは難しいなぁ。とにかく書かれている通りにすればいいんだけれど、それが???ってなってしまうと思うんですよね。少し楽に考えてそこで”使って”って書かれてあるものが何かということに気付けば出口はすぐそこdash

これ以上は書けませんpaper


どうですか?解けました?

ここから先は物語を追っかけていくのみsign01

するとあるパラグラフへと辿り着きます。

そしてここが運命の分かれ道sign03

きちんとその文言を理解することができれば、犯人への最後のヒントへと手が届きますよ。

届いた人はweb問題に挑戦していますよね。

私は、最終問題でどんくさい勘違いをしていて、何度かダメ出しを食らいましたヾ(;´Д`A

無事に解けたから良かったのですが、ちょっと焦っちゃいました。

皆様、最後までお付き合い下さりありがとうございます。

クリアできると気持ちいいですよnote

脱出ゲームブック「十人の憂鬱な容疑者」 只今挑戦中! 其の二

前回の記事を書いてからちょうど1週間sign01

ちびちびと謎解きを続けております。

でも残念ながらまだ最後までは辿り着いていません(;´Д`A ```

なので今日も途中経過を記録していきたいと思います。

記録方法は前回の記事と同じで、解いていったパラグラフ番号順に軽いヒントと共に反転文字でお届けしますよ。

では、前回は10個目の途中経過まで書いたのでその続きからpaper

・其の11 No.101 地道に探索するのみ。

・其の12 No.242 ページに書かれていること自体を解くのは問題ないんだけれど、次に進むためには、マップとアンサーシート3が必要sign01 そして素直にその通りに従うこと。

・其の13 No.421 こちらも上記の問題同様、ページを解いてからが問題。ここでは、4枚の札とマップ、それから他のパラグラフのワードが必要です。そして素直に従うべし。

・其の14 No.74 この問題は4枚の札さえ手に入れていれば問題なし。

・其の15 No.77 ここは他のパラグラフに必要なヒントが隠されているので、それを無事にみつければ問題はないですよ。

・其の16 No.432 ここのヒントは何度も見ているはずだから、そのまま深読みしないで素直になるのがいちばんsign01

・其の17 No.57 ここで探さなければならないのは二つ。本に隠されたピアノと笛の吹き方を示すパラグラフ本のカバーも外してみてね。

・其の18 No.187 地道に探索するしかないのだけれど、他のものを探索するときより私は時間がかかりました。

・其の19 No.7 これはまず、このページの問題を解いたらしっかり色を塗った方がわかりやすい。そしたらマップが必要なことに気付きます。そしてもう一つ、踊る人形も使ってくださいね。そこからもひとふんばりです。

・其の20 No.345 ここもまず、素直にページの問題を解いて、別のパラグラフを参考に骸骨の笛を使ってくださいね。 

・其の21 No.147 ここは別のパラグラフを参考にしっかり穴埋めしてくださいね。

・其の22 No.48 まずはここで提示されているヒントの絞り込み、そして使うアイテムは3つアンサーシート5、踊る人形、4枚の札ですよ

・其の23 No.309 地道に探索するのみ。

・其の24 No.292 ここはヒントのパラグラフが二つあるので、それさえ見つければ難しくはないですよ。

謎解きも終盤に差し迫ってきましたが、今日はもう疲れたのでここまで(;´Д`A ```

なかなかスムーズにはいかないですね、だから楽しめるわけなのですがcoldsweats01

ここはそう来るのか、とか思いながら問題を解いています。

今更ですが、やっぱり難しいですね(@Д@; 

脱出ゲームブック「十人の憂鬱な容疑者」 只今挑戦中!

07151

~ふと目を覚ますと、揺り椅子に座った死体があなたを見つめていた。
しかし、あなたは何の記憶も思い出せない!
不気味な屋敷、怪しげな人物たち、意味あり気なパズル──。
あなたはこの本に隠されたすべての謎を解き明かし、
物語のエンディングを迎えることができるだろうか? ~



リアル脱出ゲーム書籍版シリーズ第3弾sign01

現在挑戦中ですnote

実は第一弾のゲームブック「人狼村からの脱出」は以前に解いたことがありますshine

その時の記事はコチラ

前回は解けた後に記事を書いたのですが、今回はまだ解き始めたばかりで、苦戦中coldsweats01

最後まで解けるかどうかもわからず、途中で投げ出す可能性も残しております。

しかし、たとえ解くことができなかったとしても、現在進行形で感想を交えながら更新をしていきたいと思います。

もちろんネタバレというか答えは伏せながら書いていこうと思っておりますが、どんな順序で謎を解いていったかというのは、記録しておきますね。

ヒントについては、見たくない人もいるだろうと思うので、反転文字にして最低限のものに留めたいと思っています。

では、始めましょうdash

解いていったパラグラフから順にお届けしたいと思います。

けれど解いていったパラグラフの順番も見たくない人がいる可能性もあるんですよねthink

なので、解いていったパラグラフのNo.も反転文字にしておきます。

反転文字をを読みたい人は空白部分をドラッグしてくださいね。

では今度こそ始めましょうgood

・其の一  No.287 この謎はとっても簡単note

・其の二  No.180 地道に探索するのみ。

・其の三  No.037 この謎には苦戦しましたsweat01 キーワード(1/2の解読もお忘れなく)にはすんなり辿り着くのですが、その先が… ここでは必ずアンサーシート1とMAPを使ってくださいね。

・其の四  No.252 難しい問題ではありませんが、解くには他のパラグラフのワードが必要です。

・其の五  No.104 地道に探索するのみ。

・其の六  No.374 この謎はとっても簡単note

・其の七  No.031 これも簡単、ただしアンサーシート2を使ってくださいね。

・其の八  No.235 アイテムとアンサーシート2が必要。これさえ揃えば楽勝です。

・其の九  No.226 この謎はとっても簡単note

・其の十  No.269 この謎も少し工夫して少し考えれば簡単です。 

とりあえず今日はここまで。

次回の更新はいつになるかわかりませんが、地道に解いていきたいと思っております。

ではまたpaper

伊坂幸太郎「死神の浮力」

S1

~一年前、一人の少女が殺された。
犯人として逮捕されたのは近所に住む二十七歳の男性、本城崇。
彼は証拠不十分により一審で無罪判決を受けるが、被害者の両親・山野辺夫妻は本城が犯人だということを知っていた。
人生をかけて娘の仇を討つ決心をした山野辺夫妻の前に、死神の千葉が現れる。~



死神について少し触れておくと、担当した人間を1週間調査し、死の可否の判定をするのがお仕事。

問題なければ可で、その調査対象は八日目には予定通り死亡するというわけ。

逆を言えば、その調査期間中に死ぬことはないってことです。

そして今回、死神の千葉の調査対象は、一年前に娘を殺害された小説家の山野辺遼。

山野辺は妻と共に、犯人である本城崇に復讐を果たすべく入念な計画を練っていたのですが・・・


相手の本城崇という男は、25人に一人いると言われる良心を持たない人間という設定。

彼に復讐を果たそうとする山野辺夫妻ですが、逆に本城崇が山野辺夫妻を陥れようと画策してくるので、ピンチの連続。

しかし、この物語には死神の千葉という真面目な男が、山野辺夫妻と行動を共にするというおかしな展開によって、結果的には山野辺夫妻をピンチから救っていたりするのです。

それに犯人である本城崇も、別の死神の調査員・香川という女性の調査対象でした。

結局彼も死に追いかけられていたわけです。

ですが、今回は死神のルールが試験的に少し変わっていまして、例えるならば、「はい」か「いいえ」の選択しかなかったものに、「どちらでもない」というのが加わったといったところでしょうか。死神の世界でも上層部が迷走しているようです。

そして本城崇はこのどちらでもない運命をたどることになるのです。


この本は「死神の精度」の続編となるわけですが、今回は長編、なので読みごたえはあるのですが、個人的には前回の短編の方が私は好きです。

もし、前作を未読の方は先に読むことをオススメします。

そうすれば、死神のこともわかるし、千葉が同僚の中でも真面目だということもよくわかります。それに愛着もわきますよhappy01

辻村深月「盲目的な恋と友情」

M_2

これが、私の、復讐。私を見下したすべての男と、そして女への――。
一人の美しい大学生の女と、その恋人の指揮者の男。そして彼女の醜い女友達。彼らは親密になるほどに、肥大した自意識に縛られ、嫉妬に狂わされていく。そう、女の美醜は女が決めるから――。恋に堕ちる愚かさと、恋から拒絶される屈辱感を、息苦しいまでに突きつける。醜さゆえ、美しさゆえの劣等感をあぶり出した、鬼気迫る書下し長編。



晴れやかな舞台であるはずの結婚式。

けれど新郎は、新婦が盲目的に恋をした相手ではなかった。

なぜなら、新婦が盲目的に恋をした相手はもうこの世にはいないから。

そして物語は過去へと遡り、当時女子大生だった二人の女性の視点から、現在までの6年間の道案内をしてくれる。

前半は新婦である一瀬蘭花の視点。彼女はとても美しい容姿をしており、年上の指揮者・茂実星近に恋をしていた。それがどれほど盲目的であったかを。

そして後半は蘭花の親友の傘沼留利絵の視点。容姿にコンプレックスを持つ彼女にとって、蘭花への友情がどれほど盲目的であったかを。

そしてこの2編を読み終えたとき、モヤモヤとしていた答え合わせが終わる。


なんとも言えない読後感sweat02

前半の蘭花の心情がオモテならば、後半の留利絵の心情はあまりにも痛々し過ぎる、女性が決して悟られたくない裏の要素で出来ている。

美人と不美人の親友。

容姿にコンプレックスを持つ留利絵の視点を読み進めていくと、一言では言い表せない様々な感情で埋め尽くされていて、そのどれもが思わず残念なため息が漏れてしまうようなものばかり。

けれどこの後半の留利絵の視点で書かれたものがあるからこそ、一冊の本として興味深く最後まで読めるんですよねぇ~。

楽しい内容というものではないけれど、女性の女性に対する独占欲や優越感なんかも書かれていて、読んでいるとアホみたい、って思うんだけれど、多かれ少なかれ女性なら心当たりのある感情。

斜め上どころか遙か上をいくこじらせ方を留利絵に感じました。

岸見一郎/古賀史健「嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え」

K


~フロイト、ユングと並ぶ心理学三大巨匠の一人、アドラー。日本では無名に近い存在ですが、欧米での人気は抜群で、多くの自己啓発書の源流ともなっています。本書では、アドラー心理学の第一人者である岸見一郎氏がライターの古賀史健氏とタッグを組み、哲学者と青年の対話篇形式で彼の思想を解き明かしていきます。~


哲人と青年の対話形式となっていることで、難しい言葉なども何一つなく、かなり易しく書かれています。

最初、青年は哲人を論破しようと哲人の元を訪れるのですが、哲人との対話を重ねることによって、反発しながらも最後は感銘を受けていくという構成です。

私自身は、かなりすんなりとこの本の内容を受け入れることが出来ました。

それはぼんやりとではあるけれど、普段自分も少なからずそう感じている部分があるからです。全面的にそうだという訳ではありませんがcoldsweats01

そうかもしれないなぁ~、と思えると同時に、納得するのが難しいなぁ~、と思うことがたくさん書かれてありました。


まず、アドラーの「目的論」sign01

これは「原因論」を否定するものです。

本では、引きこもりの青年を例に説明しています。

彼は過去に何らかの原因があり引きこもりになった⇒原因論

しかしアドラーの目的論にかかると、

順番は逆で、「外に出たくないから、不安という感情をつくり出している」というのです。

アドラーはトラウマは存在しないという考えなのです。

私は子どもの頃のことを思い出しました。

翌日の授業が嫌で学校に行きたくないsign01 と思っていたら熱が出た、こんな経験ありませんか(;;;´Д`) まぁ、これは単純なことですがcoldsweats01

けれど、人生の始まりはこのような単純なことからと考えると、全面的にとは言えませんが、そうかもしれないと思える部分が私の中にはありました。

そしてこの本の最後の方にこう書かれていましたpen

アドラー心理学をほんとうに理解して、生き方まで変わるようになるには、「それまで生きてきた年数の半分」が必要になる、と。

長く生きている分、それぞれが抱えた問題というのは、自分の中でこじらせているということなのかもしれませんthink

生き方を変えるというのは、かなり難しいと思いますsweat01

けれど、生きているうちにいろんな考えを知るというのは面白いですhappy01

すごく読みやすい本なので興味のある方は手に取ってみてはいかがでしょうか。

アンドリュー・カウフマン「銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件」

G


~ある日、カナダの銀行に強盗がやってきて、人々から“もっとも思い入れのあるもの”を奪っていった。「私は、あなたがたの魂の51%を手に、ここを立ち去ってゆきます。そのせいであなたがたの人生には、一風おかしな、不可思議なできごとが起こることになるでしょう」その言葉どおり、被害者たちに奇妙なことが起こりはじめる。身長が日に日に縮んでしまったり、心臓が爆弾になってしまったり。母親が九十八人に分裂した男性もいれば、夫が雪だるまに変身した女性も……。なぜこんなことが起きるのか? 奇才が描く不思議な比喩の世界!~


本当に一風変わったありえないことが起こってしまう物語book

奪われた魂の51%は自分で回復しなければ命を落としてしまうことになるのだというshock

本当に不思議な世界coldsweats02

このお話は、つまらないと感じるか、想像力を掻き立てられるかの、どちらかしかないと思うthink

あっという間に読めてしまう本だったので、ちなみに私は2回読みましたbook

どのみち答えなんてないのだから、少し自分で考えるのも悪くないと思ったのですconfident

銀行強盗に出くわして魂の51%を奪われたのは13人shadow

それぞれ思い入れのあるものを奪われたわけだけれど、13人に起こる現象は様々typhoon

私はこう考えましたflair

奪われた魂の51%というのは、奪われる前から13人にとっては既に失くしていたもの、忘れていたもの、もしくは失うのではないかと恐れていたものconfident

それが形として現れた結果が不思議な現象clover

奇妙すぎる現象ではあるけれど、まだ遅くはない。

小さな気付きが魂の51%を取り戻すヒントに繋がるのだと思います。

自分にとっての魂の51%を、日常生活に当てはめて考えるといいかもしれませんねconfident

誉田哲也「ドルチェ」

D


~彼女が捜査一課に戻らぬ理由。それは人が殺されて始まる捜査より、誰かが死ぬ前の事件に係わりたいから。誰かが生きていることが喜びだから――。練馬署強行犯係・魚住久江。本部復帰を断り続け、所轄を渡って四十二歳。子なし、バツなし、いまどき肩身の狭い喫煙者……。タフだけれど生き方下手な女刑事が駆ける新シリーズ!~


コチラの本は連作短編集となっていて6つの物語が収められていますpen

主人公は42歳の女性刑事、魚住久江virgo

正義感も責任感も強い、ちょっぴり乙女な部分も垣間見えるといった印象confident

短編集なのであっという間に読めてしまうのはいいのですが、その反面物足りなさを感じるのも事実think

じっくりと話の筋を探求したい人にはオススメできません。

まぁ、主人公の女性刑事を好きになれるかどうかもカギかもしれませんねthink

ちなみに私は今の段階ではあまり好きにはなれませんでしたsweat02

正直なところ、一緒にいたくはないタイプだったもので・・・

けれど、このシリーズの次に出ている「ドンナ ビアンカ」という作品が長編らしいので、そちらの方をじっくりと読んでみたいとは思いましたhappy01

清水玲奈「世界で最も美しい書店」

W


この本では、世界に点在する20件の書店が紹介されていますshine

そのどれもが、趣きは違えど、とても心惹かれる本屋なのですchair


エーゲ海を臨めるギリシャにあるアトランティス・ブックスwave

廃駅を再利用してできたイギリスにあるバーター・ブックスbullettrain

真っ白な壁にカラフルな色使い、子供が喜びそうな、中国にあるポプラ絵本館book

1906年創業のネオゴシック様式のポルトガルにあるレロ書店shine とても美しい建物sign01

13世紀末に建てられたゴシック教会が変身して出来たオランダにあるセレクシス・ドミニカネンbell

それから、劇場の趣きはそのままに本屋として再生したアルゼンチンのエル・アテネオ・グランド・スプレンディッドchair

2階、3階席に並ぶ蔵書にみつめられているようですcoldsweats02 

そして日本からは、東京にある代官山蔦屋書店がエントリーcrown

とても落ち着いた雰囲気が素敵ですshine


どの本屋の写真もほぼ無人の状態で撮影されているので、お客様が入るとどんな感じなんだろうconfident なんて想像するのも楽しいですnote

私が普段よく足を運ぶ本屋さんといえば、商業施設の中にある大型書店book

明るい店内に整理された本。

そこでよく目にするものといえば、宣伝ポスターsign01

それと書店員さんによるPOPpencil

この本ではそういったものは目につきませんでした。

ポスターもPOPもわかりやすくていいとは思うのですが、時には邪魔になることがあるのかもしれませんねconfident


この本では気軽に入れそうな本屋から、ちょっと入るのを躊躇しそうな、入ってもいいのかな?なんて思ってしまいそうな本屋までを私は楽しむことができましたhappy01

写真が中心なのでパラパラめくるだけでも楽しいですよclover

より以前の記事一覧

モーションウィジェット

無料ブログはココログ